<   2011年 11月 ( 33 )   > この月の画像一覧

枝乗りではなく・・・

ほとんど枝かぶりでした。別の場所で、着くなりすぐに遇えたのですが、逆光の上で背景のうるさい場所。

イノコズチの実を食べに来ていたのですが、中の小枝に留まるので・・・またもや年賀状画像はお預けに。

ベニさんにこだわるの止めないと御年賀状が遅くなりそうです。

a0117893_6352565.jpg


a0117893_636192.jpg


a0117893_6361998.jpg


a0117893_6364198.jpg


a0117893_637139.jpg


a0117893_6372076.jpg



元お隣の奥様が京都にいらして、それも桂離宮へ。
修学院離宮もそうですが、宮内庁に見学依頼のお手紙を出して、それもあまり数が多くてはダメらしく、日程を早いうちに調整する必要があるので、行けずにいます。
昨日、そのすばらしさを簡単にお聞きしたのですが、今日は鳥見の間にもう少し詳しくうかがおうと思います。


菜園の赤カブがだいぶ大きくなってきました。
今年は赤いお野菜こだわってラディッシュや油いためするとおいしい赤っぽい葉っぱの菜も蒔きました。
お正月に紅白のカブのお漬物を出したいな。
   
[PR]
by akaigabera | 2011-11-30 06:45

縄張りの場所?

車を走らせていると、チョウゲンボウさんのシルエット。どうもこの辺りが縄張りのようです。

次に通ったときもまたこの近くにいました。そういえばここはとても狩のしやすい場所。ちょっと時間があったので待ってみるとまたもどってきました。

他の猛禽類と比べるとチョウゲンボウさんやコチョウゲンボウさんの眼はとても優しそうです。

今度じっくり待って飛びだすところや青空を飛ぶ姿を撮ってみようと思いました。

a0117893_6534515.jpg


a0117893_6541884.jpg


a0117893_6545553.jpg


a0117893_6554122.jpg


a0117893_656437.jpg


a0117893_656589.jpg


目の前にあった灌木にスズメさんが・・・。可愛いお目目をきょときょとさせて・・・。

a0117893_6562983.jpg




若者達、我が町で行われた県内のB級グルメ大会に行ってきたらしく、その話で盛り上がっていました。
行田市のゼリーフライが一番だったと意見が一致。
中学生になると家族ではなく友人たち同士でのお出かけも多くなり、彼らも大人になった気分のようです。
得意に話すそれぞれのお味、一家言ありで思わず笑ってしまいました。

うち続くススキの原は曇りで渋いですがとても美しい眺めです。
その中を送電線がずっと規則正しく。
お尋ねすると、この送電線の先は福島原発なのだそうです。
美しい夕暮れの風景を複雑な思いを持って見つめながらの鳥さん待ちでした。
[PR]
by akaigabera | 2011-11-29 07:11

角度によって・・・・・タゲリ(2)

色が全く違って見えるタゲリさん。陽に当たると美しい玉虫色に輝きます。

最初の日はいるのを確認しただけで遠くて画になりませんでした。一日置いて行ってみると、8時ごろになり集団で・・・。

それでもまだまだ遠い。歩ける一画で。仲間と離れて食事中の数羽を見つけました。お食事に夢中で・・・撮らせてもらえました。

食べていたのはミミズでしょうか。

a0117893_731088.jpg


a0117893_731153.jpg


a0117893_7313249.jpg


タヒバリさんも食事中でした。

a0117893_7315886.jpg


a0117893_7325723.jpg


a0117893_7331577.jpg


a0117893_7583778.jpg


a0117893_7585616.jpg



この朝、富士山がとてもクリアに。雪を頂いた富士は毎日見ても飽きません。
でもいざ画像にと思うとなかなかよい場所が見つかりません。色々な障害やら不自然なものが入ってしまいます。
近くまで行かないと富士山の美しい姿を写すのは難しくなりました。


昨日は、初めての場所へ。
お世話になったり、ご迷惑をおかけしたり、コメ欄で存知あげていた方々にもお目にかかりました。
皆様、ありがとうございました。
[PR]
by akaigabera | 2011-11-28 07:39

玉虫色の羽も・・・・・タゲリ(1)

