タグ:カイツブリ ( 9 ) タグの人気記事

冬羽のカイツブリさん・・・

優しい色に衣替えしているんですね。枯れた睡蓮の間にはたくさんの餌となる生き物がいるようです。

最初は小魚、次はザリガニ。糸のように見えたのはザリガニのひげでした。

みんな頑張って生きているのですね。元気に過ごす自分だけれど時々は落ち込むこともある、そんなとき小鳥さんにいっぱいの励ましをいただいています。

ありがとう!今年もいっぱい…お願いします。

a0117893_20375120.jpg


a0117893_2038121.jpg


a0117893_20383389.jpg


a0117893_20391598.jpg


a0117893_20395185.jpg


a0117893_20401099.jpg




久しぶりに若者達に会った気がする・・・。
私は本当にこの仕事が好きだ。
何もない日より充実した一日を過ごせる・・幸せなことと感謝しつつ今年も頑張っていこう・・・。

震災・原発事故・水害などさまざまなことがあった昨年、家族や友人の大切さをしみじみ感じた年でした。
無事に・・・健康で・・・みんな願いは一つですね。
   
[PR]
by akaigabera | 2012-01-04 08:02

どんな話を?

ゆうゆうと川下から泳いできたカモさん、大きな岩に乗って一休み、もしかしたらお昼寝だったかも・・・。

そこにやってきたカイツブリの子供、何やらカモさんにアピールしています。

なかなか気付かないので岩の近くまで寄って行きました。カモさんも認めて「あなた、なんじゃいな?」という感じでのぞきこみます。

「ぼくもそこに行きたいよう!!!」 ・・・甘える相手を間違えてしまっているのかな。

この優しい流れの川にはいつもカイツブリさんとカモさんが共存しています、もう他のカモさんも到着しているころでしょうか。

a0117893_813669.jpg


a0117893_82128.jpg


a0117893_822159.jpg


a0117893_824619.jpg


a0117893_83635.jpg


a0117893_834110.jpg


a0117893_841232.jpg


a0117893_844871.jpg


a0117893_85813.jpg


a0117893_864062.jpg





     泣き相撲ふと思い出し頬緩む

     薄目開け「もうあと少し」と眠る山

     膨らむも痩せゆく月も好きになり

     芳香の方に歩めば金木犀

     白黒の早朝ドラマ一目見ん

     小田代湖明けるを見たく小走りに

     ポンポンと青銀杏の愛らしき

     稚内君誕生の地を焦がれおり




     
[PR]
by akaigabera | 2011-10-08 08:15

白昼の流れにくつろいで・・・

仕事の帰り、少しそれてみました。しばらくぶりでのぞいた流れにいつものようにカイツブリさんとカモさんが・・・そして大きな鯉さんも・・・。

カイツブリさんは、美しい臙脂色の部分はすでに変わって、白っぽい感じに変身していました。(親鳥は臙脂の頭のままなのかな?幼鳥とのことです。やってることが可愛いのはそのせいですね。勉強不足ですみません。)

相変わらず息長く潜って、一体どこに出てくるのか想像がつきません。

カモさんとカイツブリさんはほぼ同じ場所に棲んでいて、時々面白いシーンも見られ、見飽きません。短時間なのに強い日差しで、また黒くなりました!

a0117893_7202710.jpg


a0117893_7204372.jpg


a0117893_720557.jpg


a0117893_7211318.jpg


a0117893_7212591.jpg


a0117893_10312181.jpg


昼下がり、川の流れの中でまったりとした時間が流れて・・・

a0117893_7231716.jpg




震災から半年が過ぎようとしています。いつ帰れるともはっきりしない中、避難されていらっしゃる方々の苦労を思います。
原発の事故により避難の方々は、壊れたわけでもない我が家も遠い存在。
事故によって壊されてしまった何気ない生活、心労に疲れも出ていらっしゃることでしょう。
どなたか朝の連続ドラマのヒロインが、火事でお店が焼けてしまったとき、「負けないでもっと幸せになってやりましょうよ 。」
と言ってたと書いていましたね。
震災も戦争も負ですけれど、いつか前以上によくなるように頑張るしかないんですね。
[PR]
by akaigabera | 2011-09-10 07:33

