何度もホバして・・・

小魚を探していました。なかなか獲れず、獲れた時には思わず「よかったね。」と安堵・・・。

沼に続く水路でカワセミさんに遇いました。強風を避けてすすきの叢に時々羽を休めて・・・。

100メートルほどの間を12メートルほど間隔で、強風に向かってホバを繰り返しながら餌を探します。

また同じ場所に戻って同じ動作を繰り返す・・・。おかげでいっぱいホバシーンを撮らせて頂きました。

何度も何度も繰り返すので、疲れないか心配になりました。餌を獲るのも大変なんですね。

a0117893_7545115.jpg


a0117893_755433.jpg


a0117893_7551521.jpg


a0117893_7552718.jpg


a0117893_7554540.jpg


a0117893_7555525.jpg


a0117893_7561152.jpg


a0117893_7562321.jpg



今朝は静かなよい日、朝日が部屋の奥まで差し込みます。
昨日は、メジロさんの声が聞こえたので、リンゴを切ってオオデマリの木にさしました。
最初に見つけたのはヒヨドリさん、メジロさんは食べにきません。
白いモクレンが咲くころまでには来てほしいなあ。

今、修学院離宮をテレビでやっています。ますます行きたいなあと・・・・。

今日は若者達と合格祈願に・・・。
[PR]
# by akaigabera | 2012-01-03 08:03

イノコズチがお好き・・・

ベニマシコさんはセイタカアワダチソウの実が大好きなのかと思いましたらイノコズチもお気に入りのようです。

イノコズチを夢中になって食べていました。イノコズチの中に入ってしまうので、ここではスッキリな画像は難しそうですね。

a0117893_22494715.jpg


a0117893_22491411.jpg


a0117893_22503549.jpg


a0117893_2251615.jpg


a0117893_22514480.jpg


a0117893_2252326.jpg




     一年の安寧念ず初日の出

     2011出遇い別れの多くあり

     仮設にも温き正月訪れよ

     老若の踊る阿呆の輝けり

     目閉じれば竹山の三味聞こえ来る

     四十年太鼓一筋優しき音

     緩みたる腹震わせる大太鼓
[PR]
# by akaigabera | 2012-01-02 08:00

明けましておめでとうございます!

昨年は、大変お世話になり、ありがとうございました。

本年もよろしくお願いいたします。

皆様の健康とご多幸をお祈り申し上げます。

a0117893_8404368.jpg


a0117893_839892.jpg


雲間からなかなか現れない太陽、現れたときはとても感動しました。
復興への道はまだまだこれからですが、どうか今年は希望の年になりますように・・・。
これからも私たちにできること、考え実行してまいりたいと思います。
[PR]
# by akaigabera | 2012-01-01 08:55

お世話になりました!

散歩から始まった小鳥の観察から撮影へともう4年半ほどの時間が流れました。かかわればかかわるほど興味深く、今年も空いた時間があれば、撮影に・・・。

撮影先で出遇う皆様には、いつも刺激され、助けていただき、本当に感謝しています。鳥さんに魅せられた方々との出会い、また鳥さんやさまざまなお花や風景・動物たちとの出遇い・・・楽しかった・・・。

変事がなく健康でいられることがありがたいことだと・・・。家族の大切さも感じた年でした。

来年は平安で希望の持てる年になるといいですね。皆様、よいお年をお迎えください。



最後に何をと考えましたが、やはり嬉しかったコマドリさんに・・・。囀りに胸が高鳴りました。
a0117893_0565395.jpg



2011年、忘れることのできない3月11日・・・。
被災された方たち、原発事故で故郷に帰れない方々の胸中を思うと、胸が痛みます。
悲しく悲惨な災害でしたが、決して負けない気持ち、連帯する気持ち、確認できました。
亡くなられた方々へ心からのお悔やみを・・・そして被災された皆様、復興への道が整いますようお祈りいたします。
[PR]
# by akaigabera | 2011-12-31 08:04

いつもは見えないものが・・・

見えるとき、それがとてもすてきな色だったりすると・・・一瞬はっとさせられますね。

人に見えなくても自分を磨き、すてきな色を持つこと、難しいけれどとても重要なんですね。

今年はたくさんの出会いがあり、すてきなものをたくさん見せていただきました。

それは人だったり、景色だったり、生き物だったり、いろいろ・・・。そのたび自分はと問われました・・・・。

 
夕日や朝日も今までじっと見つめたことはなかったような気がします。すてきな光の妙に胸をときめかすことも・・・いっぱい。

a0117893_13295043.jpg


a0117893_13301326.jpg


a0117893_13501549.jpg


a0117893_13325548.jpg


a0117893_13332368.jpg


a0117893_13412788.jpg


a0117893_13414250.jpg



昨日は午前中、お墓のお掃除に行ったので、お掃除は午後からになってしまいました。
本当に日が短いんだなあと、大したこともしないうちに、暗くなってしまいました。
できたのは玄関まわりと洗面所、そしてひどく時間がかかってしまった台所、日ごろの手抜きが反省されます。
台所に3時間近くかかったけれどそれでも満足とは行きません。
まだたくさんの場所が残っています。
お料理もあるし・・・頭痛い・・・。