とても美しいですけれど、羽を広げたときの白とお尻のオレンジがアクセントになって集団で飛ぶ姿はさらにすてきでした。

全く別の場所二ヶ所で大きな集団に。一ヶ所ではノスリにもう一ヶ所では大きな音と振動に追われて何度も場所を移動していました。

それでも餌場には折を見てまたもどってくるようでした。時間をかけて観察していたいと思いました。

a0117893_7195792.jpg


a0117893_720121.jpg


a0117893_7481992.jpg


a0117893_72051100.jpg


a0117893_7203658.jpg


a0117893_7211074.jpg



お庭を手入れしてからお花がどうなったか気になって起きるとすぐに見に。
昨年の葉ボタンを移植しておいたのが残っていて何本も枝の途中から目を出して少し大きくなっていたのを、根もついていないのですが頑丈な茎と共に分けて植えてみました。
たぶんついていますね。とても丈夫だこと!
今年は葉ボタンは買わないで済ましてしまいましょう。
[PR]
by akaigabera | 2011-11-28 07:22

日の出前の川岸は・・・

とても幻想的でした。川霧が雰囲気を盛り上げて・・・。色を抑えた世界もとても美しいものだと感じ入りました。

モノクロにこだわってお撮りになっていらっしゃる方の気持ちわかるなあ・・・。

オレンジの日の出も撮りましたが、せっかくの日の出が圏央道の橋に邪魔されて風情がなくなってしまったのがとても残念でした。

ミサゴの沼でお会いした方がおっしゃっていた通りでした。

a0117893_8183958.jpg


a0117893_8185756.jpg


a0117893_8191925.jpg


a0117893_824711.jpg


まるで露天風呂に入っているみたい・・・。
a0117893_8194944.jpg


a0117893_820936.jpg


朝日に向かって深呼吸・・・かな。
a0117893_8211527.jpg


草叢も朝日の中で輝いて見えました。
a0117893_8255767.jpg



今日は風もなく、撮影日和ですね。
皆様、良い出会いがありますように・・・。
[PR]
by akaigabera | 2011-11-26 08:29

緑がかった黄色の・・・

お腹が太陽に照らされると、実に美しく輝いて見えます。公園のアオジさんも春までにはすっかりなじんで、ジョウビタキさんと共にいつも出てきてくれて、とても癒される存在ですね。

色づき始めた桑の葉っぱの中で見ると全く同じような・・・。

a0117893_7194688.jpg


a0117893_720525.jpg


a0117893_7202567.jpg


景色がよければこんな引いた画像もすてきなのですが・・・。

a0117893_7214941.jpg


a0117893_7221244.jpg


a0117893_723235.jpg


モズさんが気持ちよさそうでした。

a0117893_7235810.jpg



窓越しにお庭のヒメシャラの紅葉が朝日を浴びて美しく透けて見えます。
あちこちのイチョウもきれいな黄色に染まりました。
こんな時期東京を訪れるとイチョウが美しいですよね。
こんなにたくさんイチョウが植えられていたのだなあといつも改めて思う晩秋です。

星の美しい季節・・・昨夜もきれいでした。
[PR]
by akaigabera | 2011-11-26 07:27

夕陽を浴びて・・・

少しオレンジに染まったハクチョウさんの飛翔姿、とても美しく、思わずレンズを・・・。

帰りに寄った白鳥の憩う沼。ハクチョウさんはもぬけの殻で、たくさんのオナガガモさんが陸に上がってクローバーのやわらかな葉を好んで食べていました。

しばらくすると、遠くにハクチョウさんが・・・。こちらの沼には降りず、いつもの沼の別の場所に・・・。降りたあたりを帰りのぞいてみると、いました、いました、たくさん。

いつもパンを上げるらしき方が、「コッコッコー」と呼ぶと、一斉に集まります。オオハクチョウ・コハクチョウ・・コブハクチョウさんも・・・。

私には見分けがつきませんでしたが、ピンクのくちばしのはコハクチョウさんの若者とのこと。「はるかシベリアから頑張ってきてくれたんですよ。」といとおしそうにおっしゃったのが印象的でした。

みな鳥さんの健気な姿に元気をもらったり優しい気持ちにさせてもらったりしているのだなあと思いつつ、素敵な夕焼けを見ながら帰途に。

a0117893_151121.jpg


a0117893_1503627.jpg


a0117893_1513597.jpg


a0117893_1515128.jpg


a0117893_152575.jpg


a0117893_1522378.jpg


ミサゴさんの沼に通うようになり、コブハクチョウさんを近くで見る機会が頻繁に。
あの優雅なハクチョウさんのイメージからは想像できないほどのがっちりした体形。
重さもかなりあるのでは…水際を歩くとき、丈夫そうそうなひれの足が沈み込むんです。
ですから、あの重いのが飛ぶんだーと思うと迫力を感じます。

3日間かけてお庭周りのお手入れを。
菜園で増やしていたお花たちを移植したり…今年はsanaeさんがお好きだった冬咲きのクレマチス・3種を素敵な支柱を立てて植えてみました。
お花が咲くの楽しみ・・・。
[PR]
by akaigabera | 2011-11-25 14:05

