<   2010年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

我慢比べに負けました!

キジさんの♂にあってから40分ほど、幌打ちの瞬間を撮りたいと粘ったのですが残念。

強い日差しを浴び、輝いて美しい。

何をしているのかと思ったら、菜の花を摘んで食べていました。
a0117893_6412944.jpg

a0117893_6414831.jpg

a0117893_642457.jpg

a0117893_6422210.jpg

a0117893_6431262.jpg

開花したらさぞかし見事でしょう。
a0117893_6234216.jpg

昨日は墓参に。

途中、裏庭のあたりを通ると、ヘリコプターで救助訓練中。

でも、その時、夕化粧さんは今年今まで遇えなかった鳥さんに。

美しい枝乗りを撮られていたなあ。


  アイナメの皮パリッと歯に心地よき

  孫娘ウエートレスきどりサーブする

  大勢がごちそうとなる旗日かな

  孫娘腕まくりする台所

  白き花惹かるるは我になきゆえか
[PR]
by akaigabera | 2010-04-30 06:20

美しい場所で遇う鳥さんは一段と・・・

美しく見えますね。

きれいなキセキレイさんに遇いました。

渓流の音にも負けないくらいの大きなさえずりで伴侶を探しアピールしていました!

a0117893_7451697.jpg

a0117893_7493197.jpg

a0117893_7472977.jpg

a0117893_7474488.jpg

a0117893_851496.jpg

a0117893_7481730.jpg

a0117893_88566.jpg



太陽が懐かしい感じ・・・。しばらく怪しかったお天気もやっと落ち着くかしら?

昨日は、一日お仕事。がんばったなあ。ちょっと疲れたけれど充実感あり。

連休は、いっぱい撮影に出かけられると思っていたけれど、思いのほか野暮用で忙しい。

青い子、黄色い子、赤い子にも遇いたいし、子育てのシーンもたくさんみたいな。



 猫ら伏しくつろぎおりぬ花筵

 涼やかな白いお花に惹かれます!

