<   2009年 04月 ( 33 )   > この月の画像一覧

やっと背景に緑が・・・。

裏庭には、あふれんばかりの菜の花が咲いているのに、今まで、背景はいつもお空、それも菜の花ではなく、葦の枯れ枝どまり。

皆様のように菜の花に乗ったのを撮りたいと出かけたのですが・・・。

設定がおかしく、パニックしてしまい、「取扱説明書」を持っていかなかったので、元に戻すのに、すごい時間がかかってしまいました。

気を取り直して、やっと・・・。でも、ピン甘でした。そして菜の花もだめでした。

     オオヨシキリ  ×セッカ (皆さんから訂正されましたとおり、オオヨシキリでした。セッカの鳴き声してたように思うのですが、最初ヒッヒッヒッと鳴き始めたんですが・・・。オオヨシキリの声はK公園でいっぱい聞いていたはずなのに・・。悲しいよ。) 
 時間をおいて定期的に現れてくれて、ありがとう。
a0117893_22391694.jpg
a0117893_22394778.jpg
a0117893_2240698.jpg
a0117893_22402933.jpg
a0117893_22404763.jpg
a0117893_2241878.jpg

裏庭は限りなく美しくて、立ち去りがたかった。
a0117893_22425974.jpg

場所をかえて、渓流へ。昨日の雨で水かさが増し、いつものように鳥さんには遇えませんでした。カワセミさんに遇いに行ったのですが・・・。

     かわいらしい女の子のセグロセキレイ? (セグロセキレイの幼鳥だそうです。)
a0117893_22462744.jpg

カワラヒワ  草の実をついばんでいました。ほっぺたふくらませて、うまそうに。
a0117893_22491254.jpg

     渓流脇で、お弁当をいただきました。このまま渓流の水音を聞きながら昼寝でもという気分。桐の花が美しい。年々、咲くのが早くなるなあ。
    桐の花は、こうして画像で見ると、小さく感じますが、意外に大きな花です。
a0117893_22553259.jpg

パラグライダーする人たち・ピクニックする人たちで、とても鳥さんが出てきそうな環境ではありません。

ナビを見たらどなたかのブログで見た小学校の分校が出ていたので、ドライブがてら、※※※の農産物直売所まで足を伸ばしました。

帰って、家周りの草取り、菜園の手入れ、お隣の奥様と共同の花壇の草取り。

菜園のお花を摘んで、アレンジしてみました。ハハコグサ・ナルコユリの葉・シャスターデージー・名知らずの緑葉。とても気に入りました。もちろん、自己流名取です。
a0117893_2353819.jpg

[PR]
by akaigabera | 2009-04-26 23:07

野蒜、おいしかったよ!

朝から、雨。今日は朝早起きして、昨日片付かなかった仕事を終えて、昨日、前のお家の奥様にいただいた野蒜を調理した。

やっぱり酢味噌和えかなと、一寸湯がいて、一品完成。
a0117893_1437191.jpg


さっぱりしていて、さわやかな春のお味。いけますね。残りは夜に。絶対、日本酒にぴったりだ~。

そのあとテレビをつけたら皇室の番組を。ちょうど皇居内を散策する天皇・皇后も野蒜を採られていた。

記者かカメラマンがどのように食べるのかお聞きすると、酢味噌和えでしょうか と応えられていた。




そのあとは、予約しておいた美容院へ。さらに短くカット。だんだん短くなるなあ。



毎年、秋の終わりに、カスミソウをたくさん畑に植えるのに、苗を買い忘れてしまっていたのが気になって、お花屋さんに。

3日ほど前にも行ったのに、売り切れだったので、昨日市場から届くというので、また、足を運んだ。

安い宿根のものでないのを求めたかったが、今後こういうこともあるかと思い、宿根のものを。値段が6倍くらい。

うーん、絶対絶やさないぞ!

