ホシガラス・・・

もう二週間もたってしまいました。墓参の帰りに寄った温泉。宿の窓からは色々な小鳥たちの様子を見ることができました。

ホシガラスさんは高いお山で遇って以来。白いドットが可愛いいですよね、カラスという名がかわいそうなくらいです。

あまり近かったのでフレームアウトしそうでした。もう雪がうっすらでしたのに寒いところが好きなのですね。

a0117893_1443527.jpg


a0117893_14101393.jpg


a0117893_14103413.jpg


a0117893_14105117.jpg


a0117893_14111033.jpg


a0117893_14112821.jpg


a0117893_1411551.jpg


a0117893_14121174.jpg


ついて数分間だけ、富士山が雲海の奥に・・・。
a0117893_1412281.jpg



走りてもなおなお続く琵琶湖畔

    湧水で暮らす人々温きかな

    二百年地下で眠りし水うまし

    ボランティアガイドの婆の輝きて

    飾り窓華やぎのない時世かな
[PR]
# by akaigabera | 2013-11-28 14:02

ミソサザイ

a0117893_0595027.jpg


a0117893_101125.jpg


a0117893_103992.jpg


a0117893_105991.jpg


a0117893_113391.jpg


a0117893_115296.jpg


a0117893_121567.jpg


a0117893_123784.jpg


a0117893_125662.jpg


a0117893_13258.jpg

[PR]
# by akaigabera | 2013-07-02 00:58

ソデグロヅル

新しいブログにお引越ししました。
今まで見て頂いておりました皆様ありがとうございました。
大きな励みになっていました。

新しいブログは「赤いガーべラつれづれの記」 http://gabera2.exblog.jp/です。
どうぞよろしくお願いいたします。

最後にコメントをいただきました皆様、優しい声援ありがとうございました。
お返事をお書きせず申し訳ありません。
ただただ感謝しております。






泥んこでない姿を撮りたいと出かけ、結局大事な場面を撮りそこない、長く待つことになってしまったソデグロヅルさん。

いろいろな表情に出会うことができました。羽ばたきを3度、エンゼルのポーズを1度と、また体を掻くシーンや羽繕いも・・・。

仲間と離れてしまったのでしょうか。でもこの食欲なら飛び立つ春までにしっかり体力がついて、また夏を過ごす地できっと仲間と合流できますね。

あまりにたくさん撮ってしまって何にしようか迷いましたが、すてきな立ち姿と雨のためきれいになった嘴を・・・。

この場所が思いのほか気に入ったのでしょうね。まだいると思うのですが…私は卒業です。

旅の無事を祈りましょう。

a0117893_1052370.jpg


a0117893_1065473.jpg


a0117893_1071637.jpg


ほとんど単独行動でしたが2度ほどハクチョウさんの近くに寄って行きました。

a0117893_1073553.jpg



静かな時間が欲しくて、人のあまり通らない土手を歩き始めてから6年ほど・・・鳥さんを見るようになって4年半ほど・・・鳥さんの撮影を始めて3年が経ちました。
同時進行でブログも始めて・・・。
何だか走ってばかりいたような日々でした、鳥さんのかわいらしさ・美しさ・たくましさに惹かれて・・・。

「ウロウロ日記」の名の通り、ほんとにウロウロと過ごした3年間でした。
いつもとてもすてきな時間が流れていて…つい。
これからも自分が大きく変わるとも思いませんが、少しのペースダウンが必要と自覚します。

思えば、カメラについては何も知らないまま始めた鳥撮影。
まわりの皆様にはたくさんのご迷惑を・・・。
また親身に教えて頂きました。カメラのこと・鳥さんのこと・・・。
感謝の念でいっぱいです。

ブログもだんだん熱が入ってしまい・・・。
途中何度かやめようと思ったりコメント欄を閉じようかとかいろいろな思いがありました。
でも決めたことを変えるというのは私の最も不得意の部分。
陰で励まして頂きました皆様、ありがとうございました。
おかげ様で一区切りというところまで続けることができました。

撮影現場ではたくさんの方々との新しい出会いがありました。
皆様の美しい画像や鳥さんに対する真摯な思いに打たれることも多かった・・・。
これからもまたどこかでお世話になると思います。
どうぞよろしくご指導のほどを・・・。

このブログは今日でお別れということに決めました。
開くのにも重くなってしまって…ここらで少しスタンスを変えてと思います。
1週間ほどお休みをいただいて、新たにお目にかかりたいと思います。

そこここに春がもうすこし頭をもたげていますね。
つぼみや芽の膨らみ、枯れ草の中の新芽、日差しにも春が感じられます。
でもまだまだ寒いです。むしろ一番寒い季節かもしれません。
どうぞ皆様お体くれぐれも大切に。


