コミミズク・・・

なんてふうわりと飛ぶのでしょう。

コミミさんに遇ったのは2年前ですが、杭に留まったところと草むらに隠れているところしか見なかったので、こんなにもしなやかに飛ぶことを知りませんでした。

最初はピントが全く合いません。緩やかなようでもあり素早いとも感じました。何とか2度目にやっと合わせることができました。

旅で撮った画像の処理が終わらなくて、とりあえず昨日のものを・・・。1時間と少ししかでしたので、処理すぐに終わりました。

a0117893_10123615.jpg


a0117893_10125335.jpg


a0117893_10131113.jpg


a0117893_10132820.jpg


a0117893_1013463.jpg


a0117893_10141114.jpg



この場所から少し離れたところで大好きなオオジュリンさんを探しているとき、もう1カ月以上前のことです。
沼地の葦原からガサガサと飛び立った大きな鳥さんの顔が扁平だったのでコミミさんかなと。
実に可愛い表情を持った鳥さん・・・人気の秘密はこの変化する表情ですね。


雪ですね。久しぶりのお湿りに植物の喜んでいる様子が伝わってくるようです。
これからは一雨ごとに春への歩幅が大きくなっていく…我が家の白い木蓮のつぼみも一段と膨らみを増すことでしょう。

インフルエンザがはやり始めました。皆様、十分お気をつけて楽しい鳥撮りをしましょうね。
[PR]
by akaigabera | 2012-01-20 09:56
<< コミミズク(2)・・・ ねぐら入り・・・ >>