タグ:コハクチョウ ( 4 ) タグの人気記事

かわいい表情のユリカモメさんに遇いました!

白鳥飛来地のコハクチョウさんやカモさん達は日を追うように人間に慣れて行っているようです。

この日は午後になって出かけたのですが、餌の時間を知っているのか、コハクチョウ・オナガガモ・オオバンさんが、どこにいたのでしょう、いっぱい集合してきました。

そんな中に一羽のユリカモメさん、とっても愛くるしい顔をしているんですね。

本を見ましたらもっとも内陸まで入ってくるカモメの類と。海まで60キロ以上ありますますのに・・・びっくりでした。

a0117893_0402643.jpg


a0117893_0405069.jpg


こちらのコハクチョウさんのシルエットを撮るのが本命でしたが・・・。

a0117893_0415069.jpg


a0117893_042880.jpg


a0117893_0423169.jpg


a0117893_04362.jpg



      初日の出富士は頬染め迎えたまふ

      一瞬に雲染めて行く初日の出

      お神楽の囃子浮かれて寿ぎぬ

      屠蘇をつぐ和尚座りし緋もうせん

      まっすぐの日三百六十五重ねむ
[PR]
by akaigabera | 2011-01-02 00:49

白鳥の舞いは光にあふれて・・・

逆光の中、白い羽が透き通って見える様は特に美しく、心が洗われる感じでした。

優雅かつダイナミックな舞い。飛来して少し慣れてきたのでしょうか。人が近づくと餌をもらえると思っているようです。

来春水温むころまで楽しませてもらえますね。

a0117893_2352821.jpg


a0117893_23524162.jpg


a0117893_2353161.jpg


a0117893_23534284.jpg


a0117893_23541041.jpg


a0117893_23545948.jpg


a0117893_001415.jpg



野の草の結実の様子もすてき。
a0117893_23551840.jpg


a0117893_23553824.jpg



昨夜、いいえもう一昨夜のこと。

今度帰ったら教えてほしいと以前手伝ってくれていた若者にメールしておいたのですが、袋いっぱいの柚子持参で立ち寄ってくれました。

画像の処理の仕方を教えてもらいながら積もる話を。

1時半を回るのも気づかぬほど・・・。息子のように頼ってしまっています。

さようならをして空を見れば、満天の星。

星に願いをするのは久しぶりかな。
[PR]
by akaigabera | 2010-12-06 00:14

深い曇りの日・・・

こんな日なら、カモさんの美しい羽の色を出せるかしらと、足を運びました!
a0117893_7352628.jpg

a0117893_736492.jpg

a0117893_8034100.jpg

コハクチョウさんの数が増えている気がしました。幼鳥の色が気になります。
a0117893_7373077.jpg

a0117893_7381282.jpg



このところ、ウグイスさんに縁があるようで、どこに行ってもウグイスさんに遇います。

もうすぐ囀りを始めますね。そしたら本格的な春です。


石油ストーブ、ここ数年、エアコンよりあったかく感じて、手放せない。

石油を買いに行くのは面倒だがやめられない。

ファンヒーターもやめて、上にお鍋ややかんがのせられるものにしています。

ここで炊く、おでんや豆類・佃煮はとってもやわらかくおいしい。お料理も楽ですね。

昨日も、大きなお鍋いっぱいに、ひじきと大豆とお野菜・さつま揚げを入れて甘辛く煮てみました。

うまい!常備菜として保存します。
[PR]
by akaigabera | 2010-02-06 07:47

コハクチョウさんのケンカは・・・

激しいですね。縄張り争いか、夫婦喧嘩か分かりませんが、激しく言い合ったり、追いかけ合ったり、見入ってしまいました。

a0117893_1218880.jpg

左の2羽、この時は見つめあっているのですが、もしかしたらがんつけているのかもしれませんね。
a0117893_121824100.jpg

a0117893_12184144.jpg

オオバンに初めて遇いました。
a0117893_12185852.jpg

オナガガモも・・・。
a0117893_1221277.jpg

遠く離れると、静かなたたずまいです。
a0117893_12221058.jpg

富士山が大きく見えました。雪の位置が下がってきているのですね。
a0117893_12234910.jpg


昨日は、偵察散歩をしてきました。
 コゲラさんを意外なところで発見。ここにはカワラヒワ・シメサンも。以前アトリを見たので待ってみましたがダメでした。コチョウゲンボウさんに遇いにもいってみたのですが不可。ホオジロさんとカシラダカさんは直近で写せるところを発見。マガモの集団は人影が見えると指揮者がいるのかさっと下流へ。昨日の一番の収穫は、カワセミさん2羽と漁場を見つけたことです。大きな魚をとっていました。1時間ほどずっと見ていたのですが、動きのパターンが分かりました。レンズが戻ったら一番に行くところができ、またどの位置がよいかも確認してきました。こうしてカメラなしで歩くものいいですね。同じ場所で、初めてイソシギを見ました。

 今日のK公園はお休みなので欠かせません。でもカメラを持ってないときどうして珍しい鳥さんに遇うんでしょう。残念だなあ。アカハラ・シロハラ・ジョウビタキ♂♀、カシラダカ・ツグミ・セグロセキレイ・アオジ・メジロ・モズ・ヤマガラ。それにベニマシコ♂と若に。ポイントからは外れた間近の灌木の上、尾羽を広げたり閉じたり。きれいに抜けてシャッターチャンスだったのに・・。カケス、2羽一緒でした。これも近くて当然きれいに撮れる位置でした。さらにハイタカに遇いました。ベニさんポイントの桜の木に。黄色の足、胸から腹の横縞、金色のアイリング、濃いブルーグレーの背中、このどれもかなりゆっくりしていたので、カメラがあればなあ・・・・・・・。帰り際、いつものポイントでルリビタキさんにも。

さらに、途中で、この公園のベテランさんに。な、なんとミソサザイを見たそうです。教えていただいた場所に行ってみましたが遇えませんでした。
幸せで悲しいお散歩でした。

今日さいたま市~お見えになるというAさんとおっしゃる女性にお会いし、ご一緒に散歩させていただきました。とても目が早くおかげでいつもよりたくさんの小鳥さんに遇えました。ありがとうございました。   
[PR]
by akaigabera | 2009-12-14 12:19