 窓開くればコデマリの白倒れ入る

 光受けすばやき流れ碧なる

 藤の房見ている間にもうごめけり

 闘いに敗れて戻らぬ猫あんず

 子ら抜きの入試制度は七変化

 歴史知る権力の行方ああ無常

 ヒトツバタゴ見損なわじと通い詰め
[PR]
by akaigabera | 2010-04-29 08:03

美しい若芽の季節も、もうすぐ深緑に・・・

なってしまいます。

期間限定の美しさですね。若芽にはさわやかな春風も雨もお似合い。


小さくても一人前の形です!イチョウ。
a0117893_638267.jpg

ミズキ。やがてお花は白に。
a0117893_6392289.jpg

これは何だろう。コナラかなクヌギかな??
a0117893_6394946.jpg

ツルニチニチソウ?青いお空を映したよう。
a0117893_6403721.jpg

カラタチ。毎年気になって見つめていましたが、初めて遇いました。鋭いとげが・・・。歌のようです。
a0117893_6411252.jpg

アケビ。まさにアケビ色!
a0117893_642155.jpg

クワ。昔、学校帰りに食べ過ぎて、おなかをこわしました。去年食べてみたらやはりうまかった。(笑)
a0117893_6441343.jpg

まるまると。コウメかな? 可愛いけれど梅干しは大の苦手。
a0117893_6452496.jpg

ニワトコ。ふさふさしてきれいだなあ。
a0117893_7683.jpg


 
強い雨が・・・。ナンジャモンジャの花が咲き始めていると気になっている。咲き初めが見たいのだけれど・・・。



傷つきても気高き様よ残り花

はぐれ猿仲間を得しに胸熱く

蝶のよにステップかろく花を撮る

「私も」は不得手「私は」を通し来ぬ

シャガの花岩に寄り添いひめやかに

オフの日は皮のパンツ纏う人

ページ繰る親指愛し人逝けり

碧き沢求婚ダンスすキセキレイ

恋をするキセキレイの黄深まりて
[PR]
by akaigabera | 2010-04-28 07:27

親子の場面を見ずに帰ってしまいましたので・・・

翌々日、再び。

最初の日より行動範囲が広がっていました。間隔を置いて、いくつかの岩の上に現れますが、ずっと遠くに。

苔のある岩が好きなようでしたが、もしかしたらこれも学習の成果かもしれません。動きはさらに敏捷に。

しかし、まだ餌は自分では調達できないようですね。皆様のブログにもたくさんのおねだりシーンがアップされていました。親と同じくらいの大きさなのに、やはりまだ幼く庇護が必要なようです。

流れが緩やかな小岩で。
a0117893_6333968.jpg

何か親から指示があったのでしょうか。前の少し大きな扁平な岩に移ると、親鳥が。「ママ~、どこに行っていたの~、おなかすいたよ~。」
a0117893_6345821.jpg

「お兄さんのとこよ。遅くなってごめんなさい。ひとりで待っていられたのね。いい子ねえ。」 
a0117893_6373023.jpg

「はやくごはんにして~。」
「ちゃんといい子にしてたら、おいしいご飯をあげますよ。」
a0117893_6393325.jpg

「はああーーーい。」      親鳥は流れにもぐってお魚か水生昆虫らしきをとります。泳ぎがとても上手でした。でも、雛はお母さんの頑張りを見ていません。
a0117893_644796.jpg

「はい、坊や、ごちそうですよ。」
a0117893_6444624.jpg

「ママ、おいしかったですう~。もっとほしいよう~。」
a0117893_6482379.jpg

「あらあら、まだ足りないの?さっきの大きかったでしょ。」
「さっきのよりおおきいのたべたいよ。ママ、おねがい、ぜったいとってきてよ~。」
a0117893_6515199.jpg

おねだり攻撃に、ママは再び。 「ママはああしてとるんだなあ~。」 今度はしっかり見ていました。
a0117893_6563158.jpg

待ってる時はちゃんといい子にしている姿や喜びや欲しい気持ちを全身であらわす雛の姿、親鳥の必死に餌を捕る姿、見られてとても嬉しい!


先ほど、ハトさんの ククッククック ククッククック という声が聞こえた。
夏の始まり。ハトさんは、あまり晴れている日には啼かないような気がする。ちょっと曇ったこんな朝がお気に入りかな。