ありがとうございました。
[PR]
# by akaigabera | 2012-01-31 17:06

・・・・・・・・・

a0117893_8362192.jpg

                                  川渡るまでには梅もほころびよ

      

町の公報に応募されるという短歌を読ませていただいたことがあります。

年を重ねても何かに挑戦されているって素晴らしいことですよね。

音楽の先生でいらしたとか・・・。まだ、今でも時々はそんな感じのときもあられると・・・。

長い旅路、しっかり生きてらっしゃる方というのは迫力があるんだなあと・・・。


昨日、お知り合いのお母様・・・がお亡くなりになられたことを知りました。


平和な時代をずっと生きてきた私たちの年代、お母様の年代は娘時代は戦争の真っ只中・・・。

いつも戦争を経験された方には頭が下がる・・・今の日本の豊かさはあの辛い時代を乗り切ってくださった先達のおかげだと思います。

どうぞ、安らかに、先にいらした旦那様が行く道を照らしてくれますね。
[PR]
# by akaigabera | 2012-01-31 13:27

モズ・・・

最初は気付きませんでした。何か違和感を感じモズさんのくるくるとよく回る尾羽がないころに気付いたのは少し経ってからでした。

気づいてからはなんだか平静ではいられず・・・・・。でも大丈夫でした。

モズさんはとても元気で尾羽のないことを全く感じさせないほど上手に動き、葦を刈って耕したあたりにいる虫を行ったり来たりしながら獲ってました。

ハンディがあってもものともせず・・・。余計にかわいらしく見えました。日差しが強く、もう少し優しく可愛い感じに撮れなかったことが残念です。

そういえばこのモズさん、ten-zaruさんが写していらっしたのと同じ個体のようです。

a0117893_23592770.jpg


a0117893_23595081.jpg


a0117893_001222.jpg


a0117893_022175.jpg


a0117893_03898.jpg


a0117893_84361.jpg



ジョコビッチVSナダルで行われた全豪オープンテニス、さすが決勝戦は面白いですね。
見ごたえがありました。
ジャンプで女子マラソンで連日写真入りの記事が、スポーツってドラマ以上のドラマ、ほんとおもしろい。
朝刊に尋ね猫のチラシが・・・。捨てられてしまうネコちゃん、でもこんなにして探してもらえるネコちゃん…ちょっとした違いでこんなにも違ってしまう・・・。
[PR]
# by akaigabera | 2012-01-30 08:31

ヒシクイ・・・

全長70センチもあるマガンでさえ大きいなあと感じますのにヒシクイはさらに10センチほど大きいようです。

マガンと区別するのは黒っぽいくちばしの先端にオレンジ色が少し。マガンは白い部分もありますし、飛んだときお腹に線が見えます。

それでもとても区別が難しいですね。本には、伊豆沼周辺地域では多くがヒシクイ、オオヒシクイは日本海側に多いそうです。

それでも今年は、日本海側が大雪のため、いつもの年よりたくさん飛来しているとのこと。

飛ぶときの後ろ姿に見える白いV字がとても印象的でした。


a0117893_1235452.jpg


a0117893_1242867.jpg


a0117893_1244353.jpg


a0117893_125434.jpg


a0117893_1252234.jpg


a0117893_1253581.jpg


遙か彼方の沼畔、ここもねぐらとなる場所でしょうか。ヒシクイが降り立ちました。

a0117893_1292063.jpg


沼のはずれの葦の枯れ草の間、とても温かそうな場所で食事中。

a0117893_1254954.jpg


a0117893_126484.jpg




またもや中東は大変な状況ですね。
石油なしには生活が成り立たない日本、きな臭いことにならないことを祈りたいです。
[PR]
# by akaigabera | 2012-01-29 08:29

コミミズク・・・

コミミさんは百面相ですね。よく回る首を器用に動かしてじっとしていません。

どこかかゆかったのでしょうか、グラブをつけたような手であちこち掻いていました。

a0117893_12544551.jpg


コミミさんは小さな耳が立つのでそう呼ばれるのでしょうか。警戒しているときに耳が立つのでしょうか。

立ったお耳も申し訳程度しかない小ささでかわいい・・・。

a0117893_12531141.jpg


a0117893_12532367.jpg


a0117893_12534012.jpg


この2枚の表情が気に入りました。特に一番下、何か見ていると幸せな気持ちになって笑ってしまいます。

a0117893_12541299.jpg


a0117893_12542729.jpg




先ほど地震が・・2回も続けて…少し大きく感じましたが震度3ということでした。
飼い猫の夢多くんがおろおろしていました。怖かったんでしょうか。

一昨日、野良さんが、やっと来てくれました。近所のボスのような飼い猫が野良さんに上げたご飯を狙っているのを夢多くんが追い払ってくれています。
野良さんにはそうしないので、猫でもかわいそうな状況というのは分かるのかもしれません。
早く慣れて毎日来てくれれば、きれいにしてあげることができるのですが・・・。

