タグ:マガン ( 3 ) タグの人気記事

マガン…田んぼ編・・・

ねぐら入りに感動して先にアップしてしまいましたけれど、マガンさんの小さな群れに遇ったのは、前日降ったという雪が少し残る田んぼでした。

そのあと、たくさんのマガンさんたちに・・・。田んぼを埋め尽くすくらいたくさん群れている場所もありました。

ミサゴさんの沼で飛んだのを撮ったのですが、認識せずに撮ったので今回が初めてようなものです。

午後になると、やわらかな田んぼの草地はとっても温かそう…ダゲリ・ヒバリ・トビ・ハクチョウ・ヒシクイさんがくつろいでいました。

2日目。伊豆沼の後で再び訪れたとき、ハヤブサに遇いました。そしてfarhanaさんが思い出されたように私も「大造じいさんとガン」の話を思い出しました。

ここにはたくさんの水鳥がいるので猛禽類にとっては恰好のえさ場なんですね。私はことごとく撮り逃がしました。

a0117893_827283.jpg


a0117893_8281014.jpg


a0117893_8301349.jpg


a0117893_8302763.jpg


a0117893_8315593.jpg


a0117893_8283990.jpg

   

車が通ったり人が歩くと一斉に飛び立ちます。うしろ姿がきれいでした。

a0117893_829555.jpg


a0117893_8323371.jpg


a0117893_8325968.jpg


a0117893_8331455.jpg



昼間の暖かい田んぼから考えるとねぐらとなる沼は夜どんなに冷えることでしょう。
でも大丈夫なんですね。さすが北国育ち・・・。
ねぐらは何より安全でなければ・・・。まとまることで安全を確保しているのですね。
[PR]
by akaigabera | 2012-01-25 09:32

マガン…飛翔・・  

蕪栗沼に迷いながらの途中、小さな群れを処々で見たのですが、沼に近づくにつれその群れの大きさや群れの数も増えていきました。

ミサゴさんの沼で2羽しらず撮ったのですが、こんなにたくさんのマガンを見るの初めてです。

沼の近くの田んぼと沼を行き来したり、田んぼを移動したりするマガンやヒシクイさんが、空を飛び交っています。

一日目、寒い日でしたが、とても美しい青空でした。

a0117893_1075180.jpg


a0117893_1082128.jpg


a0117893_1085144.jpg


a0117893_1091869.jpg


a0117893_1095259.jpg


沼の周りに田んぼが続き、それを囲むように集落が・・・

a0117893_9512840.jpg



寒い中での撮影にちょっと風邪をひいてしまいました。
気をつけないといけませんね。
雪があまり積もらないで出かけずに済みました。
[PR]
by akaigabera | 2012-01-24 11:36

ちょっと重そうに・・・

大きなカモさんが飛んでいました。飛びものを撮る練習中の私。いつものごとくレンズを・・・。

ファインダー越しにのぞくと、何かちょっと違うみたい!斟酌している暇はなく、撮ったあとで、サカツラガンと知りました。
 
 (不勉強でした。これはマガンだそうです。お教えいただきありがとうございました。すでにコメント頂いていました皆様、すみません。007.gif)

思い起こせば、この沼に通うようになったのも、サカツラガンとマガモが撮れますよ とお若い仲良しカップルに教えていただいたのが始まりでした。

しばらくして訪れたときには、どちらもいなくて・・・。でも代わりのたくさんの水鳥さんに遇うことができました。

そしてもういないと思っていたサカツラガンさんにやっと逢うことができとてもうれしいです。 (マガンも初見・初撮りです。)

a0117893_8383615.jpg


a0117893_8384951.jpg


a0117893_839163.jpg


a0117893_8391671.jpg


a0117893_8392880.jpg


a0117893_8393933.jpg


a0117893_8395167.jpg


a0117893_840458.jpg



とうとう我が家のアメリカハナミズキの実にヒヨドリさんやムクドリさんがやってきました。
お近くのお宅のはもうなくなっていたので次は我が家かなと思っていたところでした。

お知り合いに ナンジャモンジャの苗を売っていましたよ とお電話を頂き、早速求めてもらうことに・・・。
この木は娘にプレゼントする予定なので、お家を建てるまで大きな鉢で育てることにしました。
黒い真珠のような実をつけているそうです。
いつかもう私がいなくなっても育ち続け、雪のような美しい花をつけてくれていることでしょう。
私が今、母が挿し木した椿を大事にして時々母を思うようにきっと・・・。
[PR]
by akaigabera | 2011-11-11 08:52