タグ:コチドリ ( 7 ) タグの人気記事

3羽生まれたのに・・・

1羽になってしまったヒナ・・・今はもう大きく成長していることでしょう。

健気なコチドリさんの親を見る度、わが身が省みられます。小鳥さん達も食物連鎖の中でさまざまな悲しい出来事があります。

しかし、残ったものはしっかり生きてまた命をつなげないといけないのですね。

a0117893_23552457.jpg


a0117893_23554485.jpg


a0117893_23555991.jpg


a0117893_23561214.jpg


a0117893_23562792.jpg


a0117893_23564062.jpg


a0117893_23565363.jpg


a0117893_2357881.jpg



皮膚病にかかっていたあのタヌキさんはどうしたろう?
この間、友人を訪ねた折、同じタヌキさんじゃないかと思われる話を聞いた。
だとすると行動範囲はかなり広い。食料や水を求めて動いているのだと思うけれど・・・痛ましい状態だったから・・・。この暑さの中生きのびていけるのだろうか?
[PR]
by akaigabera | 2011-07-13 00:04

コチドリさん・・・親子編

小鳥さん達を見ていると始終ですが、コチドリさんはさらに、親子や家族の関係に考えが及びます。

また今年も昨年と同じ砂礫地に営巣。営巣といっても少しだけ窪んでいるだけなのですけれど・・・。

上空から見るとまるで小石があるのかと見紛うような卵をうみ、そして雨の日も暑い日もずっと温め続けやっと3羽の雛が孵りました。

5日後に訪れたこの時、親は1羽をしっかり守っていました。昨年、モズにい1羽さらわれたことを思い出しました。

今年の雛は元気でかなり広範囲に動き回っていたので、親の眼が届かなかったのかもしれません。

 危険が迫ると、お母さんは子供を翼の下に隠してじっと・・・。

a0117893_05058.jpg


a0117893_0501952.jpg


a0117893_0503877.jpg


a0117893_051169.jpg


お父さんは迫る危険を察知し知らせ、追い払います。この日もカラスさんと同じ仲間のコチドリさんの♂が・・・。

a0117893_0544517.jpg


a0117893_0551333.jpg


a0117893_0554521.jpg


a0117893_0561379.jpg


a0117893_05725.jpg


a0117893_0514192.jpg


a0117893_0573347.jpg


果敢ですよ。身を投げうって雛を守るんです!
[PR]
by akaigabera | 2011-05-31 00:59

「在庫」・・・なんて甘美な響きでしょう!

今年はコチドリさんの画像は望み薄なので、去年のものを。

在庫のほとんどないガーベラにとっては、今年のがないのはさびしいけれど、昨年のがある!なんて少し嬉しい。

ずっと見守っているコチドリさんがいなくなってしまい、心配していたのですが、100メートほど離れた場所に移動していました。

畑は土ですが、畑の前の道路は未舗装でコチドリさんの好きな砂礫地になっています。

カラスの多いこの場所は子育てには不安でしょうが、ふさわしい場所が減ってきているようです。

親はとっても勇敢で、身を賭して子供を守るシーンを何度も。親子の場面はいいですね。

a0117893_715271.jpg

a0117893_715567.jpg

a0117893_7161334.jpg

a0117893_7163162.jpg

a0117893_7165076.jpg


薫る風あおもみじ揺れる湖面かな

かすかな香エゴの花のありか告げ

鮮明に焼きつきしまぶし朝の陽

亡き君の万博で書きし文届く

初めての子猫ともに愛でし日々

山ほどの喜び悲しみ置き行きし

忘れまじ「手伝いに戻るよ!」太き声

平静には過ごせぬ重き雨の降る

硬質のよく並びし歯の笑顔なき

「一人背負わず教えて」と笑みし君

あと二週薫る風受け輝きし君
[PR]
by akaigabera | 2010-05-26 07:34

今年も同じ場所で子育て・・・

しているコチドリさん。金環の目が印象的ですね。

一番子はすでに巣立ち、二番子の卵を4個抱いています。画像は別の畑で朝ごはんと羽繕いのシーン。

時々位置を変えながらじっと温めます。お腹がすいて仕方ないとき以外はずっと。

巣は物陰ではなく大胆にも小石のあるまっさらな場所。

カラスや猛禽に見つけられてしまいそうですが、上から見ると、小石か土塊にしか見えません。

疑似色と擬態で小石になりすまします。卵も石そっくり!ヒナの誕生を楽しみに待っています。

a0117893_721492.jpg

a0117893_725483.jpg

a0117893_73428.jpg

a0117893_74288.jpg


大根の花、菜の花にはない静謐な美しさが・・・。
a0117893_77172.jpg


今朝の埼玉版にA公園付近でコムクドリが見られたとありました。

高い山かはるか遠く東北以北・サハリン・千島で繁殖すると。旅の途中で遇えたのは幸運だと。





昨日は、頭の後ろが痛むので、鳥撮りは中止。ちょっと疲れがたまったのかも。体を休めなければと思ったのだが、お庭の手入れを4時間も。新緑を切るのは忍びないけれど、下にある草花にも、木々にとっても風通しがよいことが大切なので。今日も日向にある日陰を好む草花を移しかえようか。

枝落とし木漏れ陽降りて踊りおり

庭の木を散髪すなり風通る

ヒトツバタゴ辺り涼める初夏の宵

母の日の墓参は真っ赤なカーネーション

久々に帯をたたきてさあ出立!
[PR]
by akaigabera | 2010-05-13 07:25

N町のコチドリに子供がいました!

