人気ブログランキング |

親子の場面を見ずに帰ってしまいましたので・・・

翌々日、再び。

最初の日より行動範囲が広がっていました。間隔を置いて、いくつかの岩の上に現れますが、ずっと遠くに。

苔のある岩が好きなようでしたが、もしかしたらこれも学習の成果かもしれません。動きはさらに敏捷に。

しかし、まだ餌は自分では調達できないようですね。皆様のブログにもたくさんのおねだりシーンがアップされていました。親と同じくらいの大きさなのに、やはりまだ幼く庇護が必要なようです。

流れが緩やかな小岩で。
a0117893_6333968.jpg

何か親から指示があったのでしょうか。前の少し大きな扁平な岩に移ると、親鳥が。「ママ~、どこに行っていたの~、おなかすいたよ~。」
a0117893_6345821.jpg

「お兄さんのとこよ。遅くなってごめんなさい。ひとりで待っていられたのね。いい子ねえ。」 
a0117893_6373023.jpg

「はやくごはんにして~。」
「ちゃんといい子にしてたら、おいしいご飯をあげますよ。」
a0117893_6393325.jpg

「はああーーーい。」      親鳥は流れにもぐってお魚か水生昆虫らしきをとります。泳ぎがとても上手でした。でも、雛はお母さんの頑張りを見ていません。
a0117893_644796.jpg

「はい、坊や、ごちそうですよ。」
a0117893_6444624.jpg

「ママ、おいしかったですう~。もっとほしいよう~。」
a0117893_6482379.jpg

「あらあら、まだ足りないの?さっきの大きかったでしょ。」
「さっきのよりおおきいのたべたいよ。ママ、おねがい、ぜったいとってきてよ~。」
a0117893_6515199.jpg

おねだり攻撃に、ママは再び。 「ママはああしてとるんだなあ~。」 今度はしっかり見ていました。
a0117893_6563158.jpg

待ってる時はちゃんといい子にしている姿や喜びや欲しい気持ちを全身であらわす雛の姿、親鳥の必死に餌を捕る姿、見られてとても嬉しい!


先ほど、ハトさんの ククッククック ククッククック という声が聞こえた。
夏の始まり。ハトさんは、あまり晴れている日には啼かないような気がする。ちょっと曇ったこんな朝がお気に入りかな。

昨日は仕事の合間に八重桜を摘んで、大きな瓶に塩漬けを。お祝い事やいいことがたくさんあって、使い切りますように。
   
by akaigabera | 2010-04-27 07:05
<< 美しい若芽の季節も、もうすぐ深... 新緑の中で遇うことができました・・・ >>