<   2010年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧

コルリさんに遇ったお山でちょっとお顔を拝見した・・・・

カケスさんです。斜面の上でしたが、なかなか見える場所に出てくれません。

カケスさんの鳴き声はいただけませんが、きれいな色の組み合わせの羽の鳥さん、いつか大きくそして鋭い目もくっきり撮ってみたいです。

もう、あちこち探しても載せるものがありません。はやくカメラが戻りますように。

a0117893_764623.jpg

a0117893_771266.jpg

お山に行く途中、涼やかに・・・。
a0117893_774026.jpg


軽井沢にいらしてた元お隣の奥様から、いろいろな鳥さんを見たというお土産話?私たちはお互い自慢話だと思っているのですが(笑)・・・。あまりにたくさん見ていらしたので、よだれが落ちそうでした。

サッカーの試合を見ながら、お土産の地ビールを頂きました。

昨日は、大宮までお菓子のショーを見に。

お昼から頂いたアルコールのせいで、元気いっぱい。そのあと鳥さんを見つけに行き、お庭の木も残していたのを全部散髪。

ダーウインも龍馬も・・・そしてイングランド戦のオウンゴール2つに悲鳴を上げて・・・。

一昨夜も卓球の応援。

鳥さんを撮らないと時間も体も持て余してしまうなあ。
[PR]
by akaigabera | 2010-05-31 07:22

良かったね!

小鳥さんを撮る時、出会いがあれば撮っている野良猫さん達。いつもしまってしまうけれど、今回はとても嬉しかったので。

カメラを向けると歩き方がぎこちない、左前足にテーピングが。

骨折でもしていたのでしょうか、どなたかが巻いてくださったのですね。

最近、野良さんに声をかけるとすぐに仲良しになれるようになったガーベラですが、警戒心の強い野良さんにテーピングするのはどんなに大変だったことでしょう。

このテーピングのおかげで、多少困難があっても餌を確保することができ生きていくことができるでしょう。

きっとテーピングなさった方は、治ったらとってくださる、暖かい心を感じ、胸が熱くなりました。

a0117893_639929.jpg

周りは美しい緑でした。
a0117893_640081.jpg

a0117893_6403136.jpg


我が家の野良さんの風太くんは未だに帰りません。お岩さんの優くんがいるからなんですけど・・・。

優くんは痩せていて皮膚病かつ怪我もしています。今、ミルクに混ぜてお薬を。

最初は般若のように歯をむいていたのですが、「ご飯ですよ~」と声をかけると、椅子の陰に置いたご飯を食べに来ます。少し優しい顔になりました。

驚きなのは、風太くんは他の飼い猫とケンカしていたのに、優くんは仲良くやっているという点です。

あまりに気の毒な状態に我が家のネコたちも排斥しないんでしょうか。

a0117893_65636100.jpg


我が家の夢多くん、最近困ってしまっています。ネコは飼い主にプレセントをするそうですが、毎日のように、それも私が座る座布団に置いてあります。

旅から帰った晩には、蛇が裏返しになって。翌日は大きないも虫がごろんと。トカゲは毎度のこと。「いけないよ!」と見せてしかるのですが分かってくれるでしょうか。

湘南の気まぐれ親爺さんのところには12匹も野良出身のネコたちがいると書いてありました。12匹もいたら、どんなことが起こるのでしょう。

a0117893_735623.jpg

実家のスイレンがちょうど開花。赤いのもまたいいな。

この時期はやはり落ち込んでしまいます。でもまた明るく!
[PR]
by akaigabera | 2010-05-30 07:08

「在庫」・・・なんて甘美な響きでしょう!