地震の情報のためにつけたテレビ、NHKの子供番組で、タンチョウヅルをやっていました。
ヒナがとてもとてもかわいくて…感動でした。
ハクチョウさんと同じようにもう半年もたてば大きさは親のように…しぐさは幼いですけれど…。
[PR]
# by akaigabera | 2012-01-28 08:30

アオジ・・・

朝日に当たったアオジさんは美しいですね。緑がかった黄色、輝くようです。

今年は冬鳥さんが少なく、いつも間違いなく遇えるはずのアオジさんの数も少ないですね。

雨上がりのアオジさん、みずみずしくきれいでした。

a0117893_15303685.jpg


a0117893_15311923.jpg


a0117893_15314667.jpg


a0117893_15322235.jpg


a0117893_15323967.jpg




全豪オープンで8強に入った錦織選手、試合巧者のマリーに敗れはしましたけれど、まだ22歳。
試合全部を見ることができましたが、まだまだ伸びそう・・・今後が楽しみです。

屋根下に汲み置いている水が今朝初めて凍っていました。昨日、相当冷え込んだのですね。
[PR]
# by akaigabera | 2012-01-27 09:00

ソデグロヅル・・・

泥んこのソデグロさんしか写すことができませんでしたので、もう一度今度はねぐらの水場に行かなきゃならないと・・・。

絶対逃さないよう6:10にはスタンバイしていたのですが、あいにくの雨。まだ撮影するにはあまりに暗いので車の中で少し待つことにしました。

なんと6:30には飛んでしまいました。(涙涙)仕方なくがっかりしながらもえさ場に。

でもソデグロさんはずっと餌をとるために田んぼを歩いて移動するのみ。やっと満腹になったのか違うポーズをしてくれたのは飛び立ってから7時間後。

雨の中待ち続けました。雨の故か、嘴と脚の赤は泥んこだった前と比べると少しきれいでした。

本当は晴れの日に行きたかったのですが・・・。

a0117893_12341514.jpg


a0117893_12342848.jpg


a0117893_12344429.jpg


a0117893_12345674.jpg


a0117893_12475978.jpg


a0117893_12485172.jpg


a0117893_12481383.jpg


ねぐらに帰る頃まで飛びそうな雰囲気はまったくなく、体も冷え切ってしまって帰ることに・・・。

寒い雨の中、数人のカメラマンしかいません。その中に小5の男の子がいました。
しっかりした子で鳥さんの知識も並々ならぬものが・・・。
今から知識をしっかり蓄えていったら、私の年齢になるまでどんなにたくさんになることでしょう。

途中、何か静かなのですが這うような音を感じました。2度あったのですが、2度目の時少し車がふわっとほんの少し動いた気がしたのでラジオをつけましたら地震があったようでした。
震度2といっていましたけれど、静かな場所では地面の揺れが伝わっていくのが感じられるのですね。
3/11の地震、どんな音がしたのでしょう。
[PR]
# by akaigabera | 2012-01-26 08:12

マガン…田んぼ編・・・

ねぐら入りに感動して先にアップしてしまいましたけれど、マガンさんの小さな群れに遇ったのは、前日降ったという雪が少し残る田んぼでした。

そのあと、たくさんのマガンさんたちに・・・。田んぼを埋め尽くすくらいたくさん群れている場所もありました。

ミサゴさんの沼で飛んだのを撮ったのですが、認識せずに撮ったので今回が初めてようなものです。

午後になると、やわらかな田んぼの草地はとっても温かそう…ダゲリ・ヒバリ・トビ・ハクチョウ・ヒシクイさんがくつろいでいました。

2日目。伊豆沼の後で再び訪れたとき、ハヤブサに遇いました。そしてfarhanaさんが思い出されたように私も「大造じいさんとガン」の話を思い出しました。

ここにはたくさんの水鳥がいるので猛禽類にとっては恰好のえさ場なんですね。私はことごとく撮り逃がしました。

a0117893_827283.jpg


a0117893_8281014.jpg


a0117893_8301349.jpg


a0117893_8302763.jpg


a0117893_8315593.jpg


a0117893_8283990.jpg

   

車が通ったり人が歩くと一斉に飛び立ちます。うしろ姿がきれいでした。

a0117893_829555.jpg


a0117893_8323371.jpg


a0117893_8325968.jpg


a0117893_8331455.jpg



昼間の暖かい田んぼから考えるとねぐらとなる沼は夜どんなに冷えることでしょう。
でも大丈夫なんですね。さすが北国育ち・・・。
ねぐらは何より安全でなければ・・・。まとまることで安全を確保しているのですね。
[PR]
# by akaigabera | 2012-01-25 09:32