ストーブってありがたい。年越しそば用のニシンがうまい具合に出来上がりました。
[PR]
# by akaigabera | 2011-12-30 08:05

沼の風景・・・

あまり大きな沼ではありませんでしたが、水はとても澄んでいて、水鳥さんにとっては暮らしやすい環境のようです。

いろいろな鳥さん達の色々なしぐさに・・・どれも愛らしく心があったかくなりました。


ライナーのように向かってきて・・・びっくり。
a0117893_14152641.jpg


a0117893_14154115.jpg


バンさんの赤い嘴はきれいですね。
a0117893_14163350.jpg


ヒドリガモさんの明るい茶色の頭はよく目立ちました。
a0117893_14171189.jpg


a0117893_1418952.jpg


a0117893_14182444.jpg


まんまるですね。かわいい!
a0117893_14194413.jpg


どのカモさんの女の子かわかりません。
a0117893_14204762.jpg


オナガガモさん・・・。
a0117893_1422243.jpg

[PR]
# by akaigabera | 2011-12-29 08:23

両面から・・・

見ることができました。最初、羽ばたいてくれたとき、後ろ向きだったので少しがっかりでした。

でも前からのを撮ってみると、羽の様子が分かるのはうしろからの方・・・十二単衣の色重ねのように美しい組み合わせでした。

もっと鳥さんと遭遇していたでしょう昔の人々、十二単衣の色重ねももしかしたら水鳥さんにも倣うことがあったのかもしれません。

自然の色というのは補色のような関係にあっても妙にマッチするんですね。和服はたいがい絹、天然のものなのでのせた色が激しくても意外に自然に感じます。

化繊にプリントしたものは鮮やかで美しいけれど、深みが違います。

鳥さんの見えないところの差し色、とてもすてき。私も見えないどこかにすてきな色を持っていたいと思います。

a0117893_13483100.jpg


a0117893_13481785.jpg


a0117893_13482912.jpg


a0117893_13484068.jpg


a0117893_134851100.jpg


a0117893_1349161.jpg

前から・・・。
a0117893_13514724.jpg


a0117893_13533793.jpg


a0117893_13523514.jpg


a0117893_13551355.jpg

ロウバイ、もう葉が・・・。
a0117893_13553063.jpg




毎年、若者達が成長し変化していくのがとても興味深い。
誰しも目の前の障害物が近くで見えるようになると頑張らざるを得ませんね。
止められない毎年の楽しみです。
こうして彼らは大人になっていく・・・。目に力が出てくるんです。

年賀状やっと終わりました。慌ててやったので、いつも新年会のお誘いをする方たちに一筆添えるのを忘れました。
すみません。毎年、同じ3連休の真ん中の日、時間も同じです。
この場を借りてごめんなさい!
来年もぜひ!
[PR]
# by akaigabera | 2011-12-28 08:14

名前のごとく・・・

お顔回りが・・・! 複雑な色合いと文様のカモさん・・・。

到着しましたら、睡蓮でしょうか、枯れていましたけれど・・・その上でお休み中でした。

なかなか動きません。しびれを切らすころ、やっと動き始めました。こんな風によくお休みするカモさんでした。

オナガガモやヒドリガモさんが、餌をもらいに近づくのと比べると・・・びっくりするほど動きません。

エサのおいしさを知らないんかもしれませんね。また近くを餌狙いの別のカモさん達が通過しても動じる気配がありません。

珍しいカモさん、初見・初撮りです。

a0117893_0125785.jpg


なんてユーモラス!
a0117893_0131071.jpg


時々目を閉じて・・・。
a0117893_0132360.jpg


美しい背中の羽がしっかり見えました!
a0117893_0133542.jpg


a0117893_0135027.jpg


a0117893_0141197.jpg


a0117893_0142565.jpg


a0117893_0144187.jpg


a0117893_0145660.jpg


a0117893_0153536.jpg



走っているような毎日、一年さぼった付けが回ってきて、忙しいことこの上ありません。
なんとかお休みにお出かけができるようがんばっています。
後5つ寝るとお正月ですね。
振り返るのはまだ早いかな。
[PR]
# by akaigabera | 2011-12-27 08:00

やはり青い鳥さんはすてき・・・

24日以降は撮影に出かけられないので、色々見つけ出しての投稿です。

美しい青、見ただけで幸せな気分になります。今季もたくさんのルリさんに遇えますように・・・。

a0117893_22131716.jpg


a0117893_22133043.jpg


a0117893_22134441.jpg


a0117893_22135991.jpg


a0117893_22141120.jpg


a0117893_2213430.jpg


シジュウカラさんはいつでもいてくれるありがたい存在。美しい色ですよね。
a0117893_7332921.jpg


ラグビーのシーズン。
今年は常連の早稲田・慶応・明治が4強を逃したの記事。
スポーツはドラマですね。
昨年の覇者だから今年もというわけにはいかない。
だから面白いし興奮もする。楽しみな季節だ。
[PR]
# by akaigabera | 2011-12-26 08:00