さらに種も買い込んできた。白いカスミソウを添えると、どんな花でも10倍は可愛く見える。絶対欠かせない。



帰り道、水を張った田んぼに何やら水鳥が。双眼鏡とカメラを家まで取りに戻って、再出発。

なあんだ。カモさんか~。(カモさん、ごめんなさい。)


10日ほど前に、求めた黄色のオダマキ  元気に定着したようだ。
a0117893_14552717.jpg

ナニワノイバラ  つぼみが500個くらいありそう。ヒラヒラと美しい。明日はもっとたくさん開くでしょう。楽しみです。
a0117893_15142773.jpg

[PR]
by akaigabera | 2009-04-25 15:12

盛りだくさんな課題

最近、朝早く出かけることが多くなったので、5時になると目覚めてしまう。

今日は出かけないで、少し乱雑になったお部屋の片付けに精を出し、アイロンかけを山ほど。引出しをきれいに畳んだもので満たすと、いつになく気分がすっきり。

私は、見た目、片付いているタイプ。姉は、片付いてないように見えるが、見えないところが、きちんと整理されている。

押し入れの中は、人にはのぞかせられない。

a0117893_9425297.jpg


鳥撮りに出かけると、動物や植物にも触れるので、知識が足りない。

子供が小学生の頃の図鑑ではね・・・。

というわけで、お花の図鑑2冊と樹木の図鑑1冊を求めた。

でも、最近、これらにも載っていない「帰化植物」なるものがあるそうな。

知識の塊のような方々がいらっしゃるので、その辺は、お教えをこうことになりそうだが・・・。

そういえば、鳥さんの本にも、ガビチョウ・ソウシチョウなどのっていない帰化種もある。

鳥の本でほしいのは、上空を飛ぶ猛禽類を下から写したものや見分け法が載っているもの。

a0117893_9431883.jpg

最初読んだとき、全く意味不明な「取扱説明書」

しかし、3か月も経つと、少しずつ、こんがらかった糸がほぐれるように、内容が分かるようになってきた。

まだまだ駆け出しの私、少しずつ、自分のものにする楽しみ。

それに、学ぶ側になって、学ぶ者の進歩の過程や気持ちを理解できる。

難しい内容は、興味を持って、繰り返し、継続的に学習しなければ、身にはならない。

よい、経験である・・・・。

a0117893_9484854.jpg

私と深ーいかかわりのあるK氏、とーてもインタレスティングな人物である。

今でも、読ませたい切り抜き、パンフ、本を押しつける。

今回は、長い連休だからと、こんな本を。

ゲバラは、若いころの私の心をとらえ放さなかった。今でも・・・。

最近、映画もあったが、やはり見に行かないことにした。イメージが崩れるのが怖いから。

連休はアウトドアだっていうちゅうに、わかっとらんな~。

でも、まあ、食指が動いている。


やることがいっぱいで、本当に忙しい。おかげで時間のやりくりと家事をいい加減に済ませることがうまくなったなあ。

a0117893_1054472.jpg

          アメリカハナミズキ  以前住んでいた家の二階から、大きなハナミズキノの木を見下ろす、それはそれは壮観だった。
[PR]
by akaigabera | 2009-04-24 10:00

お山は静かでした。きっと抱卵中かな?

何か変化があったかしらと気になる気になるミソさんの渓谷。お嫁さんをもらいそびれているミソさん2羽のみ。静かな流れの音の響くお山となりました。まだ、孵らないのですね。いつごろなのでしょう。

もらいそびれて、真剣なのか、低い岩や草木にはとまりません。良く目立つようにか、人工物の上でしか囀らないので、とうとう渓流近くで撮ることはできませんでした。
a0117893_15531159.jpg

