人気ブログランキング |

あちこちで鹿の害が報告されていますが・・・

夕刻の北の大地、丘の林の縁で遇ったエゾシカさんの親子はかわいらしかった!

鹿だって地球の温暖化や食糧難に耐えて生きていかなければならないのですよね。

a0117893_11522728.jpg


a0117893_11531017.jpg


a0117893_11532570.jpg


a0117893_11535183.jpg


これだけは最初、姿を認めてコンデジで。上4枚は少し距離を置いてカメラをセットして。

a0117893_1219529.jpg


ほとんど車のない暮れなずむ国道で、キタキツネさんに遇いました。慌てて撮ったので、ぶれています。これ以上大きくはできませんでした。

何か食べ物を探している様子でしたが、もしかしたら車にぶつかって死んだ蛾や蝶や他の小さな動物たちを食べているのでしょうか。

あっと言う間に道脇の花叢に隠れてしまいました。すてきな出会い、でも動物たちにはありがたくないですね。

a0117893_1154132.jpg


野鳥をを撮影する機会はほとんどありませんでしたが、2度ほど打ち捨てられた休耕田で写すことができました。そこはまるで花園のよう・・・。

a0117893_124343.jpg


a0117893_1245623.jpg


a0117893_1253231.jpg


花園の脇にはミツバチの箱がたくさん置かれていて・・・。

a0117893_1255297.jpg


a0117893_126883.jpg


a0117893_12344926.jpg



墓参を兼ねて北海道を旅してきました。

行く先々晴れていたり降っていた雨もやんだりとあらためて晴れ女を実感した旅でした。

京都・奈良・日光・秋葉原・富士山、観光地に行けば、台湾か中国本土からの旅行者があふれ中国語が飛び交っていますが、北海道も例外ではありませんでした。

ヨーロッパのブランドショップも昔は日本語のできる店員がいたそうですが今は中国語を話せる店員を雇っているとか・・・。

一人連れているのは中国本土から、たくさんの子連れは台湾の方かも・・・。

何はともあれお金を落して行ってくださる大事なお客様です。
by akaigabera | 2010-08-12 12:11
<< 花園のような休耕田には・・・ ルリビタキさんもカップルでした! >>