タグ:風景 ( 34 ) タグの人気記事

ねぐら入り・・・

ねぐらに入るガンの画像を拝見した時からいつか訪れたいと思っていた蕪栗沼と伊豆沼。JRのお安いチケット、ちゃんと観光シーズンははずしてありますけれど、冬鳥さんにはぴったりの時期ですね。

何度も間違えながらやっと辿り着いた沼周辺の田んぼ。「ふゆみずたんぼ」と言われるこの地域は結氷する近くまでは水を張っているところが多いのだそうです。

まだ少し水があったのかなと思わせるしっとり感で田んぼはやわらかな丈の短い枯れ草に覆れています。

そんなやわらかな田んぼに、マガンやヒシクイ・白鳥さん達が羽を休めたり餌をあさったりしていました。そのおびただしい数に驚きながら車を進める度、鳥さん達が飛び立ちます。

昼の沼の散策を終えて、「塒入り」の時間を待ちます。絶景だと地元の方に教えていただいたポイント。カメラを持って待っているとオジロワシですか?ときかれました。ここは猛禽もたくさんいる場所なんですね。

そして出遇ったすてきな夕焼け。夕焼け間際になると・・・

a0117893_11382061.jpg


a0117893_1139166.jpg


a0117893_12173497.jpg


a0117893_12183033.jpg


a0117893_11392797.jpg


a0117893_11395461.jpg


a0117893_11401877.jpg


a0117893_11405279.jpg


a0117893_11412334.jpg


昼間、沼の大部分は結氷していました。鳥さんたちのねぐらは凍っていない池の中央部分でした。

a0117893_11423829.jpg


次々と頭上を通り過ぎる水鳥の群れ・群れ・群れ・・・。昼間過ごした周辺の田んぼからみな帰ってきます。
圧倒されるような1時間半。なにかにとらえられたような心、言いようもない力強さ、自然のすごさ・・・。
7万羽ほどの水鳥がここに棲息し、5万羽程が周辺田んぼをいきかい塒に戻ってくるとお聞きした時は単なる数でしたけれど・・・実際に見るとそれは恐ろしいほど・・・、日が落ちても終わりません。
神々しい風景に心をしっかりつかまれてしまいました。
見えなくなるまで佇んで・・・。


      冬の川青き空をば盗めりか

      湧くようにうち重なりてガン帰る

      一日を如何にすごさむ雁家族

      鉤になり一の字になりねぐら入り

      寒風や空気泡立てガン帰る

      わずかなる融けし氷の棲みかなり

      尋ねれば温かき応え北の沼

      
      
      
     
[PR]
by akaigabera | 2012-01-19 12:26

浅間山・・・

我が家から2キロ弱のところに荒川の流れ。坂を下ると200度ほど視界が開けます。

ここからは、遠くに連なる山々の中、左に真白き富士、前方右に浅間山、右に順に榛名山・赤城山そして右奥の日光連山の中にわずかだけ男体山が・・・。

雪をいただいた今の時期、富士に似た山が目立ちます。ハクチョウさんの飛翔の背景の山は別の場所から見た男体山ですが、とても富士に似ていますね。

この浅間山も近くで見たときは下の画像のようですが、我が町から見ると富士にそっくりです。

2年半ほど前、初めてこの場所を訪れたときから、大好きな場所となりました。

a0117893_12341224.jpg


a0117893_12343052.jpg


a0117893_1235012.jpg


a0117893_12352969.jpg


終わりの美・・・ススキはこの一角だけ金色でした。
a0117893_12594155.jpg


a0117893_1236631.jpg


カシラダカさん。
a0117893_12371593.jpg


a0117893_1237499.jpg


準備・・・。
a0117893_1334150.jpg


a0117893_12395369.jpg



恒例の新年会も終わり、心地よい疲れと、久方に会った方々の笑顔が思い出される。
幼い子供の成長は著しく、5年前に別れた若者達は新成人となり成人式の流れで顔を見せてみんなで乾杯。
もっと年上の若者達はそれぞれのボーイフレンドやガールフレンドを連れて・・・。
存分に楽しんだ昨夜だった・・・。
[PR]
by akaigabera | 2012-01-09 18:59

久しぶりの銀座・・・(2)

街に灯がともると全く別の表情になるんですね。仕事がらなかなか夕暮れ時を味わうことができないので、こうした時間は私にはとてもすてきにみえます。

東京に出ても用事を済ましてすぐ戻ることが多いのですが、この日は銀座をよく知っている方とご一緒、あちこち穴場を歩くことができました。

行きつ戻りつ・・・楽しい時間でした。


日中はウインドウに建物や人が映ります。それもまた良し。私たちも写っていてそれはみなゴミ箱へ。

a0117893_875739.jpg


a0117893_881416.jpg


a0117893_882813.jpg


a0117893_88436.jpg


a0117893_885930.jpg


a0117893_892132.jpg


a0117893_894654.jpg




ご一緒してくれたのは元お隣の奥さま・・感謝!
結局デパ地下でも買い物をしてしまい、たくさんの荷物を持っての帰路。ねえ、今度は運動靴はいて
ゴロゴロひいていきましょうよ・・・ということに。
[PR]
by akaigabera | 2011-12-07 08:13