昨日は仕事の合間に八重桜を摘んで、大きな瓶に塩漬けを。お祝い事やいいことがたくさんあって、使い切りますように。
   
[PR]
by akaigabera | 2010-04-27 07:05

新緑の中で遇うことができました・・・

ミソサザイさんは、小さな体に似合わず大きな声で高らかに囀ります。

ガールフレンドを探す間も巣材を集め口いっぱいに咥えて。

高い木の上で囀っていたかと思うと今度は岩の上。

ミソさんを見ていると「一所懸命」という言葉を思います。

渓流の音を聞きながらの撮影は、とても心が開放されて・・・。

現地でお会いした皆様、楽しい時間をご一緒いただき、ありがとうございました。

a0117893_6164947.jpg

a0117893_6172018.jpg

a0117893_6174592.jpg

a0117893_618736.jpg

a0117893_6184186.jpg

a0117893_619668.jpg

a0117893_6193868.jpg


よい場面になると、手に力が入るのか、顔よりたくさんの苔を咥えたところ、可愛かったのにぶれぶれ、今度はこのことに気をつけてみようと思いました。

あまり緑がうつくしいので、周囲の緑もと思うと大きくできません。


  岩魚焼くこうばしき香沢に満つ

  風寒し沢の音の交差する辺り

  ミソサザイ高らかになく登山道

  やわらかに下弦の月抱く八重桜



この数ヵ月、ずっと胸から離れなかったこと、ある若い女性を傷つけてしまったのでは・・・。

申し訳ない気持ちでいっぱい・・・。
[PR]
by akaigabera | 2010-04-26 06:26

カワガラスのヒナの冒険

水しぶきで濡れた岩で滑ったり、急流を飛び越えたり、岩から岩へ泳いだり、見ていて飽きることがありません。

初体験の冒険旅行。

2時間余りなのに、いろいろ学習し、成長していく様子に、胸をうたれます。

a0117893_6215139.jpg

a0117893_6223266.jpg

a0117893_623334.jpg

a0117893_6232950.jpg

a0117893_6241259.jpg

a0117893_6243974.jpg



今日はすてきな晴れ! お庭の八重桜が4分咲き。

今年は少しとって塩漬けを作ろう。


野良猫の風太くんの姿が見えない。

もうすっかり慣れていて、もう一度病院行きに挑戦して我が家の猫になる予定だったのに。

2日ほど前、よその猫とケンカしていたので、こわいのかも。

帰ってきますように!
[PR]
by akaigabera | 2010-04-25 06:30

あまりたくさん撮ったので・・・

カワガラスさんの整理には時間がかかっています。

お仕事もあって撮影にもいけませんし、今日は一週間ほど前の公園から。

カルガモさん、春の陽を楽しんでいました。
a0117893_75198.jpg

a0117893_7341644.jpg

ツグミさん、色、きれいですね。
a0117893_76829.jpg

a0117893_763190.jpg

久しぶりにアオゲラさんにも遇いました!


ジロボウエンゴサク?
a0117893_782564.jpg

梨の花、葉が梨色ですね。地味ですが美しい・・・。
a0117893_785416.jpg


運転中、薄紅色に咲くリンゴの花を見かけました。梨の花は品がいいけれどリンゴは可憐。藤村の詩を思い浮かべました。写してみたいなあ。



新緑やカラス二羽の寄り添いて

渓流の淀みに小さき花筏

「もっとお!」って言っているよ雛の口

花びらを数えてみたし大牡丹

マクロレンズ小人になって探検す

悲しみの壺の涙は干上がりぬ

近頃は感動涙の多かりき

花塊は日々白を増しおおでまり

心にもドップラー効果あるを知る
[PR]
by akaigabera | 2010-04-24 07:23

ファーストステージはここだったのでしょうか?