青いお空を映して・・・

水の色も美しい・・・いつもの沼なのに違って見えます。

遠くの浅瀬にはシギさんがくつろいで・・・。中に足の悪いシギさんがいるそうです。鳥さん達には病院がありません。自然治癒するか、そのことが原因で命を落とすこともあるでしょう。

人間も生きていくのは大変ですが、生き物すべて生きることには様々な困難が伴うのですね。永~い眠りのときこそ本当の平安が訪れるのかもしれません。

名前が分かりません。  逆光なのがかえって静かな感じに受け取れるかな・・・・・。アオアシシギさんということです。。皆様、ありがとうございます。

a0117893_9392018.jpg


a0117893_939343.jpg


a0117893_9405462.jpg


a0117893_941622.jpg


a0117893_9412759.jpg



お空には・・・マガモさん、きれい!
a0117893_942763.jpg


近くにはカイツブリさん。
a0117893_9423893.jpg




軍政のミャンマーで、スー・チーさんの選挙への立候補も認められるとか・・・。
世界一安い労働力をうたって、外国からの企業誘致を促進させるという・・・。
国を富ませるには民主化が必要ということのようです。

少女の頃読んだ「ビルマの竪琴」 水島上等兵の心にいたく感じ入って何度も何度も地図で見たっけ・・・。
名前は変わってしまったけれど、私の中ではいつもビルマのまま・・・。
ビルマの西海岸側には無数の島々があるのに気付いて、いつか訪れたいと思っていました。

もしかしたら、行けるようになるかもしれないと・・・記事を見て・・そんな気が!
[PR]
by akaigabera | 2011-11-24 09:52

なかなか枝には・・・

乗ってくれません。ベニマシコさんの男の子は恥ずかしがり屋さんかな?

撮ってもばっちり枝の陰・・・。仕方ないので水場のを集めてみました。

ベニマシコさんは紅猿子と書くそうで、♂は少し離れて見ると顔がおサルさんのようです。愛らしい所以ですね。

何回も通っているので少しずつ分かってきましたが、ご登場のとき 仲間と示し合わす小さなフィッフィッの声が聞こえます。

抑えた赤と銀色の組み合わせ、冬鳥のアイドルですね。羽を開くとまたまた美しい。いつか偶然でなく羽を広げた姿をとらえてみたいと思いました。

枝乗り課題はまたもやお預けです。

a0117893_65104.jpg


a0117893_6511389.jpg


a0117893_6512496.jpg


a0117893_6513719.jpg


a0117893_6514766.jpg


a0117893_651578.jpg


a0117893_652144.jpg


a0117893_6522819.jpg


a0117893_6524193.jpg




高校時代の部活の仲間と年1回の山歩き、毎年楽しみにしているけれど、最初の計画日は雨で変更、今回もまた・・・。
でもそれでは温泉でもと・・・。
何を話しても構わない古い馴染みの友、お風呂でおしゃべり、食べながらおしゃべりと楽しい時間・・・。
朝から晴れて山にも行けたねとみな思ったけれど・・・これもまたよし・・・会うのが目的だからね。
みんな、ありがと!来年も元気で会いましょ!

        ツワブキの陽独り占めする小春かな

        たくましき母となりゆく子まぶしき

        雲・芒飛ばす風にも富士不動

        翅広げ蝶くつろげる日向かな

        燃え落ちる大阪城見しねね思う

        年一度逢瀬明日に友ら思う

        秋深し友楽しめや雨の古都

        昭和歌謡歌詞味わえば胸熱し

        満月や避難所に光明のあれ
[PR]
by akaigabera | 2011-11-22 07:11

沼の風景 (3)

カワウさんは今や嫌われ者なのだそうです。たくさん食べたくさん糞もするので、寄せない対策をしているところもあると聞きました。

この沼の一角にも集団をなしています。そして時々は移動して・・・。また時には大きな羽を陽にかざして・・・乾かしているのでしょうか。

黄色い顔の部分以外は黒いのかと思っていましたが、濃い茶の美しい色でした。

遠くの方で餌を取り合っていたので・・・。

a0117893_725047.jpg


a0117893_7252368.jpg


a0117893_7255559.jpg


a0117893_7261786.jpg

ポチャン。
a0117893_7264328.jpg

ちゃんと拾い上げました。
a0117893_728679.jpg


a0117893_7372489.jpg


a0117893_7291368.jpg


a0117893_7294998.jpg




水鳥さんはもちろんですけれど、小鳥さんたち、生きるものすべてにとって水はとても大切なんですね。
汚さずにと思います。
[PR]
by akaigabera | 2011-11-20 07:34