上品な色合いに一目ぼれ・・・

本当は別のカモさん目当てで出かけたのですが、お目当てのカモさんより気に入ってしまったヨシガモさん。

濃い紫ともみどりともつかない・・光線によって変化する頭部。白に数えきれない羽がつくる美しい縞、初めての出会いです。

今年は沼にお邪魔する機会がたくさんあり、カモさんの名も少しずつ覚えるようになりました。カモさんの羽は本当に複雑で、よく見ると実に美しい。

♀の羽も抑えた色合いですが、近くで見るととてもすばらしい。そんな美しいカモさん達ですけれど・・・ヨシガモさんはシンプルな色の組み合わせで落ち着きますね。

私のベスト3は ヨシガモ・オナガガモ・マガモさん  となりました。

a0117893_21544741.jpg


a0117893_21551035.jpg


a0117893_21552695.jpg


a0117893_21554389.jpg


a0117893_21555958.jpg


a0117893_21562162.jpg


a0117893_2156499.jpg


a0117893_21571992.jpg


こちらは近くに寄り添っていたので♀かなあ。
a0117893_21583115.jpg



あまりテレビは見ないけれど、何気なくつけると「坂の上の雲」の再放送が・・・。ふと・・・幼いころに覚えたある歌を思い出した・・・。
歌詞の全文を知りたくて調べてみると・・・「水師営の会見」という軍歌だった。覚えていたのは1番と4番。
日露戦争、明治37年。覚えたのは私が小学生頃だったと思われるので、戦後50年くらい、太平洋戦争だってもう70年も・・・意外に近かったのだ。
たぶん祖父か父が歌っていたのを一緒したのかと思う・・・。辛勝の日露戦争、しかし苦しかった太平洋戦争もまだ生々しい時期、祖父や父の思いはそちらにあったのかもと・・・。

  1、旅順開城約成りて 敵の将軍ステッセル  乃木大将と会見の 処は何処水師営

  4、昨日の敵は今日の友 語る言葉もうちとけて 我は称えつかの防備 彼は称えつわが武勇


  

  
   
[PR]
# by akaigabera | 2011-12-25 08:02

女の子は愛らしい・・・

セッカ・カヤクグリ・ビンズイさんなど地味な鳥さんの好きな私ですが、色々な鳥さんの女の子も渋くていいですね。

ミコアイサさんの♂は目を引いて印象的な美しさですけれど、味わいという点では女の子も負けていません。

モカブラウンの頭の色がとても好きです。   光の悪戯、水の色が七変化ですね。

a0117893_18484484.jpg


a0117893_1849217.jpg


a0117893_18492628.jpg


a0117893_184958100.jpg


a0117893_18501767.jpg


a0117893_18503775.jpg


a0117893_18505722.jpg


a0117893_21423433.jpg



障子をやっとのことで貼り替えて、和室をかたずけると、今までと明るさがずいぶん違いました。
桜のお花模様にしたので、一足先に春がきたみたい・・・。
糊をつけすぎたりつけたないところがあったりするのですが、見た目にはオーケーです。
後は年賀状をなんとかしなくては・・・。
[PR]
# by akaigabera | 2011-12-24 08:01

耕したばかりの蓮田で・・・

タゲリさんに遇いました。遅い午後の陽を浴びて・・・きれいでした。

脚と嘴が泥んこなのが難です。美しい目ですね。前顔はとてもユーモラスなのですけれど、これは少し可愛く撮れて嬉しいです。

交通量の多い道路の端でなくて、時間がもう少しあれば、飛ぶところを待ちたかったのですが断念。

近場のポイントでは、朝8時半ごろになると集団で採餌に来るのですが、午後は別行動なのでしょうか。

ヘラサギさんの沼で午後見たときも1羽、今回も1羽でした。午後は別れて・・・ねぐらに帰る時はまた集合するのでしょうか。

a0117893_1824566.jpg


a0117893_18253230.jpg


a0117893_18255587.jpg


a0117893_18263359.jpg


a0117893_1827672.jpg


a0117893_18274070.jpg


そして同じ田に・・・トウネン・・・???   

上2枚はタカブシギさん、一番下はコアオアシシギさんだそうです。ありがとうございました。
a0117893_21391510.jpg


a0117893_21394584.jpg


a0117893_11521633.jpg



元お隣の奥様が網戸をはずして洗っているのを拝見して、今までは雑巾できれいに拭くだけだったのですが、さっぱりした感じに動かされて、網戸をはずして洗いました。
また、今回2度目の障子貼りにも挑戦です。はがして障子を洗ってしっかり干しました。

さて、意気込んで始めたのはいいのですが、網戸をつける段にになり、どうしても入りません。
一時間近く頑張ったのですが・・・どうにも・・・。
とうとう疲れて、元お隣の奥様に電話、「助けて!!」
夕刻でしたが、急いで駆け付けてくれて・・・。
なんと、逆さに入れようとしていたらしいのです。ちょっとしてすぐはめ込むことができました。

ついでに雪見障子のはずし方、障子の貼り方など、教えて頂きました。
こんな年までどうやって生きてきたんでしょう。忙しく過ごして他人任せだったので、何一つまともにできないなあ。
改めて主婦をしっかりやってきた彼女に感服。魔法のようにサッと片付きました。
持つべきは主婦達人の友人ですね。感謝それに拝みたい心境です。
[PR]
# by akaigabera | 2011-12-23 18:40

青空に映えて・・・(2)

