人気ブログランキング |

なかなか枝には・・・

乗ってくれません。ベニマシコさんの男の子は恥ずかしがり屋さんかな?

撮ってもばっちり枝の陰・・・。仕方ないので水場のを集めてみました。

ベニマシコさんは紅猿子と書くそうで、♂は少し離れて見ると顔がおサルさんのようです。愛らしい所以ですね。

何回も通っているので少しずつ分かってきましたが、ご登場のとき 仲間と示し合わす小さなフィッフィッの声が聞こえます。

抑えた赤と銀色の組み合わせ、冬鳥のアイドルですね。羽を開くとまたまた美しい。いつか偶然でなく羽を広げた姿をとらえてみたいと思いました。

枝乗り課題はまたもやお預けです。

a0117893_65104.jpg


a0117893_6511389.jpg


a0117893_6512496.jpg


a0117893_6513719.jpg


a0117893_6514766.jpg


a0117893_651578.jpg


a0117893_652144.jpg


a0117893_6522819.jpg


a0117893_6524193.jpg




高校時代の部活の仲間と年1回の山歩き、毎年楽しみにしているけれど、最初の計画日は雨で変更、今回もまた・・・。
でもそれでは温泉でもと・・・。
何を話しても構わない古い馴染みの友、お風呂でおしゃべり、食べながらおしゃべりと楽しい時間・・・。
朝から晴れて山にも行けたねとみな思ったけれど・・・これもまたよし・・・会うのが目的だからね。
みんな、ありがと!来年も元気で会いましょ!

        ツワブキの陽独り占めする小春かな

        たくましき母となりゆく子まぶしき

        雲・芒飛ばす風にも富士不動

        翅広げ蝶くつろげる日向かな

        燃え落ちる大阪城見しねね思う

        年一度逢瀬明日に友ら思う

        秋深し友楽しめや雨の古都

        昭和歌謡歌詞味わえば胸熱し

        満月や避難所に光明のあれ
by akaigabera | 2011-11-22 07:11
<< 青いお空を映して・・・ 沼の風景 (3) >>