マガン…飛翔・・  

蕪栗沼に迷いながらの途中、小さな群れを処々で見たのですが、沼に近づくにつれその群れの大きさや群れの数も増えていきました。

ミサゴさんの沼で2羽しらず撮ったのですが、こんなにたくさんのマガンを見るの初めてです。

沼の近くの田んぼと沼を行き来したり、田んぼを移動したりするマガンやヒシクイさんが、空を飛び交っています。

一日目、寒い日でしたが、とても美しい青空でした。

a0117893_1075180.jpg


a0117893_1082128.jpg


a0117893_1085144.jpg


a0117893_1091869.jpg


a0117893_1095259.jpg


沼の周りに田んぼが続き、それを囲むように集落が・・・

a0117893_9512840.jpg



寒い中での撮影にちょっと風邪をひいてしまいました。
気をつけないといけませんね。
雪があまり積もらないで出かけずに済みました。
[PR]
# by akaigabera | 2012-01-24 11:36

タゲリ・・・

一羽だけのんびりえさ探しをしていたタゲリさん。ここは餌も多くお気に入りの場所のようです。

やっと飛ぶ所を少しまともに…まだまだ拙いですけれど。少しずつ及第点に近づけていきたいです。

この鳥さんのうしろ姿、笑ってしまいますよね。前からだと美しい貴婦人の名に恥じないのですが…、でもそれがかわいいかな。

a0117893_10393199.jpg


a0117893_10395943.jpg


a0117893_1040422.jpg


a0117893_1041857.jpg


a0117893_10415581.jpg


a0117893_10422395.jpg


a0117893_1183357.jpg


a0117893_118524.jpg


a0117893_1191594.jpg



菜園におりましたら、ナズナがつぼみを持ち始めていました。
お手入れの悪い菜園には、もう少ししたら白いナズナと青いオオイヌノフグリの花が咲く…春はもう少しですね。

寒いですね。でも大寒が過ぎて寒さの峠は越したのでしょうか。
皆様お風邪など召しませぬよう・・・。
[PR]
# by akaigabera | 2012-01-23 10:37

エナガ・・・

かわいさ満点のエナガさん、いつ見てもため息ですね。

声も聞いたし出遇いもたくさんあったのですが、すばやくて撮ることができませんでした。

このときも混みあった枝の中、ほとんどかぶっていて失敗作ばかりでした。やっと何枚か見つけてのアップです。

もっといっぱい写したい小鳥さんですね。

a0117893_10341349.jpg


a0117893_10352514.jpg


a0117893_1036284.jpg


a0117893_10364162.jpg



雨、いつもでしたらいやですけれど、今回は乾燥した空気をしっとりとしてくれて恵みの雨だなあと・・・。
菜園に降りてみると、お野菜たちが活き活きしていました。
今日は若者たちの試される日。頑張ってきてほしい。昨夜、健闘を祈って別れた。

昨日昼間、女の子が郵便屋さんを見て、「雨で大変なのにえらいなあ・・・」と。
ちょうどそこへ夕刊を届けにいらした新聞屋さん。お声掛けすると・・・「何歳だと思います?」と逆に・・・。
なんと77歳だそうです。
いつも軽やかにオートバイに乗って・・・時折ネコちゃんたちに話しかけてくださる優しい方。
「全然年にみえない・・・お若いわ!!!」
居合わせた諸君たちとみんなで拍手した・・・。
そうだ、私も元気でいつまでも仕事を持っていよう と思った瞬間でした。
[PR]
# by akaigabera | 2012-01-22 20:32

コミミズク(2)・・・

かわいい鳥さんですね。光った眼もいいなあ。

着くとしばらくして2回飛んでくれたコミミさん、そのあとは大きな木立の中腹に留まったままなかなか飛び立ちません。

皆様がそのシーンを撮りにいらしたので私もちょっと失礼と・・・。

たくさんのカメラマンをものともせずじっくり羽繕いしていました。ずっと見させてもらいましたが表情がいつも動いていて実にキュート、これではカメラマンの心を鷲掴みです。

ちょっとだけエンジェルさんにもなってくれて…いい子!近場に来てくれてありがとうです。

a0117893_128119.jpg


a0117893_1284265.jpg


a0117893_1290100.jpg


a0117893_1291899.jpg


a0117893_1293317.jpg


a0117893_1295077.jpg


a0117893_1301935.jpg


a0117893_1303371.jpg


a0117893_130467.jpg


a0117893_1305890.jpg


a0117893_1335892.jpg



夜なべ仕事で今朝は久々のねぼうでした。
外はしっとりしているし、まあたまにはこんなのもいいかな。
それにしてもまだ眠い・・・。


我が家に1週間ほど前から野良ネコさんが来ています。この近くの野良さんはとても惨め。口と目のまわりが傷んでいます。
でもこの子は初めてなのに私に体を触らせてくれました。
蒸しタオルにして上からふわっとかけて何度も体を拭いてあげました。
このまま大丈夫かしら?うちの子になある?でもそれ以上は・・・。
歯が傷んでいるので缶詰の餌を外においてみるとどうも食べに来ているようです。
段ボールに毛布を敷いておいてみたけれどまだ使った様子が見えません。
この寒さこたえるだろうな・・・。
[PR]
# by akaigabera | 2012-01-21 10:24

