<   2011年 05月 ( 34 )   > この月の画像一覧

鳴きません,サンショウクイさん・・・in 舳倉島 13

最近、お山でサンショウクイさんに遇いました。ヒリヒリと啼く声で気付いて見上げると高い高い木の上、2羽でした。尾が長いスリムな体型ですね。(ちょっとうらやましい)

枝から枝へと跳び回る様はひらひらと舞う感じでしたが、鋭い動きでした。

島では2か所で。画像整理の段階できづいたのですが、ヨモギの枯れた草地でした。ヨモギがお好みかな。きっと疲れていたのでしょう。サッと隠れてしまいました!ごめんなさい。

無彩色の組み合わせがシンプルですてき、ちょっと見とれていました。

a0117893_653811.jpg


a0117893_6532390.jpg


a0117893_6534427.jpg


a0117893_654661.jpg


a0117893_6542888.jpg


2日間の欠航の後の一日目だけ遇うことができました。お天気の良い日に旅立ったのかもしれません。

無彩色といえばこちらの猫さんオシャレでした。この時島の方といろいろお話を・・・。

a0117893_6591569.jpg


a0117893_6593693.jpg

[PR]
by akaigabera | 2011-05-13 07:01

大好きなビンズイさん・・・in 舳倉島 12

ビンズイさんの胸の縦斑、とても惹かれます。地味な鳥さんが好きですがビンズイさんもその一つです。

よく似たタヒバリさんも美しいですけれど、ビンズイさんの凛々しい感じに軍配かな。

虫を撮るのがとても上手でした。草叢に嘴を入れる度、必ずと言ってよいほどお口に虫が・・。たくさんの種類の虫が棲んでいるのにも驚きです。

a0117893_6351433.jpg


a0117893_6354293.jpg


a0117893_636685.jpg


a0117893_6362563.jpg


a0117893_637171.jpg


亜種カラフトビンズイさんではと言うことでした。お教えいただきありがとうございました。光の加減だけでなく全体の色も少し異なります。

a0117893_6374285.jpg


すぐ上の一枚は下のタヒバリさんと同じ場所にいたのですけれどビンズイさんですよね。目じりの後方に白い斑がありますもの。それに目の縁の感じが異なりますよね。

a0117893_6395396.jpg


a0117893_6401348.jpg


a0117893_6404927.jpg



今日は晴れるようですね。蒔いたトウモロコシの芽も顔を出すでしょうか。

今日は娘の友人たちが赤ちゃんを連れてきてくださいます。楽しみ!
[PR]
by akaigabera | 2011-05-13 06:42

トラツグミさんにも遇えました!・・・in 舳倉島 11

今季はあちこちでとトラツグミさんに遇うことができました。黒いツグミさんには遇えずじまい・・・こちらのお山で遇いましょうね。

島では2回、篠竹の茂みで。美しい輝くような羽ですね。ルリビタキさんがやってくると逃げ腰のトラツグミさん、性格がいいのかなあ、ルリさんは小さくても餌場を占領していました!

a0117893_0475066.jpg


a0117893_0481358.jpg


a0117893_0484328.jpg



私は針を持つのが大嫌い。ほとんど使いませんけれど着物の半襟を付け替えるときもイヤイヤやってます。
と言うわけで、自分で何かを造るというのは本当に不得手です。
長いお付き合いの友人は手仕事が大好き。我が家にある押し花絵も飾り雛もかわいらしい箱達も、諸々のもの、ほとんどこの友人の作です。
旅から帰るとサプライズでいただきました!古布で造ったもの、可愛い鯉さん、大切にします。玄関に早速飾りました。
本当にありがとう!!!

a0117893_058155.jpg

[PR]
by akaigabera | 2011-05-12 00:58

いつ見てもかわいい!・・・in 舳倉島 10

この間まで近場の公園で楽しませてくれたルリビタキさん、可愛い小鳥の代表格でしょうか。

この島にも数多く羽を休めていました。可愛いですけれど意外に強いですね。

a0117893_035137.jpg


a0117893_0352564.jpg


a0117893_0354033.jpg


a0117893_0355991.jpg


a0117893_036169.jpg


ルリさんの♀かなあ?♀はよくわかりません。

a0117893_0335924.jpg


a0117893_0342161.jpg




菜園のバラ画咲き始めました。赤・ピンク・白、今日は抱えるほど切ってきました。
開く寸前の蕾、形がいいですね。
[PR]
by akaigabera | 2011-05-12 00:40