お魚をゲットしたカイツブリさんは・・・

蓮の間から何やら光るものを咥えたカイツブリさんが。小魚ですが、カイツブリさんにとってはかなりの大物ではないでしょうか。

しばらく咥えたまま移動した後、時々その魚を水につけるように、そしてまたしばらくして、魚を咥え直しました。

感心したのですが、水面をうまく利用してそれをやっているのですね。

いつも尾から食べるのかな?今度しっかり見届けないと・・・。

a0117893_756766.jpg


a0117893_7562474.jpg


a0117893_7563840.jpg


a0117893_7564946.jpg


a0117893_757584.jpg


a0117893_7571882.jpg


疲れると、蓮の葉の上で一休みします。
a0117893_758010.jpg

古代ハス、きれいでした!
a0117893_7583274.jpg



ヘビさんてみんなの嫌われ者なんですね。以前タイの動物園で大蛇を首に巻いたことがありました。
こわごわだったのですが、ひんやりしてとても気持ちよかったです。
昨日、オナガさんがあまりうるさく鳴くので見ますと、樹上の大きなアオダイショウを襲っていました。
あんなにたくさんのオナガさんに攻撃されてちょっとヘビさんがかわいそうになりました。

帰って庭木のトリムを。大きハチの巣があったのにも気付かず、2ヶ所刺されてしまいました。
祖父がやっていたように、いたかったですけれどその場所をギュッと絞ってお薬をつけました。
ひどかったら今日はお医者かなと思いましたが、真っ赤にはれていますけれど、大丈夫そうです。
別のハチの巣もありびっくりです。
[PR]
by akaigabera | 2011-08-04 08:05

カイツブリさんにヒナは誕生しないのかな?

いつか、かわいいヒナを背中に乗せたカイツブリさんを撮ってみたいと思っています。

ヒナにもそれぞれの旬があるようですね。

バンさんはヒナが黒いうちに撮りたいですし、ツバメさんも巣に勢ぞろいして大きなお口で餌を待つ姿が可愛いですし・・・。

でもそういうシーンはほんの短期間、こまめに通わないとみすごしてしまいます。

2羽でいるところを見ていないこの場所のカイツブリさん。もしかしたら卵を抱いているか、すでに子供を育てているかもしれませんね。だといいのですが・・・。
a0117893_713689.jpg

a0117893_7134190.jpg

a0117893_7135830.jpg

a0117893_7141532.jpg

a0117893_714441.jpg


近くの公園に、たわわに実るヤマモモ、だれもとらないのですね。コケモモ酒にしたら美味しいと思うなあ。
a0117893_7174323.jpg



今日も猛暑日。植えかえたトウモロコシがへたってしまいそう・・・。

少し黄色くなった梅が残っていたので、梅干しは大嫌いですが、料理には使うので作ってみました。この数日、外で天日干ししているのですが、1個勇気を持って食べてみました。意外にも食べられました。この暑さのせいかもしれません。
[PR]
by akaigabera | 2010-07-21 07:25

感動です!

草の上を匍匐前進してほかの鳥さんに近づこうとしていた時、眼前を素早く横切るものが・・・。

なんと※!

初めての出会い。胸の高鳴りがしばらく抑えられませんでした。

画像にはできませんでしたが、遠くまで行かないと見られないと思っていたので、近場で偶然に遇えて、本当に嬉しかった!!!!!!!