今年はコチドリさんの画像は望み薄なので、去年のものを。

在庫のほとんどないガーベラにとっては、今年のがないのはさびしいけれど、昨年のがある!なんて少し嬉しい。

ずっと見守っているコチドリさんがいなくなってしまい、心配していたのですが、100メートほど離れた場所に移動していました。

畑は土ですが、畑の前の道路は未舗装でコチドリさんの好きな砂礫地になっています。

カラスの多いこの場所は子育てには不安でしょうが、ふさわしい場所が減ってきているようです。

親はとっても勇敢で、身を賭して子供を守るシーンを何度も。親子の場面はいいですね。

a0117893_715271.jpg

a0117893_715567.jpg

a0117893_7161334.jpg

a0117893_7163162.jpg

a0117893_7165076.jpg


薫る風あおもみじ揺れる湖面かな

かすかな香エゴの花のありか告げ

鮮明に焼きつきしまぶし朝の陽

亡き君の万博で書きし文届く

初めての子猫ともに愛でし日々

山ほどの喜び悲しみ置き行きし

忘れまじ「手伝いに戻るよ!」太き声

平静には過ごせぬ重き雨の降る

硬質のよく並びし歯の笑顔なき

「一人背負わず教えて」と笑みし君

あと二週薫る風受け輝きし君
[PR]
by akaigabera | 2010-05-26 07:34

いたく気にいったようですね・・・

松尾芭蕉は150余日の旅の内40余日をこの時期の山形で過ごしたそうです。

美しい雪山・早苗の植えられた田んぼ・みずみずしい若葉・おいしい山菜、そして人情味あふれる山形の人々、分かる気がしました。

尾花沢の鈴木清風という方のところにも数日お世話になったようですが、私はその清風に心をつかまれました。

俳句もたしなむ粋な風流人の豪商。
江戸に紅花を売りに行ったところ、江戸の商人達は紅花を買いたたこうと結託してひどい安値の申し出。憤った清風は、紅花をすべて焼いてしまった。紅花の値段はうなぎ昇り。清風が焼いたのは実はほんの一部で景気良く焼いたのは鉋屑。清風は巨額のお金を儲ける。そして清風はその金は宵越しのあぶく銭とて、吉原を3日借り切り遊女たちにお休みをあげたそうな。大名でも大変だという花魁がこの清風の心意気に惚れ込み恋仲に。

豪胆なすてきな感性のお人ですね。この話を読んでいて俳句を一つも覚えて来なかったなあ。

清風のお屋敷の鳥さん    タンチョウさんの子育て、この辺りにもいたのかもしれません。
a0117893_6355857.jpg

ウズラさん。
a0117893_6364175.jpg

カモさん、種類は分かりません。生活のいたるところに生き物が・・・。
a0117893_637108.jpg

日常使われていた品々、雪国らしいものも。またこんなのを着て旅したのかななんてものも、想像が広がって・・・。
a0117893_6392276.jpg
a0117893_640910.jpg

町を外れて平野にでれば、美しい雪山が。
a0117893_643272.jpg

ランチに寄った焼肉屋さん。私は山形のそばを食べたかったけれど・・・。1050円で目にも鮮やかな厚切りカルビが。それにもましてコーナーに設けられたテーブルには、今朝採って料理したという山菜の料理が並べられていて食べ放題。お肉が来る前にあんまりたくさん食べたので、すでに満腹。でもお肉は美味、写真を撮るのも忘れてぺろりと平らげてしまいました。それにしてもおいしかった、コシアブラのテンプラ、山菜とお肉の炒め物、コゴミのごま和え、知らない山菜山ほど。
a0117893_6512351.jpg

a0117893_6515096.jpg

おいしい旅は大好き!



昨日、ユリにははまっている方の奥様から、かわいらしいユリの花を頂いた。

少女たちが集まって楽しいおしゃべりをしているような明るい感じ。

息子のためにお持ちくださったのだ。

さりげなく・・・本当にありがとうございます。
[PR]
by akaigabera | 2010-05-25 06:57

コルリさん、やはり可愛い!

もうないかと思っていたのですが、ちょっと残っていて嬉しかったです。

もうすぐネタ切れです。

a0117893_625259.jpg

a0117893_6255888.jpg

a0117893_6274612.jpg

a0117893_6282012.jpg


緑の中で、透けて見える花弁がきれいでした。
a0117893_630160.jpg


昨日は公園で二つとても素敵な出会いがありました。

一つは風来坊さんにお目にかかったこと。企画運営される公開講座は地域還元のためとか。

参加の子供たちは生き生きとしていました!子供たちの興味は大きく広がったことでしょう。

風来坊さんの勤務なさるとこだからできるおもしろそうな講座がたくさんあり、今度は参加させていただこうと思いました。

もちろんおいしいジェラードも出会いの一つでしたが。(笑)