高い高い鉄塔の上・・・in 舳倉島 9

島で高いものと言えば、灯台・アンテナの鉄塔など数基が。今灯台は遠隔操作で常駐する人はいないそうです。

自転車とリヤカーと徒歩が主な交通手段である島にある現代的な高い建物、ミスマッチなようですが、白や明るいグレーは意外に美しい風景となっています。

ハヤブサさんが大きな声で鳴くのを初めて耳に。島中に響き渡るような大きな声に驚きました。

a0117893_8521673.jpg


a0117893_8523235.jpg


鳴いて「おいしいご飯だよ!」なかなかやってきません。そのうち左足に持っていた小鳥の毛をむしり始めました。

a0117893_8525444.jpg


a0117893_853967.jpg


前日、鉄塔の別の場所で。ここでベニヒワさんに遇ったのに撮り逃しました!何度も通ってみましたが再び遇うことは叶いませんでした!海際にはハギマシコやオオマシコさんにあった方も・・・。

a0117893_8551321.jpg


a0117893_8553224.jpg




雨ですね。昨日より10度も気温が低いそうです。昨夜は少し風邪気味でしたが、早めに休んだので今朝はもう復活してます。

我が家にまた別の猫ちゃんが身を寄せています。我が家の飼い猫たちともうまくやってる感じです。優ちゃんやタヌキさんのことが胸の奥に、どうしているかなあ。


       父母の亡き今思い渦巻きて

       よそさまに勝手に入る正義とは

       ビン・ラディン死してイスラムの民鼓舞す

       活動家の訃報新聞にて知れり

       鳥好きの同胞集う小島かな

       力尽きし鳥の遺骸に合掌す

       草野球昔日の少年らおり

       天からの眺めは如何に五月晴れ

       ニワトコの小花の芯は恋の紅

       ハルジオン色に染まりて浮く心

       ささやくよ初恋色の林檎花

       さくら見て逝きし人見で逝きし人

       花筏一陣の風に膨らみぬ
[PR]
by akaigabera | 2011-05-11 09:09

烏帽子のような頭が印象的!・・・in 舳倉島 8 

藪の端の道路に近いところで餌を探していたミヤマホオジロさん。とっても優しい感じでかわいらしかったなあ。

a0117893_8274654.jpg


a0117893_82855.jpg


a0117893_8282570.jpg


a0117893_828559.jpg


こちらはカシラダカさんかなあ?

a0117893_8293777.jpg


キイチゴの白いお花がそこここに。清涼感を誘ってすてきでした。

a0117893_8312472.jpg



白い花で忘れてはならぬのが通称「ナンジャモンジャ」。ヒトツバタゴと言うそうですが・・・、雪をいただいたようにすがすがしい。最近市内の別の場所で大きな木を見かけ嬉しかった・・・。少し盛りを過ぎてしまっていて・・・来年は周りの環境が美しいその木を見逃すまいと思います。

a0117893_8332113.jpg


a0117893_8333611.jpg




       二千三十、八十億とふ如何に生く

       さくら待つ宵の話題は中近東

       水緩む蛙の卵うごめけり

       裸木の奥にま白き富士の峰

       一球が均衡を割る玉突きかな

       「熟慮せよ」の一言ハッと我に

       蕾とけ時なく伸びるタラの春

       

       
[PR]
by akaigabera | 2011-05-11 08:44

着いたばかりのノビタキさん・・・

10日あまり前、木道に雪がなくなったと伺って出かけたお山。木道わきの比較的近いところで餌を必死で食べている様子でした。

まずは疲れた体に元気を取り戻すために食べている感じで、小枝や灌木と草原を行ったり来たり。

少し緩んだお山の空気を感じる日差しの中でしたが、まだ草地は寒々としていました。

a0117893_8512182.jpg


a0117893_8513680.jpg


a0117893_8514815.jpg


a0117893_8521623.jpg


a0117893_8523128.jpg


a0117893_8525681.jpg


a0117893_8531512.jpg


a0117893_8533266.jpg




オフホワイト、大好きな白です。ありがとう。
a0117893_8551447.jpg



いろいろ用事がかさなっても鳥さんに遇う時間はしっかり確保、仕事も家事も集中してやっています。
まあこのほうが時間を有効に使っていると言えるかなっと、アハハッ。

昨日は、本当に偶然に、お若い鳥撮りさんのカップルに。しばらく遇わなかったのですが、何と茨城の方へお引っ越ししたとか・・・。同じような場所に行っているんですね。

今日は、母の日の墓参を、ちょっと遅れてしまったけれど・・・きっと私らしいと思うことでしょう。
[PR]
by akaigabera | 2011-05-10 09:02