コミミズク・・・

なんてふうわりと飛ぶのでしょう。

コミミさんに遇ったのは2年前ですが、杭に留まったところと草むらに隠れているところしか見なかったので、こんなにもしなやかに飛ぶことを知りませんでした。

最初はピントが全く合いません。緩やかなようでもあり素早いとも感じました。何とか2度目にやっと合わせることができました。

旅で撮った画像の処理が終わらなくて、とりあえず昨日のものを・・・。1時間と少ししかでしたので、処理すぐに終わりました。

a0117893_10123615.jpg


a0117893_10125335.jpg


a0117893_10131113.jpg


a0117893_10132820.jpg


a0117893_1013463.jpg


a0117893_10141114.jpg



この場所から少し離れたところで大好きなオオジュリンさんを探しているとき、もう1カ月以上前のことです。
沼地の葦原からガサガサと飛び立った大きな鳥さんの顔が扁平だったのでコミミさんかなと。
実に可愛い表情を持った鳥さん・・・人気の秘密はこの変化する表情ですね。


雪ですね。久しぶりのお湿りに植物の喜んでいる様子が伝わってくるようです。
これからは一雨ごとに春への歩幅が大きくなっていく…我が家の白い木蓮のつぼみも一段と膨らみを増すことでしょう。

インフルエンザがはやり始めました。皆様、十分お気をつけて楽しい鳥撮りをしましょうね。
[PR]
# by akaigabera | 2012-01-20 09:56

ねぐら入り・・・

ねぐらに入るガンの画像を拝見した時からいつか訪れたいと思っていた蕪栗沼と伊豆沼。JRのお安いチケット、ちゃんと観光シーズンははずしてありますけれど、冬鳥さんにはぴったりの時期ですね。

何度も間違えながらやっと辿り着いた沼周辺の田んぼ。「ふゆみずたんぼ」と言われるこの地域は結氷する近くまでは水を張っているところが多いのだそうです。

まだ少し水があったのかなと思わせるしっとり感で田んぼはやわらかな丈の短い枯れ草に覆れています。

そんなやわらかな田んぼに、マガンやヒシクイ・白鳥さん達が羽を休めたり餌をあさったりしていました。そのおびただしい数に驚きながら車を進める度、鳥さん達が飛び立ちます。

昼の沼の散策を終えて、「塒入り」の時間を待ちます。絶景だと地元の方に教えていただいたポイント。カメラを持って待っているとオジロワシですか?ときかれました。ここは猛禽もたくさんいる場所なんですね。

そして出遇ったすてきな夕焼け。夕焼け間際になると・・・

a0117893_11382061.jpg


a0117893_1139166.jpg


a0117893_12173497.jpg


a0117893_12183033.jpg


a0117893_11392797.jpg


a0117893_11395461.jpg


a0117893_11401877.jpg


a0117893_11405279.jpg


a0117893_11412334.jpg


昼間、沼の大部分は結氷していました。鳥さんたちのねぐらは凍っていない池の中央部分でした。

a0117893_11423829.jpg


次々と頭上を通り過ぎる水鳥の群れ・群れ・群れ・・・。昼間過ごした周辺の田んぼからみな帰ってきます。
圧倒されるような1時間半。なにかにとらえられたような心、言いようもない力強さ、自然のすごさ・・・。
7万羽ほどの水鳥がここに棲息し、5万羽程が周辺田んぼをいきかい塒に戻ってくるとお聞きした時は単なる数でしたけれど・・・実際に見るとそれは恐ろしいほど・・・、日が落ちても終わりません。
神々しい風景に心をしっかりつかまれてしまいました。
見えなくなるまで佇んで・・・。


      冬の川青き空をば盗めりか

      湧くようにうち重なりてガン帰る

      一日を如何にすごさむ雁家族

      鉤になり一の字になりねぐら入り

      寒風や空気泡立てガン帰る

      わずかなる融けし氷の棲みかなり

      尋ねれば温かき応え北の沼

      
      
      
     