最初を見ていなかったので分かりませんが、初めて認めたときは、滝をはさんで反対の岸。

30分ほど動きませんでしたが、動き始めてからは、初めての冒険旅行でした。

見ている方もハラハラドキドキ。

こけたり、岩に飛び移ったり、溺れそうになったり、思わず頑張ってとシャッターを押す指に力が入ってしまいます。

相変わらず、筋肉を弛緩させているのだと思いますが、ぴくぴくと上下に動く動作と目のライトの点滅は続いていました。

そんな操作をしながら、岩の上を歩きまわります。この際画像の鮮明さはさておき、かわいい表情を見てくださいね。

初舞台
a0117893_7111234.jpg

a0117893_7114733.jpg

a0117893_7123753.jpg

a0117893_7133578.jpg

a0117893_7141027.jpg

別の場所へ。しばらく見つけることができず・・・。
a0117893_7155217.jpg

a0117893_71723.jpg

a0117893_7184737.jpg

a0117893_7194645.jpg

こんなにいっぱい撮ったことはありません。まだ続きが・・・。


昨日は、元お隣の奥様と長年の友人と三人、着付の練習会を。
今回で3回目。私も着付を教えるのは二人が最初。忙しくみんなの都合を合わせるのは大変だけれど、おいしいランチ付きの練習会、楽しかった。
「教えること」は「教わること」、再確認することが多かった。自分が迷ったところは、皆様も同じ、何度もその部分をやって慣れてもらった。これは普段の仕事も同じ。
皆様、とても上達が早くうれしい。 
Sさんのお母さんの丸帯は、振袖を染め直したシックな着物にぴったり。これでどこにでもお出かけ可能ねっと。昔のものはすばらしい。
Oさんは万筋の彼女にしては地味目な着物。ピンクの優しい帯が華やぎを添えて。立ち姿が美しい。
Sさんの心のこもった手料理。新筍の若竹煮、ウドの酢味噌和え、筍ごはん、モズクのお吸い物、アジのお刺身、ウドの芽のテンプラ、べったら漬け、水菓子はグレープフルーツ、デザートはシュークリーム。おいしかった!!!そしてすてきな器の数々、軽井沢彫の箸置きがしっかり食卓をしめていた。








   
[PR]
by akaigabera | 2010-04-23 07:47

花の季節から緑の季節に・・・・・

変化のときですね。

生まれたての若葉もヒナ。美しい緑の中にいると、気持ちが穏やかになります。
a0117893_945117.jpg

a0117893_951265.jpg

a0117893_9540100.jpg

八重桜が優しくちょっと重々しく満開でした。
a0117893_965798.jpg

a0117893_971620.jpg

残りの山桜?
a0117893_9142212.jpg


お庭にも・・・。オオデマリ
a0117893_9825.jpg

アメりカハナミズキ
a0117893_99619.jpg

a0117893_992826.jpg

a0117893_995747.jpg


昨日は、汗ばむ陽気だった。

一心に仕事をこなし疲れた目で見る花々に心が慰む。

今日はしっとりと雨、雨もまた良し。

お花の苗を植えたので今日の雨は嬉しいなあ。
[PR]
by akaigabera | 2010-04-22 09:12

最初の一枚から最後の一枚まで・・・

数々の成長のドラマのある2時間余でした。かわいいかわいいカワガラスのヒナ・・・。

なんてすばらしい時間を過ごすことができたんだろうと・・・。

ボケボケの画像も可愛いしぐさだったりして消すことができません。


教えていただいても一体どこにいるのか確認すらできなかった最初。

まだ、ヒナは巣だって間もなく、まったりしているところでした。

見つけたときの感動・・・忘れません。胸がジーンと。


体を上下にピクピクと動かし続け、目も定期的に信号のようにライトを放ちます。

体を動かすのはなぜでしょう。成長のためには必要なものなのだと思いますが・・・。

定期的なライトは何のため?親に居場所を知らせるため???

親鳥はしないので、ヒナだけに必要なことですね、きっと。調べてみましょう!


向こう岸の滝の縁から、私がいたこちらの岸まで、2時間余。これは2時間と少し経ったときの凛々しく恰好いい姿です。もう、コケません!
a0117893_913912.jpg

a0117893_9133990.jpg

a0117893_914249.jpg

a0117893_9144149.jpg

a0117893_915343.jpg

a0117893_9153986.jpg

a0117893_9161320.jpg


近くで見つけたヤブレガサ
a0117893_916335.jpg


現地でご一緒の皆様、楽しい時間をありがとうございました。



昨日は、まっしぐらこの場所に出かけてしまった。親鳥さんとのシーンを一枚も撮ることができなかったから、なんとしてもの思い収めがたく。感動的なシーンも見ることができとても嬉しかった。
そのあと、娘の友人の赤ちゃんに会いに病院へ。久しぶりに見た赤ちゃん。3850グラムもあったそうな。フックりしたしっかりした赤ちゃんだった。小鳥さんも人間も赤ちゃんは無垢でかわいい。私に二人目の孫ができたみたいなものだ。無事に産まれてホッと。

野良猫の野性的なる恋実れ

目を細め小鳥もかぐや春の香を

残り花砕ける流れに色添えて

猫らみな草陰に入る春がすみ

みどり児の小さき指に希望の芽

みどり児は芽衣と決まりぬ芽吹きどき
[PR]
by akaigabera | 2010-04-21 09:28