あちこちでたくさんのお花にも遇いました・・・

島の画像を整理するのに疲れてしまいました。まだまだたくさんあってなかなかはかどりません。ちょっとお休み・・・。

今日は母の日。毎年娘からお花が届きます。お花をもらうって本当に嬉しいですね。今年は白いバラ咲きのベコニアでした。これはお庭の花達!

ナニワノイバラ
a0117893_093517.jpg

モウッコウバラ
a0117893_095321.jpg

ボタン
a0117893_0101270.jpg

コデマリ
a0117893_0114929.jpg

ローダンゼマム
a0117893_012763.jpg


結婚式、お二人はこんなすてきな生花のバージンロードを歩かれました。ウエルカムボードもすてき!心温まるお式でした。お幸せに!

a0117893_0161260.jpg


a0117893_018557.jpg


初めて立ち寄ったお山の公園で・・・。

a0117893_0265160.jpg


a0117893_0271946.jpg


a0117893_0273891.jpg


a0117893_028149.jpg


a0117893_0282493.jpg


a0117893_0284520.jpg


a0117893_0291548.jpg


a0117893_029566.jpg


a0117893_0302213.jpg


カエルさんと目が遇いました。

a0117893_0304153.jpg

[PR]
by akaigabera | 2011-05-09 00:19

ホオジロさん2種・・・in 舳倉島 6・7

こちらではホオジロさんと言えば、ホオジロさんとミヤマホオジロさんですね。島には変わったホオジロさんが・・・

皆様からなんでもとりあえず撮っておくようにアドバイスされましたが、それがとても大切だとわかりました。

分からないものも多く、相部屋になった方々にお聞きして違いを教えていただきました!写真ではないのですが、とても詳しく書かれた本をお持ちで、本当によくわかるんですよ。私も早速注文しました。


キマユホオジロ

ホオジロさんと思ってカメラを向けなかったのですが、アドバイスを思い出して・・・。皆様、一生懸命探されていたのに偶然に・・・。

a0117893_717016.jpg


a0117893_7172564.jpg


a0117893_718846.jpg


a0117893_845550.jpg


a0117893_845429.jpg


シロハラホオジロ

お腹より頭の方に特徴があるように思われました。かわいい動き!

a0117893_7225466.jpg


a0117893_7232058.jpg


a0117893_7235182.jpg



今朝の新聞に。
「夏山に啼く郭公(ほととぎす)心あらば物思ふ我に声な聞かせ」
昔の方も恋に悩み、鳥の声さえ悲しくわびしいものに聞こえたのですね。鳴いてくれるなほととぎすといところでしょうか。
今年はカッコウやホトトギスさんを写してみたいなあ。
[PR]
by akaigabera | 2011-05-08 07:35

声は同じでした!・・・in 舳倉島 5

カラアカハラさんと言うそうです。島には、カラ・コウライ・シベリヤ・ヨーロッパなどの冠のついた名の小鳥さんが訪れるようですね。

この鳥さん達、どこから来てこれからどこにいどうするのでしょう?世界地図を思い起こしてしまいました。

しばらく竹藪でアカハラさんと同じような声で鳴いていましたが、ひょいと現れました!こちらのアカハラさんとは少し色合いが違いますね。

a0117893_6591886.jpg


a0117893_6595048.jpg


a0117893_70220.jpg


a0117893_701491.jpg



良いお天気になりそうです。鳥さんに行きたいけれど、今日は東京に講演を聞きに行くことになっています。
スカイツリーでも見て参りましょうか。

去年の連休後はカメラを壊してしまいしばらく撮影できませんでした。
今年は物語いっぱいの小鳥さん達の様子を写せないことがないようにしなきゃ指をくわえていなければなりません。
5・6月は本当にすばらしい季節ですもの・・・。
[PR]
by akaigabera | 2011-05-08 07:07