[PR]
# by akaigabera | 2012-01-19 12:26

ツクシガモ・・・

着いてカメラをセットしたとたん遠くを飛ぶカモさんが・・・もしかしたらツクシガモさんかもと撮りました。

7羽、家族でしょうか。時々、かんむりカイツブリさんの群れに混じって・・・。カモやガン・白鳥の類は皆とても家族のつながりが強いときいたことがあります。

ほとんど眠っていて画になりません。早起きしていかないとだめですね。まだいるようならきれいな羽が見える距離で撮ってみたいものです。

a0117893_22262340.jpg


a0117893_22264355.jpg


a0117893_2227129.jpg


a0117893_22272150.jpg


a0117893_22325858.jpg


a0117893_22333491.jpg


a0117893_223461.jpg


a0117893_22354459.jpg


a0117893_082491.jpg


a0117893_0104148.jpg

[PR]
# by akaigabera | 2012-01-18 17:00

カンムリカイツブリ・・・

冷たい風が吹きすさぶ川、たくさんのキンクロハジロさんが眠っています。

そんな中、2羽のカンムリカイツブリさんが元気よく、水を楽しむかのように躍動的に動いていました。。

澄んだ流水の中にある足はまるで水の中ではないかのように・・・まるでお空を浮遊している錯覚に陥りました。

とても変えあだがやわらかいんですね。荒川静香さんも負けそうなほど反って・・・。

別の沼でははるか遠方でしたが、近くで見るとなかなか愛嬌のある鳥さんでした。

a0117893_03731.jpg


a0117893_23525998.jpg


a0117893_23532629.jpg


a0117893_23535689.jpg


a0117893_23543317.jpg


a0117893_23545897.jpg


a0117893_012194.jpg


a0117893_23553267.jpg


a0117893_2356565.jpg

[PR]
# by akaigabera | 2012-01-15 08:01

ソデグロヅル(3)…飛翔・着地

跳びだしのところは少し追えたのですが、ふたたびピントを合わせることができたのは少し飛んでからでした。

田んぼの土が見えない高さになって背景が少しまともに・・・。

そして着地点を見つけたのか、ブレーキをかけて・・、その時も筋肉質の体をしっかり見せてくれました。

美しいだけでない力強さ、いいですね。泥んこだけはいただけませんけど・・・。まだ滞在のようでしたらもう一度水場で会いたいなあ。

a0117893_23175093.jpg


a0117893_23345685.jpg


a0117893_2320228.jpg


a0117893_23242416.jpg


a0117893_23245566.jpg


a0117893_23251593.jpg


a0117893_23254991.jpg


a0117893_23261157.jpg


a0117893_23263791.jpg



ご一緒の皆様、情報を教えていただきました皆様、ありがとうございました。
[PR]
# by akaigabera | 2012-01-14 08:09

ソデグロヅル(2)…飛びだし

猫ちゃんが近づいてもトビさんが上空を飛んでも大勢のカメラマンがいてもただひたすらお食事。時々いぶかしそうに見ることもありましたが泰然として・・・ーいかにも大陸的。

やっと満腹になったのか羽ばたきした後は少し落ち着かない様子、飛ぶのかなっと思っていましたら前傾して・・・。

再び袖の黒い所を見せてくれました。

a0117893_22122813.jpg


a0117893_22131311.jpg


a0117893_22142726.jpg


a0117893_2215819.jpg


a0117893_22495913.jpg


a0117893_22505549.jpg


a0117893_22512761.jpg


a0117893_22522913.jpg


a0117893_2254018.jpg


a0117893_2303574.jpg


a0117893_2313072.jpg

[PR]
# by akaigabera | 2012-01-14 08:07

木陰からドラミングの音が・・・

聞こえてきたので、さては近くにコゲラさんが?と探すと、池の上にせり出した樫の木の上にヤマガラさんが・・・。

暗くてよく見えませんでしたが、叩いていたのは枝ではありませんでした。

画像処理の段階で分かったのですが、近くにあるエゴの木のかたく熟した実のようです。

ヤマガラさんがエゴの実を好きなのは知っていましたけれど、硬くなってもこうして割って食べるんですね。

もう一羽、つがいかな?別の枝で同じく叩いていました。きっとピーナツのようにおいしいのかも知れませんね。

実をしっかり大切そうに押さえているのがとてもいとおしく思えました。

a0117893_0473129.jpg


a0117893_0485564.jpg


a0117893_0492360.jpg


a0117893_0495434.jpg


a0117893_0502130.jpg



昨日は寒風の中で凍えそうに・・・。本当に寒い日でした。
帽子が飛ばないようにスカーフで縛って・・・。重い体も飛ばされそうなほど・・・。
でもいつもは見られないくらいのすてきなくっきり景色が見えました
生きていくのにこんな強風にさらされることもあるけれど捨てたものではないですね。
見つければすてきに出遇える・・・。
[PR]
# by akaigabera | 2012-01-13 08:20