もっときれいにしてっと!
a0117893_15304857.jpg

ここが一番目立ちそうだな。
a0117893_15313997.jpg

キセキレイさんは、緑の中で、そりゃもう、美しく輝いて見えました。
a0117893_21422532.jpg

何やらくわえて体を動かします。
a0117893_2144079.jpg

あっちへ向いたりこちらに向いたり、黄緑の新しい葉は、太陽に透き通って見えます。
a0117893_21442886.jpg

渓谷のシャガ 凛として涼やかに。
a0117893_15362750.jpg

アオキの実  かわいらしく自己主張して。
a0117893_15401651.jpg

行く途中の浅くて広い沼で。カワウとダイサギかな?
a0117893_15415889.jpg

家には、もう夏草が咲いていました。
a0117893_21534469.jpg

[PR]
by akaigabera | 2009-04-23 15:44

初めての記憶

a0117893_10581470.jpg

                             白いスミレ



確か、まだ、3歳か4歳ごろのこと。

それ以前は、全く覚えていない。

おばあちゃん子だった私は、近くにあった墓参りについて行ったような気がする。

道から10メートルほど入ったところに井戸があり、おばあさんがつるべで水を汲んでいた。

祖母が挨拶をしたので、「あの人、だあれ?」と尋ねると、

「あれは、桃太郎のおばあさんだよ。」と教えてくれた。

梅の花の香りがしていたような気がする。

昔語りの中の「桃太郎」のおばあさんは、ここに住んでいたんだと、妙に納得した。


幼いとき、忙しかった母より、祖母に懐いていた私、結構わがままを通していた。

母の存在の大きさを知るのは、もっともっと後になる。


a0117893_10594830.jpg

一昨年、叔父の米寿の祝いに姉と。

叔父は、背筋をきっちり伸ばし、一人住まいなのに、清潔に手入れされた玄関に現れた。

「親からもらった命だから、できるだけ大切に長生きしなければだめだ。」と。

デイサービスに行っても、お仲間にダンスを教えているとのこと。

「ご飯もできるだけ自分で作るようにしているよ。」

老いるのは仕方ないとしても、気持ちは老いないで、日々を過ごそうと努力しているおじを見て、「私たちも見ならわなきゃ。」とかなり刺激を受けた。

その時、叔父が、奥から持ってきた少し大きめのフレームに入ったこの写真。

母親の若い時の写真は、これ一枚だと、大事そうに、うれしそうに見つめる叔父。

枕もとに置いて、毎日手をあわせているそうな。

母親の存在って、本当に大きいんだな~。



聞けば、この写真は、大正5年ころに写されたものらしい。今から90年以上も前のものだ。

中央に写っているのが、叔父さんのお母さん・私に桃太郎のおばあさんを教えてくれた祖母である。

右にいる学帽をかぶった男の子が私の父。私も小さい頃の父の写真は持っていないので、携帯のカメラに撮らせていただいた。

もちろん、叔父が生まれる前か、もしかしたらお腹にいたかもという時期のものだという。

優しかった祖母。頑固なおじいちゃんによく仕え、本当は、大きな包容力で甘えさせていたのかもしれない。

祖父母が亡くなってずっと後、法事のときだったか、この叔父から、二人が恋愛で結ばれたことを聞いた。

祖母は、祖父より1歳か2歳上の姉さん女房。

祖父は、若いころ、かなりおしゃれで、紺の着ながしに白い兵児帯、白い蚊絣に黒の帯を好んでいたという。

ちょっと怖かった祖父がそんなだったって、小さい頃知りたかった。そしたら全く違った対応ができたのに・・・。


そんな、こわーいおじいさんに、姉は、おじいちゃんの頭をたたいたりしたという。

おじいちゃんも孫が可愛く、とりわけ気のきく姉には甘かったらしい。


と、こんな家族を見てきた柿の木、兄はなんとか移転の方向らしい。

a0117893_1173231.jpg

[PR]
by akaigabera | 2009-04-22 10:57

裏庭で遇いました。

やはり、落ち着かず、2時間ほどと思って出かけてきました。

今日の進歩は、セッカの鳴き声が、他と区別がついたところでしょうか。

裏庭は、一部の田んぼに水がはられ、また別の風情がありました。ターさんが撮ったムナグロに私も会うことができました。


辺りの空気を清涼に変えてしまうサギさん。
a0117893_1465467.jpg