M田んぼのコチドリは、2番子を育て中だそうですが、こちらで見つけたコチドリのつがいに赤ちゃんはいないのかなっと気になって見に行ってきました。

3羽のヒナがもう歩いて、えさを自分で探していました。

雨の中で、うまく撮れませんでしたが、遠くで見ると一人前の手前ぐらいみたいに見える子供ですが、画像を大きくしてみると、まだ、ふかふかの産毛に包まれていました。
 
a0117893_7255229.jpg

すごいスピードで歩いて、餌を上手に探します。
a0117893_7272094.jpg

ムクムクです。
a0117893_7285162.jpg

お尻も、とってもキュート。
a0117893_7293692.jpg

小さな草に隠れてしまうくらい。
a0117893_7304157.jpg

まだ幼いので、親は雨の中でも、しっかり見守っています。
[PR]
by akaigabera | 2009-07-11 07:19

元気でした!・・・コチドリの家族

しばらく見えなかったコチドリの家族。昨日、夕方、声を聞いたとのお知らせをいただいたので、今朝早起きして行ってきました。

そんなわけで、金曜日お山で撮ったものは、まだ処理ができていません。が、気になるところだけ見てみました。Yさんすみません。oooは、♂は木陰で証拠写真程度、♀と思ったのはカワラヒワのようです。以前の画像のほうがきれいで大きいです。

3羽いた子供も1羽しか、そんな話をしているうちにいなくなってしまっていたので、心配だったのですが・・・。

             着くとすぐ、道を隔てた畑から、警戒する声がします。ネコがすぐそばに。
a0117893_1347238.jpg

a0117893_13355561.jpg


一生懸命、自分たちが目立って子供を守ろうとする親鳥たち、ネコから2.5メートルほどまで近づいていきます。健気です。思わず、猫に怒鳴ってしまいました。

             ネコがいなくなって、安心したのか、隠れていません。ママと一緒。
a0117893_13233727.jpg

              可愛く、むくむくです。
a0117893_1325441.jpg

              怖いとママの羽の下に隠れます。
a0117893_13264620.jpg

              親の心配をよそに、あっちこち動き回ります。
a0117893_13282163.jpg

a0117893_13295936.jpg

              こちらは、パパかな。 きれいですね。金色のお目めにイチコロです。
a0117893_1330408.jpg


このパパのように翼がきちんとなるまでにあと2週間以上はかかりそうです。産毛がとれて、たくましい翼ができるまで、元気に育ってほしいです。

              場所争いをしていたのは、ヒバリさん  そして下は冠羽がないので、タヒバリでしょうか。
a0117893_13332581.jpg

a0117893_1335589.jpg


外敵も多く、コチドリ夫婦の子育ては大変です。命がけで子供を守ります。
[PR]
by akaigabera | 2009-05-23 13:18

悲しい、悔しい。…コチドリ

oo田んぼを散策中、キジさんの声。

土手の上から見ると、畑の中で頭をひょいひょいと見せながら、歩いていました。

キジさんを確認しながら、畦道を歩き始めると、左手空き地に変わった鳥さんが・・・。

よく見てみると、初めてだが、どうもコチドリらしい。でも大きいカメラはありません。持っていた花撮り用のコンデジで、はるか遠くを撮っては見ましたが・・・。写っているかどうかもわからない・・・。
a0117893_2231435.jpg

大きくするとぼやけてわからなくなってしまいそうなので・・・ほとんどそのまま。


よく見ると、小さな小鳥が、あちこち動き回っています。ヒナです。3羽いました。

あとで、本を見ると、孵化後半日くらいで自分で採食するようになるそうです。本当に小さく、かわいらしい。

もちろん千鳥足なんかではありません。元気に直線的に動き回ります。大きくできないので、ウオーリーを探せ状態ですが・・・。
a0117893_22392291.jpg

a0117893_22405566.jpg

ママ?かパパの左手、ハハコグサのそばに一羽。
a0117893_22414910.jpg

あっという間に、ハハコグサを越えます。
a0117893_22422999.jpg

a0117893_22433119.jpg

画面中央の上のほうに、わかるかなあ・・・。
a0117893_22444382.jpg

ハハコグサの左斜め上に。
a0117893_2315322.jpg

親鳥は、心配そうに見守っていました。

大きいカメラがないのを、こんなに残念に思ったことはありません。自分の不注意を悔むばかり、涙が出そうです。早くレンズが帰ってきて、もう1回会えますように、祈ります。

途中のハーブ園には、たくさんの花々が・・・。
a0117893_22473063.jpg

途中であったカタツムリさん。道路に出てきて大丈夫かしら?
a0117893_22485795.jpg

すでに夏の花が。
a0117893_22501726.jpg

[PR]
by akaigabera | 2009-05-17 22:50