ソデグロヅル・・・

土がおこされ少し湿り気を残した田んぼで、ずっとお食事でした。7時半ごろからやっと動きのあった12時過ぎまで、ほぼ同じ動作を繰り返し、頑張って食べる食べる・・・。

大きなツルさんでした。羽を開くと2メートル以上とか・・・。水のある所でしたら赤いくちばしや脚が白い体のアクセントになり美しさを際立たせたことでしょうが…残念ながら泥んこ。

これだけ大きな体を支えるにはたくさん食べなければ…お聞きしますと土の中にいるドジョウやカエルなどを食べているとのこと。

普通はロシア東部で繁殖し中国やインドアフガニスタンなどで越冬すると・・・。日本にはめったに現れない迷鳥のようです。

a0117893_7132347.jpg


次回に回したいと思いますが、採餌の様子がとてもユニークで、見ているうちその一生懸命さと重労働に引き込まれていました。

こちらは満腹になったのでしょうか。やっと羽ばたいてくれたときのものです。美しいですね。そして画像を処理しながら感じたこと・・・<飛ぶ>ためにはこのような力強い頑健な体が必要なんですね。体の見事さに圧倒されました。

a0117893_22522619.jpg


a0117893_2253423.jpg


a0117893_22533396.jpg


a0117893_22542324.jpg


a0117893_2258467.jpg


a0117893_22592349.jpg


a0117893_230339.jpg


a0117893_2320475.jpg


a0117893_23211197.jpg



高い位置からの撮影でしたので背景が…もう少し考えて撮れば良かったと後悔しきりです。
[PR]
# by akaigabera | 2012-01-12 08:01

おいしそうに熟れました・・・

この柿はメジロさんの大きさから見てもわかるようにとても小さいんです。

ですから、まるでお花のように柿がなっていました。もう他の柿がなくなり、やっとおいしく熟れたようです。

メジロさんやムクドリさんが入れ替わり訪れます。おいしいものは逃しませんね。

露出をまちがえてメジロさんのきれいな色が出ていません。いつまでたって難しい・・・。

a0117893_730517.jpg


a0117893_726026.jpg


a0117893_726161.jpg


a0117893_7264059.jpg


a0117893_7265537.jpg


スズメさん、いつもかわいらしい。
a0117893_734159.jpg


正月のあわただしさはやっと終わったけれど、これからはまたちがう慌ただしい日々だ。
鳥さんにも遇いたいし、能率的にこなさないといけませんね。
仕事も鳥さんも頑張るぞ!

それにしても空気が乾いていますね。風邪や火、気をつけないといけませんね。
[PR]
# by akaigabera | 2012-01-11 08:00

複雑で美しい・・・

羽の色ですね。タシギさんは動かないでいると、辺りの枯れ葉に同化して気付かないこともあります。

動きだすとガサゴソとのんきに餌さがしです。上3枚は一度アップしたことがあったみたいです。すっかり忘れていて…でも水にいるときと様子が違っていいかな?

a0117893_094938.jpg


a0117893_0101612.jpg


a0117893_0103530.jpg


こちらのタシギさんは、ヘラサギさんの沼で・・・。もう日暮れ間際、やっと動き始めました。

a0117893_0202577.jpg


a0117893_0191467.jpg


a0117893_019278.jpg


a0117893_0194069.jpg



昨日は、多忙から解放され、午後になって近くの公園に出かけてみました。
しかし、ほとんど鳥さんには遇いません。
どこに行ってしまったのでしょう。
お山の雪がもっと深くならないとだめなのかなあ。
[PR]
# by akaigabera | 2012-01-10 17:14

浅間山・・・

我が家から2キロ弱のところに荒川の流れ。坂を下ると200度ほど視界が開けます。

ここからは、遠くに連なる山々の中、左に真白き富士、前方右に浅間山、右に順に榛名山・赤城山そして右奥の日光連山の中にわずかだけ男体山が・・・。

雪をいただいた今の時期、富士に似た山が目立ちます。ハクチョウさんの飛翔の背景の山は別の場所から見た男体山ですが、とても富士に似ていますね。

この浅間山も近くで見たときは下の画像のようですが、我が町から見ると富士にそっくりです。

2年半ほど前、初めてこの場所を訪れたときから、大好きな場所となりました。

a0117893_12341224.jpg


a0117893_12343052.jpg


a0117893_1235012.jpg


a0117893_12352969.jpg


終わりの美・・・ススキはこの一角だけ金色でした。
a0117893_12594155.jpg


a0117893_1236631.jpg


カシラダカさん。
a0117893_12371593.jpg


a0117893_1237499.jpg


準備・・・。
a0117893_1334150.jpg


a0117893_12395369.jpg



恒例の新年会も終わり、心地よい疲れと、久方に会った方々の笑顔が思い出される。
幼い子供の成長は著しく、5年前に別れた若者達は新成人となり成人式の流れで顔を見せてみんなで乾杯。
もっと年上の若者達はそれぞれのボーイフレンドやガールフレンドを連れて・・・。
存分に楽しんだ昨夜だった・・・。
[PR]
# by akaigabera | 2012-01-09 18:59