もう一つは、雨で参加者がいず、かり出さた感じで参加した「園内観察」の催し。

全く興味を持たずに参加したのですが、公園の方とボランティアの方の楽しそうに虫たちを見つける様を見て、歩くうちにだんだん面白くなってしまいました。

小さな虫たちのとても賢い知恵をたくさん知って、今度はメモ帳を持って参加したいなあ。


重い雨。この時期、毎年ひどく降ります。梅雨に入ったかのよう・・・。

でもこの雨の後はからっと晴れたりするんです。印象的に心に刻まれてしまったこの季節の天候。

何かしてないと落ち着かない。



小さき虫鮮やかなる色ルーペ欲し

傷つけて葉しおれるを待つ小虫

すっきりとかつ優しかり地の氷菓

児ら喜々とのぞくレンズの先は雨

菜園の手入れを終えて雨を待つ

生き物のそは人の危機心憂き
[PR]
by akaigabera | 2010-05-24 06:58

西のお山で遇ったキビタキさん・・・

余り近くには来てくれませんでしたが、やはり美しいですね。

相変わらず鳥さんを見つけるのが遅く、皆様がいらっしゃらなかったら見つけることができませんでした。感謝!

それにしても美しい緑、今お山は新緑から少し色濃くなっていることでしょう。

また訪れてみたい・・・どんなお花が咲いているかな?

a0117893_11245261.jpg

a0117893_11251825.jpg

a0117893_11254093.jpg

a0117893_1126104.jpg


キビタキさんにも負けないほど美しい山吹色でした。
a0117893_11271047.jpg

a0117893_11273552.jpg



あいにくの雨ですが、先ほどまで菜園の手入れをしていたので、雨はとてもありがたい。

菜園の雑草を取り除き、日当たり風当たりを考えて、お花や木を移動したりカットしたり。

やっているときは大変だと思うけれど、終わりに近づくにつれて、満足感がある。

忘れていた花が生きていてくれたりしてちょっと嬉しかったなあ。

アヤメ・ジャーマンアイリスもほぼ終わり、今は薔薇の季節。カスミソウ・ツユクサも咲いて優しく風に揺れて。

トマト・なす・ピーマン・キュウリ・ねぎ・玉ねぎ・ミツバ・サニーレタス・イタリアンパセリ・パセリ・ブロッコリー・イチゴ・さやえんどうなど。

ブラックベリー・ラズベリー・ブルーベリーも。

そしてたくさんの花々を植えられるほどの土地を盆暮れの挨拶だけで貸していただけて本当にありがたいと思う。地主さんに感謝です!
[PR]
by akaigabera | 2010-05-23 11:41

ホオジロさんの軽やかなステップと腰つきを・・

見てくださいな。この後水に飛び込んで水浴びをしました!

a0117893_722287.jpg

a0117893_7225389.jpg

a0117893_7231434.jpg

a0117893_7233865.jpg

a0117893_7241196.jpg

a0117893_7245689.jpg

a0117893_7253875.jpg


旅の様子をと思ったが、どうもそんな気になれない。口蹄疫で殺される豚さん達のことを考えたからかな。昨日は真面目に菜園の草取りをした。風が通ってみな気持ちよさそう。もう少し今日も頑張るぞ!
シジュウカラ・ムクドリ・オナガさんの声がする。



心では幾度もスナイプ金正日

地獄絵図口蹄疫殺現場
[PR]
by akaigabera | 2010-05-22 07:26

旅の一番はヤマカガシの家族に・・・

遇ったことでした。えっ、そんなことがとお思いでしょうが、日常遇えない出会いに感動を覚えます。

銀坑道に向かう石段を上っているとき、数段上を歩いていたカップルの男性が「ぎゃーつ!!」と走り降りてきました。彼女をかばうのも忘れたかのように。

「どうしたのですか?」と尋ねると、「ヘビ!へび!」と。

みるとヤマカガシ(猛毒を持った毒蛇だそうです。)が2匹階段を下りてくるではありませんか。背の高いその男性は目線で見た蛇に仰天してしまったようです。

a0117893_711974.jpg


よく見ると、あとからもう1匹出てきて3匹揃ってさらに降りてきました。父親・母親・子供のようです。

こちらの様子にも気付いたようで、子供を急かせながらかばうように。

もうこの時点で胸キュン。大きく撮ろうと慣れないコンデジで。後で画面にうまく入っていなかったことを確認してがっかりしましたが・・・。

a0117893_76344.jpg

a0117893_763846.jpg

a0117893_771122.jpg

a0117893_7819.jpg


階段わきの落ち葉がたまっている辺りに逃げ込み、とぐろを巻いてなりすまします。
母親は父親の下に、子供はしっかり寄り添って・・・。父親の姿に尊厳を感じました。脅かしてしまってごめんなさい。
a0117893_782816.jpg


