人気ブログランキング |

風に揺れる葦の間・・・

ずっと撮りたかったオオジュリンさんに遇いました。

移動するたび葦がたわむのか、葦の触れ合う音が聞こえます。

軽やかに飛び移るので、この音だけが重さを感じさせて。

地味ですが、優しい色合いの小鳥さん。

逃げられてばかりいたので、思いは深まっていました。



じっと待つことに・・・。静かで心洗われる時間。

青い空にはノスリが2羽、葦の生え際水の近くにウグイスが2羽、尾羽が枝と触れ合う音をさせて近くの小枝にジョウビタキ。

いつ現れるだろう・・・?こんなに小枝と葦の密生の中で撮れるかしら?
a0117893_6474783.jpg

a0117893_6484719.jpg

a0117893_649343.jpg

a0117893_6502511.jpg

a0117893_651517.jpg

揺れる葦と手前の小枝の間からの撮影は、私の力ではなかなかうまくいきません。


何をしているのか見ていましたら、ウグイスのようには水際におりません。

葦の茎をつついたり引っ張ったり、そのうちに中からどうやら虫らしき長いものを引っ張り出しました。

葦の枯葉の中にはたくさんの昆虫の幼虫などが潜んでいるようです。

どれも同じに見える葦、どうやって見つけるのだろう。




夏、北の地で、頭の黒いオオジュリンさんに遇いたいな。


今日は、my birthday。
by akaigabera | 2010-01-28 07:02
<< 近くだったのですが、逆光で・・・ チョットコイという声はおなじみ... >>