動きのあるものは・・・

全てぶれていました。暗い場所で動きのある場面を撮るのって本当に難しいんですね。

私の手ではどうもなりません。結局ただ留まったものだけということになってしまいました。

でもこのルリさんの青の深さが救ってくれるでしょうか。

a0117893_17491137.jpg


a0117893_17492743.jpg


a0117893_17494261.jpg


a0117893_17495918.jpg


a0117893_17501594.jpg


a0117893_17502612.jpg


a0117893_17503788.jpg

[PR]
# by akaigabera | 2012-01-08 08:00

山をバックに飛ぶ白鳥さんは・・・

青い空に映えて・・・とても美しい姿でした。無心に・・・いえ、ただただこの美しさを写したいと・・・・。

この日は雲もありましたがそれさえも美しかった・・・。

頭上を飛んで行ったとき、あまり近くて・・・その羽の勢いが感じられるようでした。美しいだけでなく力強さも。

a0117893_1754146.jpg


a0117893_17541499.jpg


a0117893_22343999.jpg


a0117893_17543586.jpg


a0117893_22354742.jpg


a0117893_2236288.jpg


a0117893_17553956.jpg


a0117893_17574294.jpg
 



       転寝の初夢未完落ち着かず

       廃校より届きし礼状途半ばと

       初参り毎年のぞく竹かご屋

       ラグビーの部報今年も届きおり

       君恋し十三回忌の年明けり

       夕暮やカワセミ一瞬赤き鳥
[PR]
# by akaigabera | 2012-01-07 08:10

遠目に見ると・・・

暗い色に見えるカワラヒワさん、近くで見たときや羽を開いた時はきれいな黄色がきいてとてもきれいです。

鳴き声もかわいらしい。色は個体差がとても大きいですね。これは以前に撮ったもの。

身近かにいるのにとても用心深く、最近は近くで写すことがとてもむずかしいと思うようになりました。

いつかきれいに羽を開いたところをとらえてみたいですね。

a0117893_14142267.jpg


a0117893_21183166.jpg


a0117893_21185756.jpg


a0117893_21191956.jpg


a0117893_21194424.jpg


こちらは最近の撮影。このごろはひいた画像のほうが好きかな。
a0117893_21282130.jpg


a0117893_23165396.jpg




忙しかった冬休みももう少しで終わりですが、まだ年中行事の新年会の用意があって忙しいままです。
あい間にちょこちょこと出かけていますが遠出や長時間は不可。
かわいいニャーニャたちと戯れて癒されています。
[PR]
# by akaigabera | 2012-01-06 08:30

美しい色!

マガモさんはあちこちで遇うことが可能なので写すこともまれですが、換羽した♂は本当に美しい色ですね。

見る角度によって違った色に見える緑色に輝く部分・・・。そして隠れた部分のブルー・・・。

a0117893_21111596.jpg


a0117893_2115768.jpg


a0117893_2122198.jpg


a0117893_21242100.jpg


a0117893_2131084.jpg


a0117893_2133636.jpg


a0117893_2161718.jpg


a0117893_2165550.jpg



あっという間にお正月もすぎ、2012年始動ですね。
何をどうしようという目標も改めて立てずに新年を迎えてしまいました。
まあ、いいのかもしれません。
気負ってばかりの自分から少しスピードダウンも必要ですね。
[PR]
# by akaigabera | 2012-01-05 12:01

冬羽のカイツブリさん・・・

優しい色に衣替えしているんですね。枯れた睡蓮の間にはたくさんの餌となる生き物がいるようです。

最初は小魚、次はザリガニ。糸のように見えたのはザリガニのひげでした。

みんな頑張って生きているのですね。元気に過ごす自分だけれど時々は落ち込むこともある、そんなとき小鳥さんにいっぱいの励ましをいただいています。

ありがとう!今年もいっぱい…お願いします。

a0117893_20375120.jpg


a0117893_2038121.jpg


a0117893_20383389.jpg


a0117893_20391598.jpg


a0117893_20395185.jpg


a0117893_20401099.jpg




久しぶりに若者達に会った気がする・・・。
私は本当にこの仕事が好きだ。
何もない日より充実した一日を過ごせる・・幸せなことと感謝しつつ今年も頑張っていこう・・・。

震災・原発事故・水害などさまざまなことがあった昨年、家族や友人の大切さをしみじみ感じた年でした。
無事に・・・健康で・・・みんな願いは一つですね。
   
[PR]
# by akaigabera | 2012-01-04 08:02