ホシムクドリさんは虹色に光って見えるときがあると聞いていますが、午後の日差しを受けて、胸の辺りが少し玉虫色に光って見えました。

a0117893_79441.jpg


a0117893_793287.jpg


a0117893_710265.jpg


a0117893_7101941.jpg


a0117893_7104096.jpg


そして、ここに留まってくれたら・・この実をついばんでくれたらと・・・。
a0117893_9453683.jpg



障子をなんとしても貼り替えなくては・・・。思っているうちもう切羽詰まってきてしまいました・・・。


娘には何も残してはあげられないけれど、せめて美しい木をと・・・。
やっと、ヒトツバタゴを菜園の中央に移植。
後はナンキンハゼとケヤキ。ナンキンハゼは真っ赤に色づいたとき、はっとするほど美しい。
ケヤキは裸になった梢に雪が積もるときが最も。芽吹きもいいな。
大きな木ばかりになってしまい、植えられるような場所があるかは分かりませんが、今は一つ一つ集めてよい枝ぶりにするのが楽しみ。
[PR]
# by akaigabera | 2011-12-22 08:16

青空に映えて・・・

この場所は昨年訪れてから今回で4度目。2回は目的なしに他の鳥さんの帰りに。少しずつ様子が分かって来ました。

今年もホシムクドリさんが入っているとお聞きして・・・。

今ならムクロジの実が熟れて、それを食べにくるかもしれない・・もしかしたら電線どまりでないホシムクドリさんが撮れるかもと。

ムクロジの木があちこちにあるので、何度か木には移りましたが、画像は不可でした。一日粘ればなんとかなるかなと思ったのですが、帰りの時間が迫っていて45分間しか居られません。

電線に留まったムクドリさんの中にやっと見つけました。

a0117893_9315028.jpg


ムクドリさんより少し小さいでしょうか。他のムクドリさんとくっつくほどの距離にはあまり留まらないようです。
一人さびしくし少し離れてという感じが・・・。
a0117893_9322284.jpg


a0117893_9341440.jpg


a0117893_9343982.jpg


午後の日差しに逆光になった時、初めて深いブルーに見えました。この鳥さんも黒ではなく深い深い濃紺のような気がします。
a0117893_935640.jpg



蓮田のあるこの地域、もう蓮の収穫も終わり、そのあとの田を耕運していました。
たくさんの蓮田に花の咲く頃、今度は花を撮りに来よう
[PR]
# by akaigabera | 2011-12-22 08:15

先季、果たせなかった・・・(2)

ミコアイサさんとの出遇い。遇いたくて遇いたくて・・・。今年も来てくれて嬉しいですね。遠くからでもすぐに認められました。♂3羽、♀1羽。

♂は①すでに換羽がすっかり終わったもの ②ほぼ終わったもの ③まだ途中のもの と。換羽の様子がよくわかりました。

沼の遠いところで休んでいたミコアイサさん、しばらくして池畔近くで、水に潜っては食事です。

a0117893_1055435.jpg


a0117893_23442265.jpg


a0117893_23444029.jpg


a0117893_234531.jpg


a0117893_23452198.jpg


a0117893_23461278.jpg


a0117893_23463463.jpg


うしろをむくと黒い部分が目のように感じられてこちらを見ているようです。
羽のうしろの黒い部分に日が当たると・・・黒じゃないんですね、マガモさんよりさらに深い深い緑でした。
美しい水鳥さん、出遇いに感謝。
[PR]
# by akaigabera | 2011-12-21 08:15

先季、果たせなかった・・・(1)

パンダさんのような水鳥さんを訪ねてきました。公園の方にお聞きしましたら、そんなに慌てなくても来春までいますから・・・と。

今季、近くの公園にも♀あるいはエクリプスが入りました。。

換羽するのは♂だけかと思いましたが、♀も近くの公園で見たときと異なっていました。

アイサと名前がつくのですから、カワアイサ・ウミアイサ・コウライアイサさん達と通じるものがありますね。

換羽した♂は、大きな沼にもかかわらずかなり遠くからでもすぐに見つけることができました。パンダさんのように黒い部分の中に目があるのですが、よく見るととてもすてきな目をしてるんです。

公園の方が、池畔近くには小魚が多いので動きだしたら縁近くを見てくださいとのこと。一度見失ったのですが、その言葉の通りの場所で再び遇うことができました。

a0117893_112195.jpg


a0117893_22514383.jpg


a0117893_225234.jpg


水の色が美しく、同じなのに何枚も載せてしまいます。
a0117893_22522813.jpg


a0117893_22524877.jpg


a0117893_22531043.jpg


a0117893_113375.jpg


ミコアイサさんの♂は、どことなくブラボーさんに似ていました。

白い鳥さんは晴れの日に写すのは本当に大変です。
撮ったものの多くはどう見てもバッチリ白とび、たくさん撮りましたがたくさん消しました。

とうとう亡くなられたんですね。
69歳と言えばまだお若い。しかし悼む気持ちが湧いてきません。
しかし、死は全てをノーサイドに・・・。
良きにつけ悪しきにつけ人の上に立つのは大変だ。もしかしたら何度も自分の生まれた境遇を恨んだかもしれない。
ストレスはたまりほうだいだろう。
飢える人たちが多勢いる国、この機会にどうか開かれて、みなが人間的な暮らしができるようになることを祈りましょう。
次期の指導者が賢明でありますよう・・・・。
[PR]
# by akaigabera | 2011-12-21 08:14