裏庭は、鳥さんたちも共存している様子。食糧が十分にあるからでしょうか。はるか遠くに。
a0117893_148912.jpg

霧のような雨とも知れない雨の中、セッカも少し濡れてきました。
a0117893_1494358.jpg

でも、がんばって伴侶を探さなくちゃね。一度、女の子連れてきたんですが・・・。
a0117893_14102362.jpg

ヒバリさんが、砂利の上でごろごろ。お腹かゆかったんでしょうか。
a0117893_14102198.jpg

きれいな立ち姿見せてくれました。
a0117893_14105297.jpg

ヒバリさん同士のバトルもありました。
a0117893_14122640.jpg

田んぼには、本当に胸の黒いムナグロが・・・。
a0117893_14135149.jpg

a0117893_1414432.jpg

a0117893_14144296.jpg

a0117893_1416322.jpg

a0117893_1416281.jpg

お空から見ていて、すぐに新しい水場を見つけるんですね。田んぼはこれからも見続けなくちゃ。コチドリは砂利のところにいると、夕化粧さんが書いてくださっていたので、こちらも楽しみですね。水鳥もかわいい顔してますね。みんな。
[PR]
by akaigabera | 2009-04-21 14:20

お庭・菜園はお花でいっぱい。

鳥さんに夢中になっていて、ちょっと見ないでいると、お庭も菜園も、次々と咲く花々でいっぱい。しばらくは楽しみ満載の春です。
                   オオデマリ  緑から白に変わりつつあります。
a0117893_132983.jpg

          名前は不明。にらの花に似てはいるのですが、枝分かれして咲くので違いますね。(オオアマナというそうです。小鳥遊さんが教えて下さいました。)
a0117893_13302135.jpg

                   モッコウバラ   白いのがほし~い。
a0117893_13315363.jpg

ナニワノイバラ  この花はまるでちょうちょのようですよ。大好き!
a0117893_13343081.jpg

ジャーマンアイリス  
a0117893_1336118.jpg

                   ブルーベリーの花  かわいいんですよ。実と同じ形です。
a0117893_1337425.jpg

  イチゴ 変わった色、多分ノイチゴ
a0117893_13375061.jpg

                   ヤマブキ 八重咲  一重の方が好き。
a0117893_1339129.jpg

ヒメウツギ   小さい優しいお花。
a0117893_1339619.jpg

                   ラナンキュラスと名知らずの白いお花
a0117893_13403541.jpg


もうすぐ行ってしまいますね。春・春・春
[PR]
by akaigabera | 2009-04-20 13:43

カワガラスさんとshin-iさんに遇った!

日曜日、少し疲れ気味なので、鳥撮りはお休みにしようと、ゆっくりししていましたが、菜園で春の心地よい風に吹かれたら、気持ちが変わり、さてどこへ?と。
a0117893_13244682.jpg


あまりレパートリーもないので、この前、下見の帰りに4416さんとshin-iさんが、カワガラスを撮った場所に決めました。

光り輝く素晴らしい景色を見ながらドライブ。私にとってはこのドライブも楽しみの一つ。(写真を撮られる方はこんな晴れて輝いているような日は好まないとのことですが、、、。私はOK.)

かなりの急な山道をカメラをリックに、三脚とレンズは分解して、下りていくと、男の方が・・・。

「こんにちは!」とご挨拶をすると、ななんとshin-iさんではありませんか。散髪にいらしたのか、別の方かと思った・・・。

「わっ、よかった。すみません、ご一緒させていただいていいですか。」

shin-iさんはもう朝から頑張っていたようです。

a0117893_1234043.jpg
a0117893_12341511.jpg
a0117893_12343394.jpg

おかげで、カワガラスには遇えたのですが、光り輝く白い岩にいたかと思うと、すぐに水の中へ。またすぐに滝の日陰のところへ。家に帰ると、ひどいもので、なんとか見られたのは数枚でした。
a0117893_1238519.jpg