久しぶりの銀座・・・(1)

クリスマスシーズン、街はすてきなデコレーションで華やいでいました。でも、何となく例年に比べると控えめな感じがいたしました。震災の影響があるのでしょうか。

目的もなく久しぶりに銀座を歩いてみましょうかということでのお出かけ。三越前で降り有楽町まで、あちこちの店をひやかしたり、美しいウインドウに目を見張ったり、これはという小さな買い物をしたり・・・。

絶対に夕刻までいて灯がともるとこまでいましょうねということでしたので、暢気にぶらぶら。

着物屋さんの梯子をして、たっぷり目の保養を・・・。今や銀座にユニクロがあるくらいですから・・・銀座も変化を求められているんですね。

あるデパートに入りましたら、きんきらきんの階があって、若者や海外からの旅行者向けと分かるのですが・・その派手な品ぞろえにびっくり・・・。

老舗のお店も大変なんだなあと思う場面も・・・。

a0117893_751388.jpg


a0117893_7511420.jpg


a0117893_751341.jpg


a0117893_945739.jpg


銀座通のお友達が、かわいいエンゼルがいるのよと・・・ビルの角の小さなエンゼル・・・。

a0117893_752103.jpg


a0117893_7522449.jpg


日本橋脇にて。

a0117893_951271.jpg



和光の展示室の陶芸展、佐伯守美さんという作家のもの、象嵌の技法を駆使したすてきな作品だった。


5か月ぶりに着た和服。鳥の撮影で黒くなったお顔には・・・・・・。
でも何かシャキッとした感じ・・・。たまにはいいなあ。
銀座でお食事予定だったけれど、上野に着くころにはお腹がペコペコ。食べちゃおうよと。リーズナブルなお値段でおいしかった・・・。
おかげで千疋屋のパフェにありつけた・・・。
[PR]
by akaigabera | 2011-12-07 08:02

日の出前の川岸は・・・

とても幻想的でした。川霧が雰囲気を盛り上げて・・・。色を抑えた世界もとても美しいものだと感じ入りました。

モノクロにこだわってお撮りになっていらっしゃる方の気持ちわかるなあ・・・。

オレンジの日の出も撮りましたが、せっかくの日の出が圏央道の橋に邪魔されて風情がなくなってしまったのがとても残念でした。

ミサゴの沼でお会いした方がおっしゃっていた通りでした。

a0117893_8183958.jpg


a0117893_8185756.jpg


a0117893_8191925.jpg


a0117893_824711.jpg


まるで露天風呂に入っているみたい・・・。
a0117893_8194944.jpg


a0117893_820936.jpg


朝日に向かって深呼吸・・・かな。
a0117893_8211527.jpg


草叢も朝日の中で輝いて見えました。
a0117893_8255767.jpg



今日は風もなく、撮影日和ですね。
皆様、良い出会いがありますように・・・。
[PR]
by akaigabera | 2011-11-26 08:29

大パノラマは・・・

お預け・・・。もう二週間ほど前、墓参の帰りに立ち寄った高原。晴れていれば下に開ける町が一望できるはずでした。

しかし、視界が全て閉ざされたわけではありません。雲海の奥に富士山が見え、また一とき隠れてしまいます。

今度は反対に街並みが見えるときがありました。晴れもいいですが、こんな景色もまた一興かなと思える美しい景色でした。

a0117893_18341013.jpg


a0117893_18355892.jpg


a0117893_183695.jpg


a0117893_18362190.jpg


昨日、早朝は霧に閉ざされていて幻想的な風景でしたね。風景写真は難しいですけれど・・・とりあえずカシャ。

a0117893_18415411.jpg


美しいな。早起きの特典・・・。

a0117893_18505860.jpg


a0117893_18511283.jpg



お庭の木々も色づいています。もっとも真っ赤なのがブルーベリー、鮮やかな赤です。次はアメリカハナミズキ。

白いシュウメギクは夜目にも鮮やか、紫のセージと紅葉と・・・なんとはなしに華やいでいます。

昨日レモン12個。柚子を9個収穫しました。レモンはまだ青いのですが、これ以上置くと酸味がなくなってしまうので早めに。

a0117893_1850868.jpg

[PR]
by akaigabera | 2011-11-14 18:51

秋深し(2)・・・・・

小田代ヶ原は幻想的とは打って変わって華やかに着飾っていました。この地の紅葉は黄、華やかな中にも単色に近い色で統一されている分、上質な感じの黄葉・・・。

a0117893_22484555.jpg


風があり、さざ波がたっていて、写り込みは一部だけ・・・。

a0117893_225069.jpg


a0117893_22514851.jpg


a0117893_22585142.jpg


a0117893_22593360.jpg


a0117893_22541247.jpg


戦場ヶ原・・・。
a0117893_22532986.jpg


a0117893_22524029.jpg


a0117893_230352.jpg


a0117893_2258825.jpg


湯ノ湖・・・。
a0117893_2371735.jpg


a0117893_2305124.jpg




帰りというより足を伸ばして、日塩もみじラインを通ることに・・・。
まだ紅葉の見ごろには1週間~10日、少し早いようでした。
[PR]
by akaigabera | 2011-10-17 23:07

