人気ブログランキング |

これも一種の画像かな。

鳥見にはまってから、短歌の中の生き物が気になるようになった。

a0117893_7405581.jpg


いいなと思える作品を書き写させていただき、老後?(ええっ?もう十分老後ですって?)の作歌のお勉強をしている。

短歌を読み、心にその情景を思い浮かべれば、まるでそれは一枚の画像のよう。

音も光も風も香りも心も感じらる。

写真もその人なりに異なるのは、きっと腕の違いもあるけれど、その人の心の内を反映するのかも知れないな。




第一席にあった。

      夕つ陽はいま胎内にともりゐむまぐはい終えし鳩そらを飛ぶ       明石市 中條さんの作品

神聖なまぐわい、光とともに、新しい命が、いま胎内に宿った。
      
      評には「胸を張って力強く求愛する雄鳩の愛を受け入れた雌鳩が、充実感に身も輝いていま夕空を天翔っている。」とあった。
by akaigabera | 2009-09-10 07:34
<< 遠く彼方へ・・・ツツドリ これ、キビタキの幼鳥ですか? >>