小さな水路で・・・

ジョウビタキさんの女の子に遇いました。ツグミさんが木に留まっていたので撮ろうと近寄ると羽音が・・・。

枯れ草と葦の間を行ったり来たり。女の子はやわらかな色でとてもかわいらしいですね。近づくと上手に草陰に隠れてしまいました。

撮りやすそうで撮りづらいジョウビタキさんでした。今年もあちこちに去年の個体が入っているようです。また来てくれたことがとてもうれしいですね。

a0117893_927364.jpg


a0117893_9271832.jpg


a0117893_9273578.jpg


a0117893_9275494.jpg


a0117893_9282043.jpg


a0117893_9284186.jpg



日曜日は熊谷市で行われた「太鼓祭り」に。
太鼓・二胡・津軽三味線の大好きな私、毎年楽しみにしています。
大太鼓8名、組太鼓8組から日本一が選ばれるコンテストです。
空気を揺るがす太鼓を一日堪能しとても爽快な気分で帰宅しました。
特別ゲストの鬼太鼓座の演奏には圧倒され、ますます太鼓っていいなと思いつつ・・・。
外ではヨサコイやエイサーのたくさんの連が・・・。
踊っているる方々はかなりの年齢の方もいらっしゃったけれど、満ち足りた表情が印象的でした。
打ち込めるものに出遇った喜び、体を動かす喜び・・・いい表情。
来年は、こんな表情を撮ってみたいと思わせるものがありました。

こちらどこの連だったか分かりませんけれど、みんないい顔。
a0117893_9465720.jpg


我が町の連も参加してました。空っ風の強い中、旗を振る方はお疲れ・・・途中小休止の方も・・・。
a0117893_9471877.jpg


太鼓祭りは写真撮影禁止。お腹の皮に振動を記憶しました。
[PR]
# by akaigabera | 2011-12-20 09:38

水辺には・・・

いろいろな水鳥さんが集っています。以前は、池畔や湖畔にたたずむこともなかったので見る機会がなかったのですが・・・。

今季、ミサゴさんやクロツラヘラサギさんに何度も出かけたので、今までお目にかかれなかった鳥さん達にも遇うことができました。

今日の鳥さん達、写しているときは夕暮れで、同じ鳥さんかと思っていましたが、よく見てみるとそれぞれ違った3種ではないかと思いました。

疎い私にはなかなか判別がつきませんけれど・・・もし誤っていましたらお教えくださいね。

①イカルチドリさん?
a0117893_2359377.jpg


a0117893_00136.jpg


②コチドリさん?
a0117893_011291.jpg


a0117893_012986.jpg


③イソシギさん?
a0117893_022768.jpg

これはまた別???  (冬羽のトウネンさんと教えていただきました。)
a0117893_024776.jpg


a0117893_031493.jpg


a0117893_034559.jpg


夕暮れや暗いところでの撮影は難しいですね。あれこれやってみますが、難しいということだけが分かりました。
カメラの設定の仕方、画像処理双方に問題があるのだと思いますが・・・。
[PR]
# by akaigabera | 2011-12-19 08:14

青い小鳥は・・・

出遇うだけでも幸せな気分になります。数年前まで、こんな美しい鳥さんに近くで遇えることを知りませんでした。

初めて写した小鳥がルリビタキくん・・・。あまりの美しさに友人や家族に語っていました。

でもこのルリ色が美しくなればなるほど命の果てに近づいているんですよね。ですから、同じ場所で、次の年遇えた時にはとてもうれしい・・・。

今から来年もまたね! なんて思ってしまいます。でもまだーシーズンは始まったばかり・・・いっぱいいっぱい出遇えることでしょう。


お口にくわえていたのはクモでした。あまり明るい場所ではありませんが、クモならたくさんいます。いっぱい食べて元気に過ごしてくださいな。

a0117893_730306.jpg


a0117893_7343577.jpg


a0117893_7312837.jpg


a0117893_7314826.jpg


a0117893_735509.jpg


a0117893_7361996.jpg


a0117893_7365070.jpg


a0117893_737971.jpg


頭上の梢にちょこっと訪れたヤマガラさん。いつ見てもかわいい・・・。
a0117893_738417.jpg


そして・・・残りの紅葉・・・・。

a0117893_225039.jpg




10日ほどまえ、ある場所で珍しい鳥さんに遇いました。
でも、自信がなく、何度も遇いに足を運びました。
昨日、私が見たのが間違いなかったことが分かってちょっと嬉しい・・・。
居ついてくれて写せるといいな。

K氏、今朝稚内に向けて。病気ではないがよく効くという温泉に。ついでに生まれ故郷を訪ねてくると・・・。
一日一便しかないので、吹雪いたら飛ばない・・・北海道では何回か空港変更に出遇い難儀したことがあり、今回も余裕を持ってのお出かけです。
[PR]
# by akaigabera | 2011-12-18 08:18