連れの女の子をかばわずに駆け降りた男性、今の男性は女の子の前でこんな姿見せてもだいじょうぶなんだと驚きました。

昔、こんな場面では、男子はいつも勇敢だったのになあ。でも、これで良いのかも・・。これならよその国と戦うなんてこともないでしょうから。

これからの日本は戦わず頭とハートでやっていくしかないようですね。



お目汚しになりました。山形のすてきな花を!もう終りに近い桜桃の花とシラネアオイ。
a0117893_719944.jpg

a0117893_7194352.jpg


川の字に石段降り来へび親子

枯れ葉まで子へび急かせて行きたまふ

へび家族寄り添い擬態す落ち葉かな

基地どこに迷走の果て同案に



今、口蹄疫で殺処分にされる場面を「カワセミコの・・・」をのぞかせていただき、悲惨な様子を知りました。涙がこぼれてやみません。そして現場で処分にあたらざるを得ない人たちの苦しみを知りました。痛ましい限りです。リンクしていますので、読んでみてください。
[PR]
by akaigabera | 2010-05-21 07:24

晩春のY町・・・

私のお気に入りの場所は今Y町とK町といつもの公園。

忙しくしていたころは、Y町は通り過ぎるだけの場所。

疲れを癒すために歩き始めた桜堤公園。この頃からY町の自然の美しさに惹かれてきました。

今回初めて訪れたホオアカポイント。ここもまたすばらしい場所でした。

美しい田園風景、土手に咲き乱れる花々、いい町ですね。

今までより少し近づくことができました。セッカさん。飛んでいるのは何度も確認しているのですが・・・、次回はもう少し大きな画像になりますようにお祈り中。
a0117893_6354657.jpg

a0117893_636269.jpg

もうツバメさんが勢いよく飛んでいました。ホオアカさんとの共演です。下の共演者は何でしょう、ハチさんかな?
a0117893_6363770.jpg

a0117893_6365737.jpg

菜の花の奥にはオオヨシキリさんが大きな声で・・・。
a0117893_6395476.jpg

a0117893_6402755.jpg

水が入ったばかりの田にはチュウサギさん?かな。指摘されたのですが良く区別が分かりません。優雅ですねえ。
a0117893_6423239.jpg

a0117893_6425255.jpg



撮りたい鳥さんをいろいろ考えています。
 ①いろいろな鳥さんの親子
 ②いろいろな鳥さんの求愛給餌
 ③赤い鳥さん、アカショウビン・コマドリ
 ④クロツグミ
 ⑤お花がらみの鳥さん
 ⑥そうそうサンショウクイも。
[PR]
by akaigabera | 2010-05-20 06:48

頭部から続く白い曲線が印象的な・・・

ムナグロさんにまた遇いに行ってきました。

田んぼに2羽3羽でいる姿は遠景でも画になります。

田んぼの作業とともに現れる時期限定の鳥さん、初夏の風物詩ですね。

a0117893_6264314.jpg

a0117893_6271310.jpg

a0117893_6274740.jpg

a0117893_6282723.jpg

a0117893_6285240.jpg

a0117893_6291536.jpg

a0117893_6353193.jpg

同じ田に飛んできたシラサギさん。チュウサギでしょうか。区別がよくわかりません。
a0117893_6565423.jpg


コチドリさんの卵4個がすべて無事に孵りました。

ムクムクでわんぱくな姿をとらえたいけれど、カメラに不具合が生じて入院中。

かなり距離があるので、小さいカメラでは写せません。涙が出るほど悲しい。

この時をずっと待っていたのに、指を咥えて見守るばかりです。

代替機かそれに準ずるものの必要を感じています。
[PR]
by akaigabera | 2010-05-19 06:37