なかなかお出ましにならない時は、shin-iさんの画像を見せていただいたり、撮り方を教えていただきました。

今日、少し実践してみましたが、まだ、なれないせいかうまくいきません。shin-iさんの美しい画像目指して頑張らなきゃ。

そのあと、この前、オシドリを撮ったポイントに行ってみることに。ちょっと上流へと教えていただきました。

遇えましたが・・・、あわててカメラも三脚も曲がったまま、流れが斜めになってしまいました。ひどー。
a0117893_12463153.jpg

やっぱり♂が先頭を行くのですね~。三歩下がって・・・。オシドリ夫婦の秘訣はこんな処にあるのかもしれません。見習いたいものです。
a0117893_1247555.jpg

♀は岩の上で、お休み。♂はさらに上流へ、葦で見えなくなってしまいました。
a0117893_12471972.jpg

みんなにも遇いました。   カワラヒワ
a0117893_12492486.jpg

身づくろい中のカモさん。
a0117893_1250174.jpg

河原にはきれいな花が・・・。
a0117893_12531643.jpg

a0117893_12534096.jpg

a0117893_13251560.jpg

shin-iさんが、カワガラスの子供を可愛く写していました。また、同じ場所で、オシドリも。待って待って…ゲットした画像、アップを楽しみにしています。
[PR]
by akaigabera | 2009-04-20 12:33

オシドリさんて※※思い?

必死で押したシャッターでしたが、整理してみると、素敵な表情が撮れていました。

発見時、遠かったので、赤いカモかな?そんなのいましたっけ?と思ったのですが、渓流を渡っています。

a0117893_9303451.jpg

旦那さまが先頭です。
a0117893_8325743.jpg

a0117893_8334694.jpg

優しいまなざしで、渡る奥さまを気遣っているようです。
a0117893_8344874.jpg

a0117893_8353779.jpg

何でついてくるんだ。(カルガモだそうです。)
a0117893_8382540.jpg

何か物音が・・・。
a0117893_8394164.jpg

やっと、いったな。今度付きまとわれたら、僕に言いなさい。  
a0117893_8403564.jpg

オシドリの♂はすごくおしゃれのよう、shin-iさんのブログにも書いてあったな。
a0117893_8413813.jpg

こちらの気配に気づいたようです。このあと、すぐにそろって飛び立ちました。
a0117893_847017.jpg




ガビチョウさん。 と向こう岸の茂みに顔を出したアオジさん、見つけました。
a0117893_8511154.jpg
a0117893_8514843.jpg

帰り路、涼やかに花穂が揺れるウワミズザクラ。
a0117893_9124798.jpg

[PR]
by akaigabera | 2009-04-19 08:52

ラッキーandハッピー  オシドリの家族に遇いました。

朝早く起きて渓流へ。だーれもいません。みなさん、まだお目覚めでないの?早く起きてくださいな。せっかく遇いにきたのだから。

ホオジロさんが元気に泣きだしました。
a0117893_1530139.jpg

ウグイスさんも早起きですが、笹藪の中からは、素敵な泣き声だけ。またもや、画像はありません。

セグロセキレイやキセキレイさんが舞台に登場
a0117893_15322496.jpg

a0117893_15332055.jpg

a0117893_15335066.jpg

キジさんにも。気がついて・・逃げ足はやかったな。
a0117893_15364795.jpg

カワセミさんも少しだけサービス。大きくは撮らせてくれません。
a0117893_15364126.jpg


河原におりてでこぼこの岩の上を歩き始めると、上流に赤いカモが・・・。何とよく見るとオシドリでした。
なんて幸せなんでしょう。必死でシャッターを押しまくりました。
a0117893_9251895.jpg

a0117893_9225835.jpg

a0117893_15413954.jpg

a0117893_15413167.jpg

親子のようです。

いっぱい撮ったのですが、まだ整理できません。後ほどまた・・・。

ツグミさん、新芽の中で、夢見る瞳。
a0117893_15434547.jpg

野辺にはニリンソウの花が・・。すずやかに。
a0117893_15443975.jpg

[PR]
by akaigabera | 2009-04-18 15:45