まるで小鳥さんのよう・・・

トビさんは翼を開くと150センチ以上あるとのことですので大人の女性ほどもあるのですね。

草刈りが終わって表面を耕したばかりの草はらに2羽。トビさんは「生きた獲物をとらえることは少なく主に動物や魚の死肉を食べる」とありました。

耕運機の通ったあとにはたくさん犠牲になった餌となる小動物がいるのでしょう。

最初はトビさんか・・・という感じでしたが、近くに寄っても気付かないので・・・こんなマッタリの場面もないなあと思い写していくうち、ファインダー越しに見るトビさんがとてもかわいらしく思えてきました。

a0117893_66362.jpg


a0117893_662046.jpg


まぶしいくらいの午後の陽に目を閉じてみたり、のそっといかにも歩くのは不得意!みたいに歩いて近くの餌を食べたり、時には私をなあに?って顔で見ていたり・・・まるで小鳥のように愛くるしい・・・。特に前向きになるときの表情が気に入ってたくさん撮ってしまいました。

a0117893_67323.jpg

まぶしいなあ・・・
a0117893_68051.jpg


a0117893_681578.jpg


a0117893_682925.jpg


飛ぶ場面も何度かあったのですが、あまり長い間飛ばないでいるものですから、痺れを切らしているところを飛ばれ、せっかくなのに残念。

やっと撮ったカラスとの接触場面ではそのままお空にレンズを向けたので真っ黒になってしまいました。というわけで飛翔姿はありません。

a0117893_69830.jpg


富士山はいつ見てもいいですね。毎年増える障害物・・・・。


昨日は冬用タイヤに履き替えました。
ディーラーさんにお願いしましたら、家まで引き取りに来てくれ、お掃除までしてくださって・・・ほんと、ありがたい。
費用もガソリンスタンドでやるのとそんなに変わりませんでした。
これでこれからの早朝のお出かけも安心です。
過信はいけないと釘を刺されましたが・・・・。
[PR]
# by akaigabera | 2011-12-17 08:31

かわいい声が聞こえて・・・

お出まししてくれたのは、女の子。連れだって出て来ることが多いのですが、この時は一羽でした。ちょっと大胆かな。

ここはノスリさんも狙っているのですから・・・気をつけてね。

♂は相変わらず背景がきれいな場所に出てきてくれません。お年賀状画像はもうあきらめましたけれど、今季中には美しい背景で撮ってみたいものです。

a0117893_6291150.jpg


a0117893_6292495.jpg


a0117893_6284438.jpg


a0117893_6293832.jpg


a0117893_630263.jpg


a0117893_6302520.jpg


a0117893_6305155.jpg



日暮れの時間が早くなったので、夏場はお目にかかれなかった夕日を見ることができます。

観察センター(公園はもう少しで葦刈りが終了というところです。冬鳥さん達も遅れ気味とか・・・。)のニューレターの発送のお手伝いのあと、きれいな夕焼けに誘われて川岸まで・・・。

コンデジで数枚写すともう陽は山の稜線の陰へ。明日の晴れを予想させる美しい茜色でした。

a0117893_6454675.jpg


a0117893_646226.jpg


昨夜の月は少し赤味を帯びた黄色。ちょっと怪しい雰囲気でしたね。




     新月や主役を星に譲りけり

     寒風に連帯感増す鳥見かな

     孫を待つ今宵は赤き花を挿す

     茜雲の彼方にありや永久の国

     送電線連なる先は福島とふ

     軽やかに母の前掛けかけし日は

     ヤンゴンに寿司屋繁盛の記事ありて

     ミャンマーの旅現実となる予感
[PR]
# by akaigabera | 2011-12-16 08:20

表情豊かなカモさん・・・

カモさんもよく見ると百面相。遠くで見ると気付かないのですけれど、近くでじっと見ているととても楽しいです。

また羽が実に美しい・・・。大きな沼のお隣の小さな沼にたくさんのオナガガモさんがいて、いっぱい楽しませてもらいました。

こちらは大きい沼で時々見かける風景です。

a0117893_049364.jpg


a0117893_0492855.jpg


a0117893_0495129.jpg


a0117893_050118.jpg


a0117893_050334.jpg


a0117893_0505128.jpg


a0117893_0511187.jpg


a0117893_0513330.jpg


a0117893_0515040.jpg



昨日は出光美術館まで「長谷川等伯と狩野派」を見に。平日なのに混雑していました。

狩野派全盛の安土桃山時代、新興の画家 等伯 が台頭していきます。
そして狩野派にとって看過できないほど力をつけて行く等伯・・・。
いろいろな意味での闘いが・・・。

たくさんあった障壁画の中でも「竹虎図屏風」の虎は生きているよう・・・そして耳を掻くしぐさのは心が温まりました。
また「竹鶴図屏風」の中の鶴も・・・。♀は卵を抱いているのか目を伏せて優しい表情、それを守るかのように♂は猛々しい姿・・。
そして絢爛たる極彩色より、これらの墨絵が実に奥行きがあり、さまざまな想像をさせてくれるように感じました。
画像ももしかしたら白黒のほうがはるかに多くを語るのかもしれません。

そして、たくさんの鳥さんが描かれていることにも驚きました。
スズメ・カモ・セキレイ・コザギ・ツバメ・カラス・ムクドリ・ツル・キジ・ワシ・オシドリ・モズ。
中でも叭々鳥、ははちょうとルビが・・・額に少し羽が出ているのでたぶんハッカチョウではないかと思われますが、二作ありました。
よく日本画に描かれているオナガがなかったのは、能登の七尾の出身で京都を中心に活躍したらしいので・・・そのためでしょうか。

a0117893_122285.jpg


12月、東京はイチョウの黄色が見事でした。
[PR]
# by akaigabera | 2011-12-15 07:38

朝日の中で・・・(2)