通いつめる理由ができてしまいました。



水鳥さんは普段あまり撮りませんが、とってもかわいらしいので・・・。


「きみ、年の割にはよく曲がりますねえ。荒川静香さんばりですねえ。」
a0117893_0204927.jpg

「とても気持ちいいわよ。あなたもやってごらんになったら!」
a0117893_021514.jpg

「奥の言うとおりやってるのが平和だねえ。」
a0117893_0241076.jpg

カイツブリさんにも久しぶり。
a0117893_0254738.jpg

a0117893_026164.jpg

やっと同じ方向を向きました。
a0117893_0263329.jpg




カメラを担いだり、お散歩だけにしたり、時間がたっぷりあるお休みを満喫。

途中、桜祭りのイベントでの若者たちの演奏を聞きに戻った公園は、人でごった返していた。

桜を愛でる雰囲気は全くない。

桜まつりって何だろう。



待ち時間はヨモギ摘み、思わぬ副産物。草もちをつくろう・・・。
[PR]
by akaigabera | 2010-04-04 00:34

一週間前、湖公園で

久しぶりに湖公園に行ってみました。

野良猫さんが、たくさんいました。なんで捨てるんでしょう。今年生まれのネコちゃんもいました。たくましく生きていってね。


コゲラはお久しぶりの撮影です。
a0117893_23541981.jpg

カイツブリの子供たちも大きくなりましたね。
a0117893_23551435.jpg

気持ちよさそうに・・・カモさん。
a0117893_2356213.jpg

桐の実?
a0117893_2358069.jpg

草原には、モズさんの声がけたたましく。
a0117893_23593283.jpg

株の間で背伸びして、様子を見ていました。
a0117893_003270.jpg

秋の陽を受けて、あざやかな花が・・・。
a0117893_013066.jpg

[PR]
by akaigabera | 2009-09-23 00:01

自宅にも、来てくれました。

昨日は、朝早く目がさめてしまい(いよいよ来たかなあ・・・。)、お庭と菜園に来る小鳥を観察しました。

慌てて撮ったのでひどいものですが、お山に行ってもなあんにも撮れないのですから。

今日は、もう少しましな画を撮ろうと、腕まくりして待っていましたが、現れません。

というわけで、昨日のご来訪記念です。
a0117893_9513251.jpg

a0117893_95147100.jpg

a0117893_1042740.jpg
こちらは、公園の高い木に登って鳴いていた、たぶんウグイスさん。公園はホオジロとウグイスだけでした。
a0117893_954232.jpg


K公園で、カワセミを撮っていると、お散歩中の方が、H公園でカイツブリが子供を背中に乗せているよと教えてくれました。

躊躇なく即決。

a0117893_9351175.jpg

a0117893_9353084.jpg

2組とおっしゃっていらしたけれど、3組の親子がいたような・・・。


すでに、子供はお母さんに乗らなくても、大丈夫のようで、盛んに潜水の練習をしていました。

中に1羽、練習嫌いなのか、2回に1回ぐらいしかしません。

カイツブリにも怠けたりさぼったりはあるのですね。

親はすごーく長く遠くまで潜れるのですが、子供はすぐに出てきてしまいます。

潜水の練習が終わると、お母さんは必死で餌をとっては子供に。子育ては疲れるなあ。

a0117893_9355950.jpg


こちらは一人っ子の家庭。子供も静か、お母さんも余裕ありそうでした。

親がほかの親とけんかした場面がありました。

しばらく帰ってこないお母さんを不安そうな挙動で待っています。

5・6分あったでしょうか。やっと親を見つけると一目さんにお母さんのもとに・・・。

本当におもしろい。ずっと見ていたかったけれど・・・。

a0117893_9554985.jpg

夏の花がきれいでした。
a0117893_1024786.jpg

a0117893_103550.jpg

[PR]
by akaigabera | 2009-08-08 09:44

カイツブリさんは芸術家?

昨日、湖公園では、冬の間たくさんのカメラマンを楽しませてくれた水場も、荒れ果てていました。

しかし、日々緑を深める木々たち、とてもさわやかに散歩できました。

湖には、カイツブリとカルガモぐらいしかいませんでしたが・・・。


顔に似ていませんか?カイツブリさんが2羽で作った作品です。
a0117893_16575550.jpg

美しい水面をゆうゆうと。
a0117893_16591329.jpg

はい、作者はこのお方です。可愛いで~す。
a0117893_1703644.jpg

クサイチゴの実、おいしそうに熟れていました。
a0117893_1732726.jpg

モミジにはとんぼさんが・・・。
a0117893_174746.jpg


水面を渡ってくる風が心地よかったなあ。
[PR]
by akaigabera | 2009-05-20 17:00