待ち切れませんでした!(1)・・・

ショットさんのブログで、小田代ヶ原に12号・15号台風の大雨で、湿原が水で満たされ幻の湖小田代湖ができていることを知り、湿原の奥の落葉松が黄色に染まるころ行こうと決めていました。

そんなところにmay さんの小田代湖の明けゆく画像が・・・、無彩色に近い美しい夜明けの写真でした。

まあ、なんて素敵なの?と心はもう湿原に・・・。

平日は早朝バスはないし、夜中に出ないと、夜明けに間に合わない、夜の高速はきついなあ…でもやはり出かけずにはいられませんでした。

着くと5時少し前、まだ真っ暗、自転車を取り出して懐中電灯をセットしました。15分でつける、間に合うわ・・・。

ところがところが、いつ行こうかと準備していたので、自転車を車に積んでいたせいでしょうか、なんとパンクしていました。ドジですねえ・・・。

仕方なくたぶん40分ほど、あせって歩きました。着いたときお山はまだ薄目をあけたばかり。バスはないのにすでに30人ほどの方が・・・。

a0117893_0324562.jpg


a0117893_0331291.jpg


a0117893_0332678.jpg


a0117893_0334017.jpg


a0117893_0335313.jpg


a0117893_034597.jpg


a0117893_0342069.jpg


a0117893_034378.jpg


a0117893_035438.jpg


a0117893_0353150.jpg


a0117893_0354975.jpg


a0117893_0361272.jpg


a0117893_0362988.jpg


a0117893_0365316.jpg


a0117893_0371699.jpg


a0117893_0373448.jpg


a0117893_0375323.jpg


a0117893_0381098.jpg



すぐに明けるのかと思っていましたが、何度も明るくなりまた霧に閉ざされをくりかえすのですね。

霧の動くさまは一瞬も同じではなく、小さな変化大きな変化、目を離せません。

少しずつ色が見えるようになっていく場所もあるかと思えば深い霧におおわれた所も・・・・

太陽も霧の深さに負けるときがあります。

そして、最後の一瞬、もう霧は戻らない瞬間、総天然色の湿原の全容が・・・・。

美しいものを見せて頂きました。

ショットさん、mayさん、ありがとうございました。

もう一度、落葉松の黄色が湖に映えるころ、訪れようと思いました。
[PR]
by akaigabera | 2011-10-02 00:27

美しい雪景色に・・・

風景をきれいに撮ってみたいと思った三日間でした。

a0117893_056109.jpg


a0117893_0595931.jpg


一日目、長く行きたいと思っていた高岡市にある瑞龍寺(曹洞宗)に。シンプルな色合いの中にも力強さが感じられる美しい寺でした。

奇をてらったものがあるわけではないのですが、深い雪に閉ざされて佇む寺は背筋を伸ばさせられるものがありました。

二日目は、伏木にある勝興寺(浄土真宗=一向宗)。こちらは平成の大改修とかで工事中。一向一揆の旗頭ともなった寺とか。瑞龍寺と比べると、少し雅な感じのする寺でした。

信長も恐れた一向宗門徒の信心深さ。雪深さとも大きな関係があるような気が・・・。

三日目、弥彦村にある越後一宮弥彦神社に。立派な神社と聞き知ってはいましたが、この年まで訪れたことがありませんでした。

前日とは打って変わった青空の下の雪景色。雪をいただいた深い緑の中のお社、本当に美しかった!時おり落ちる大樹に積もった雪、すごい音をさせてまるで、大砲を打っているようでした。

そしてご神体ともなっている裏山弥彦山に。

美しい白い雲の浮かぶ青い空と海、そして雪を忘れることはないでしょう。海の色も、緑・青と違っていたのですが、残念ながらコンデジではそれを写しとることはできません。

a0117893_0564670.jpg


a0117893_057190.jpg


a0117893_0571814.jpg


a0117893_0573357.jpg


時おり吹く北西からの風に地吹雪が・・・。水平線には佐渡島がしっかり確認できました。冬には珍しい晴れの日だと地元の方々も。

a0117893_0574898.jpg


近くの池にはカモさん達が。

a0117893_121696.jpg

[PR]
by akaigabera | 2011-01-26 00:46

明けましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いいたします。

年中行事になっている初日の出を拝みに行って参りました。

2011年の夜明け、我が家を一歩でると月齢26日の月と金星に。

今年は日本海側では曇りで初日の出は望めないとのこと、こちらではきれいに晴れ、美しい日の出となりました。

平和で活気のある年になるといいですね。

皆様の健康と平安をお祈り申し上げます。

a0117893_923335.jpg


a0117893_923278.jpg

[PR]
by akaigabera | 2011-01-01 09:23