太陽が顔を出し、光がオレンジから変化するころ、やっと餌場に向かって飛び立ちました。ゆっくりな朝なのですね。

この沼での滞在が決まったのでしょうか。時々いない日もあるようですが・・・。それとともにこの沼での動きも定着してきているようです。

初めのころ、池畔近くにということも多くあったそうですけれど、最近は中央部が多いとか・・・。

a0117893_7403720.jpg


a0117893_741169.jpg


a0117893_7412083.jpg


a0117893_7414075.jpg


a0117893_742736.jpg


a0117893_7422824.jpg


a0117893_7424575.jpg



繁殖のとき、♂は首のあたりが黄色くなり、頭にはすてきな冠羽をつけるそうです。
こちらでは見ることはできませんが、朝鮮半島や台湾では可能と・・・。
画像を拝見しましたら、とても美しい姿でした。

もう今年も残り少なくなりました。
寒さも一段と厳しくなりますね。
皆様、寒い野原での撮影・・・防寒対策しっかりして、風邪など召しませんよう・・・。
[PR]
# by akaigabera | 2011-12-14 08:01

朝日の中で・・・(1)

晴れの日に撮りたいと思い、天気予報の晴れの日とスケジュールと見比べながら待っていました。

早朝、太陽が上がってしまいませんようにと祈りながら、車を走らせます。

沼に着くとこぼれた朝日が差し込んで・・・。美しい沼の佇まい・・・。コンデジで一枚・・・ちょうど朝日が昇るところでした。

クロツラヘラサギさんは、他の鳥さん達と集団で沼の中央部分で夜を過ごした様子。まだ寝ています。

他の鳥さん達に動きがあってもなかなか動きだしません。やっとウオーミングアップ。朝日の中で他の鳥さん達もとても美しく見えました。

a0117893_7256100.jpg


a0117893_7252476.jpg


a0117893_7254279.jpg


a0117893_7342696.jpg


a0117893_7263167.jpg




時間限定でしたので、久しぶりの方々にもご挨拶の余裕なく・・・・。今度は孫の待つ我が家へ車を走らせました。
ご一緒の皆様、楽しい時間をありがとうございました。
[PR]
# by akaigabera | 2011-12-14 08:00

優しい方でした・・・

どっさり降った雨上がり、田圃道を走っていると、大きな鳥さんが・・・。ノスリさんでした。

田んぼの中の小さな立ち木に止まったり、下に降りたりしています。近くでしたのでなんとしても撮りたいと思い、車を畦道に・・・。

はて、出ましょうと思うとぬかるみにはまってどうにも出ることができません。近くのお知り合いにお電話しましたらお二方で来てくださり、何とか脱出の努力をしてくださったのですが、不可。

そちらの車もはまったら大変、JAFを呼ぶからとお引き取りいただいたのですが・・・。

Sさん、その後用事を済ませて再び立ち寄ってくださいました。そして、JAFの方が場所が分からず手間取っているのを迎えに行ってくださって・・・。

そして車が農道に出て私が大丈夫というところを見届けてくださいました。向こう見ずな私、その時は大いに反省したのですが・・・。

その後近くの公園でばったり、色々お話を・・・。本当にお優しい方でした。優しさがお顔に現れていらっしゃった・・・。

優しい方は早く逝ってしまわれるなあ・・・・。

a0117893_9185161.jpg


a0117893_9221484.jpg


安らかに・・・。花のない季節・・・美しい実を供えます。
[PR]
# by akaigabera | 2011-12-13 09:24

怪しい色に・・・

子供のころに見た月食、それはオレンジ色の記憶。本当にそうだったかしらと確かめたく待ちわびた皆既月食。

重なってもほのかに光を受けて、怪しい色に・・・・。

お仕事が終わらず、欠ける前の満月を撮ることはかないませんでした。途中からですが、しっかり最後まで見届けることが・・・心躍る時間でした。

ワインを開けてグラス片手の撮影。すごーく寒くてとても飲まずにはいられません。(笑)というわけで、どう撮るかも不明のまま、まあ撮ってみました・・・。

月食や日食のような非日常が起こった時、理由を知らなかった祖先はどんなふうに感じたのでしょう。恐れを持って見たかもしれません。

a0117893_1952283.jpg


a0117893_19521424.jpg


a0117893_19522663.jpg


a0117893_19524137.jpg


a0117893_19525184.jpg


a0117893_1953237.jpg


a0117893_19531510.jpg


a0117893_19533544.jpg


    見ることなき地球の姿現るる

    月欠けて星々光増しにけり



早暁、西に傾く満月は、昨夜の熱いドラマを微塵も感じさせず、凛と少し青ざめた黄色。
前方には雪を頂いた富士が・・・ちょっと左頬をあからめて・・・。
そして東からは温かい色の大きな太陽が顔をだす。
富士はさらに赤く染まりその姿をくっきりと・・・。
窓を開けて引き締まる程の空気も心地よい・・・。


今日のお出かけは、この瞬間だけで二重丸でした。
[PR]
# by akaigabera | 2011-12-11 20:07

ちょっと怖い目つき・・・

もうだいぶ経ってしまいましたが、横浜の公園でキンクロハジロさんに出遇いました。

お気に入りの池では30数羽も群れて、晩秋の陽を楽しんでいるようでした。中に大きな水鳥さんが主のように・・・。

横浜は都会ですけれど、公園がたくさんありますね。この公園では季節が異なりますけれど、リスやトラツグミ・マヒワさんにも遇いました。

豊かな自然とちょっと手の入った自然とが入り混じっています。梅や桜も季節にはすてきでした。

a0117893_9324349.jpg


a0117893_9331972.jpg


a0117893_934873.jpg


a0117893_9351356.jpg


カワセミさんやキセキレイさんも集う池・・・。

a0117893_9361171.jpg


a0117893_936389.jpg


a0117893_9371691.jpg


a0117893_9375790.jpg



今朝、おネギと三つ葉をとりに菜園に降りると霜が降りていて朝日にきらきら光っていました。
数個残った柿の実をムクドリ・ヒヨドリさんが食べに来ているらしく、かなりつつかれていました。
もう小鳥さんに開放した柿ですが、小さな子たちは大きい鳥さん達に気押されるのか来ないなあ。
 
今日は久々の快晴、みなさんもうお出かけかな。いい出遇いがあるといいですね。
[PR]
# by akaigabera | 2011-12-10 09:26

集団で小さな州に・・・

に降り立ったのはトウネンさん。表情も動きも愛くるしい鳥さんでした。

   クサシギさんと訂正いただきました。ありがとうございます。早速。

   ハマシギさんとのご意見もありました。

   本当に難しいのですね。皆様ありがとうございます。でも?マークがいっぱいに・・・。

浅瀬で盛んに餌を・・・。この沼では最も小さい鳥さんかな。夏羽は茶色い色がもっと濃くて美しいようですが・・・曇った沼地にすっかり溶け込むような冬羽でした。初めての出遇い、嬉しいですね。

沼には猛禽もときどきやってくるとか、仕方がないことだけれど・・・気をつけてね。

a0117893_831921.jpg


a0117893_833495.jpg


a0117893_834412.jpg


こんなにも大きさが違います。
a0117893_841684.jpg


a0117893_843099.jpg


a0117893_844322.jpg




外に出てみたら、なんと雪が・・・。この間もみぞれに遇いました。今季は雪が多いのかもしれませんね。
いよいよタイヤを履き換えなければ・・・いざというとき行けません。

昨日はこの間銀座で求めた七宝焼のジョウビタキさんの額を、緑バックのメジロさんのものと交換しました。
いつのまにか、鳥さんグッズが増えていっています。
マグネットもカワセミさんだったりモズさんだったり、玄関にもカモさん・・・画鋲も小鳥さん・・・。病ですねえ。
[PR]
# by akaigabera | 2011-12-09 08:16

初めての出遇い・・・

ハイイロチュウヒさんは鳥撮影をなさる方にとっては憧れの的のようですね。

でもなかなかピントが来ず、とても難しい鳥さんだと伺っていました。また、難しいからこそ惹かれてしまうとも・・・。

ハイチュウと皆様がおっしゃるのを聞いてお菓子と思ったくらい・・猛禽は興味ないなんて思っていたのですが・・・。

ミサゴさんで猛禽のすばらしさに触れてしまい、来春、菜の花のころになると少し早く明るいうちに飛ぶのでそのころがよいと伺っていたのですが・・・少し予備知識をと思い出かけてしまいました。

ワンチャンスでしたが目にすることが・・・。すすきの原や緑の土手を飛ぶ姿は蝶のような緩やかさと猛禽の素早さを兼ね備えていて・・・その美しさに一目ぼれです。

皆様のクリヤな画像を拝見するたび、自分の拙さを感じて2週間が過ぎてしまいました。でも、やはり初めての出遇いはこんなでしたと留めておかないと思いまして、お目汚しですけれど・・。

a0117893_2344318.jpg


a0117893_23443197.jpg


a0117893_23445272.jpg


a0117893_2345184.jpg


a0117893_234543100.jpg


a0117893_23471552.jpg


a0117893_23461715.jpg




今度の土曜日の夜は皆既月食が見られるそうな。
宇宙のドラマ・・・晴れの予想ですのできっと見ることができますね。
どうか曇りませんようにとお祈りしましょう。

昨日は、兄弟での墓参とお食事会・・・。
忘年会と義妹がある資格試験に合格したお祝の意味と・・・。
みな元気で年を越せそうなこと、心から感謝。
     
[PR]
# by akaigabera | 2011-12-08 00:00

久しぶりの銀座・・・(2)

街に灯がともると全く別の表情になるんですね。仕事がらなかなか夕暮れ時を味わうことができないので、こうした時間は私にはとてもすてきにみえます。

東京に出ても用事を済ましてすぐ戻ることが多いのですが、この日は銀座をよく知っている方とご一緒、あちこち穴場を歩くことができました。

行きつ戻りつ・・・楽しい時間でした。


日中はウインドウに建物や人が映ります。それもまた良し。私たちも写っていてそれはみなゴミ箱へ。

a0117893_875739.jpg


a0117893_881416.jpg


a0117893_882813.jpg


a0117893_88436.jpg


a0117893_885930.jpg


a0117893_892132.jpg


a0117893_894654.jpg




ご一緒してくれたのは元お隣の奥さま・・感謝!
結局デパ地下でも買い物をしてしまい、たくさんの荷物を持っての帰路。ねえ、今度は運動靴はいて
ゴロゴロひいていきましょうよ・・・ということに。
[PR]
# by akaigabera | 2011-12-07 08:13